忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

道草フォト575 その139 新田の名残の…

f0137096_212819.jpg
   もう5月も最後の日曜日に。一日で季節が2ヵ月も逆戻りするなど気温の変化が激
   しかったせいか、開花の遅れていたウツギも咲きました。旧暦の卯月に咲くので卯
   の花として親しまれ、夏を告げるウツギです。
f0137096_21323837.jpg
   先日、「玉川上水オープンギャラリー」で、オーナーで画家の鈴木忠司さんに久しぶ
   りにお会いしました。土地っ子の鈴木さんによると、ひと昔前の小平は『夏は来ぬ』
   の唱歌で歌われているように、卯の花の垣根があちこちで見られ、時鳥(ホトトギス
   )が鳴き始めて夏の到来を告げたとのこと。卯の花は新田時代に隣地との境界に植
   えられたそうですが、その名残りも消えて久しくなりました。 一位橋~桜橋にかけて
   新堀用水沿いで、数本のウツギがこぼれるように咲いている姿を見せてくれます。
   枝茎の中心部が空洞なことから空木と書いてウツギ。白い5弁の花をむせ返るよう
   に咲かせて、蜂や小さな昆虫を呼び寄せています。
f0137096_2135560.jpg
   玉川上水の水路にも花房をなだれるようにつけていたウツギが、22年度から向こう
   10年にかけての整備事業で切られてしまったのか、今年は殆ど目につかなくて残念!
   同じユキノシタ科のマルバウツギの方はあちこちに見られました。マルバウツギはウ
   ツギより樹高も低く、花も小さ目ですが5枚の花弁を星型に開き、黄橙色の花芯部分
   が優しげに見えます。

f0137096_21375133.jpg
   ウツギと前後してエゴノキの花も鈴生りに咲きました。仰向くと一斉に見つめられてい
   るようで、「そんなに見つめないでよ」と言いたくなるくらい。あまりにも沢山の花をぎっ
   しりつけるので、カメラも悲鳴を上げたのかボケボケのカットばかり…。
f0137096_21385840.jpg
   一つ一つの花は長めの花柄の先に、白い花がペンダントのよう。5弁の花びらに見え
   る花冠はよく見ると、深い切れ込みのある1個の花で、花冠ごとポトポトと音立てて落
   下します。昨日の上水堤ではあちこちでエゴの花筵が見られました。
   花冠が落ちた後に膨らんでくる翡翠色の実も可愛くて楽しみですが、果皮にはアルカ
   リ成分に富むサポニンが含まれており、新田時代には石鹸の代用にしたり、麻酔作用
   を利用して魚取りにも使われたそうです。しかし現在は魚類の保護と川の水を汚すこ
   とから禁止されているとのこと。

f0137096_21414757.jpg
   甘い香りを風に乗せて漂わせていたのは、野薔薇とスイカズラで、どちらも近年は殖
   えてきているみたい。野薔薇の蕾は淡いピンク色ですが、開花すると清楚な白に。
f0137096_21454669.jpg
   スイカズラは咲き始めたばかりの頃は純白ですが、時間が経つにつれ黄色に変ってい
   きます。白を銀、黄を金に見立てて一名を金銀花とも。金銀が並んだスイカズラの花を
   探しながら歩いていると、たしか『故郷の廃家』の一節に「スイカズラ茂る丘の上…」とい
   う歌詞があったはず…と思い出して、ネットで検索してみたのですが、犬童球渓の作詞
   した歌詞には、一番にも二番にもスイカズラは出て来なくて…私の記憶違いかしら?
   それともいよいよ認知症の症候かな?
f0137096_2149341.jpg
   それはともかく、スイカズラはフェンスや周囲の立木にからまりながら、冬でも葉が落ち
   ないことから忍冬(にんどう)とも呼ばれます。

f0137096_229144.jpg
      上はあかしあ通りのバードショップ前で出会ったオウムたち。
[PR]
by love-letter-to | 2012-05-27 21:58 | 道草フォト575 | Comments(0)