忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

道草ノート:捨て猫ホームレスその42

           玉川上水自然観察会へのお誘い
     今月28日(土)に玉川上水自然観察会が開かれます。小平ユネスコ協会の
     主催で、9:30分上水本町地域センター集合。今回は開花が期待できそうな
     桜をはじめ春の野草と野鳥の観察、上水沿いに刻まれている地域の歴史な
     どを観察しながら歩きます。
     メーン講師は画家で写真家でもある鈴木忠司さんで、鈴木さんが今年の春分
     の日にオープンした青空ギャラリーで、展示写真の解説なども予定。参加費
     は手打ちうどんランチと資料代込みで300円。
     申込みは042-346-9397鈴木利博さんへ。不在の場合は留守電へお名
     前と電話番号を吹き込んでおいてくださいとのこと。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0137096_20335771.jpg
       猫の目のように天候がくるくる変わるこの頃。吾輩捨て猫ホームレスも
       気温差と空の色に一喜一憂しつつ、今日は東京街道へエスケープして
       みた。古くは江戸街道と称されて、明治20年代までは荷付馬による江
       戸・東京中心部への道路として人馬の往来が激しく、道を横切るにも油
       断大敵なほどで街道筋には飲食店や魚屋、荒物屋などが軒を連ねて
       繁盛していたそうだ。

       明治中期以降、往来はさびれてしまったが、江戸時代より雑穀の生産で
       富を得た農家が現在も名残りを留めていると聞いて…。確かに20~30間
       以上も続く長い生垣に囲われたお屋敷が点在して、今は住んでないよう
       だが古き時代を伝える家屋も。

       今回は農作業の目安にされたというタネツケバナと殆ど知られてないハラ
       ンの花と吾輩捨て猫ホームレス仲間のおしゃべりを。
f0137096_21521154.jpg
f0137096_21524015.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2009-03-10 21:40 | 小平の原風景求めて | Comments(0)