忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

道草フォト575 その81 一輪草との出会いから

f0137096_136559.jpg
   東日本巨大地震発生以来、余震も頻発して心休まらない日々。東電福島第一原発
   災害に有効な手立てはなく、農業・漁業・畜産業・海産物加工業などへの被害に加え
   て風評という第四の被害も一人歩きしている今、それでも季節は先へ先へと…。
f0137096_1392569.jpg
   小桜橋下流右岸では、桜吹雪を浴びながら一輪草が開花しました。20株前後の群
   落が2カほど所あり、同じキンポウゲ科の二輪草に比べて頭花が4~5倍くらい大き
   いので、目立ちます。5枚の白い花弁に見えるのは萼片で、 縁にうっすらと紅をさし
   て風にユラユラ。学名のAnemone はギリシャ語の「風」が語源だそうで、赤や紫な
   どの鮮明なアネモネの仲間とか。人との出会いから学ぶことが多いように、花との
   出会いでも学ぶことが沢山あります。

f0137096_13124624.jpg
   小桜橋から下って行くと、ヤマモミジの新緑の枝先には極小の赤い花が!傘の骨
   のように広げた花序の先にダークレッドの4~5枚の萼片が認められ、長めの蕊を
   突き出しているのですが、5ミリに満たない花の上に風に邪魔されて…カメラで撮
   るのに四苦八苦!でも可愛い花です。
f0137096_13144330.jpg
   上水堤に続く雑木並木も一斉に開花シーズンを迎え、イヌシデ、アカシデ、ケヤキ、
   クヌギも青春の真っ盛り!
f0137096_1319257.jpg
   いずれも高木で新緑と同系色の花をつけるので、花が咲いているとは気づかれないで
   しょうけど、それぞれの花を精いっぱい咲かせています。
f0137096_13205040.jpg
   植物も命をつなぐことに懸命で、電気がなければ生きていけない電気依存人間よりも、
   電気がなくても生存できる植物や動物、昆虫たちの方か進化しているのかも…と、今
   回の巨大震災で思わずにはいられませんでした。
f0137096_13224213.jpg

   ・・・・・・・・・・・よみがえる着物 展お知らせ・・・・・・・・
f0137096_22335518.jpg
f0137096_22464253.jpg
   懐かしい着物から日傘・バッグ・帽子に蘇らせた展示即売会が21~26日11~18時、
   西武国分寺線鷹の台駅前のギャラリーY で開催されます。着物を洋服にリフォーム
   したり、身体が不自由になったお年寄りや 障害者でも脱ぎ着がしやすいウェアを長
   年手がけてきた一澤照子さん(武蔵村山市) が、今回は日傘やバッグ、帽子などに
   蘇らせて、着物の新しい魅力を。着物の織りや染色など日本の伝統技術を見直すと
   同時に思いがけない楽しさを発見したという。日傘は夏用のお洒落着の紗を使って
   見た目に涼しく軽く、レトロな魅力を25点前後の作品に込めた。若い人にも着物地
   の味わいを知ってほしいと端切れを利用したバッグや帽子も各10~20点出品。
       〈問〉070-6660-8216同ギャラリー。
f0137096_16581349.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2011-04-17 13:23 | 道草フォト575 | Comments(0)