道草フォト575 その256 八日目の蝉

f0137096_20161747.jpg
   8月第四日曜日。暑さも衰え始める処暑を迎えた昨日は、やっと猛暑地獄から解
   放されるかと期待したのですが…。首都圏では熱気でムンムンとした一日でした。
   しかし、関西から北陸、東北地方にかけては同時多発的な豪雨で、広島市阿佐南
   区などでは大規模な土砂災害が発生して5日目。土石流で跡形もなく流失したり、
   倒壊した家屋から行方不明者の捜索活動が続けられています。
   今夏は大気が不安定で、雷や竜巻がひんぱんに発生、数日で1カ月分以上の雨量
   を記録した地域も多く、雨の降り方が変わってきたとも。
   雨が降り始めると、セミはその気配を察知して鳴き止むそうです。地中で数年かかっ
   て生育し、地上に現れてわずか8日で一生を終えると言われているセミ。先日、殿ヶ
   谷戸庭園で友人と待ち合わせた時、先にきていた彼女が「この蝉時雨の中には八日
   目のセミもいるわよね」と、つぶやきました。「命の絶唱に聞こえるわね」と私。
f0137096_2022562.jpg
   国分寺駅から2~3分の距離にも関わらず、国分寺崖線の傾斜を生かした同庭園に
   は、湧水のささやきに混じってヒグラシやツクツクボウシの声も。
f0137096_20242517.jpg
   期待していた深山の妖精レンゲショウマはもう花期が終わりに近づいて、かろうじて
   1輪だけ開花。花はハスに似て、葉がショウマ(升麻)に似ていることから蓮華升麻の
   名に。 日本固有のキンポウゲ科の花だそうです。 あまりにも厳しい猛暑続きに秋口
   の草花も開花が遅れているようでした。
f0137096_20273093.jpg
   受付近くにしつらえた棚のヒョウタン(瓢箪)とヘチマ(糸瓜)は、よく育って、“健康優良
   児”でした。
f0137096_20305572.jpg
   わが家のお向かいで、緑のカーテンとして植えてあるフウセンカズラがようやく出窓
   の位置まで伸びて、目下、涼しげな緑の風船をたくさんつけています。ミニヒマワリも
   開花。昨日、私の部屋から見下ろしたら、ミニヒマワリに蝶が止まっていました。ツマ
   グロヒョウモンの雄が盛んに蜜を吸っています。カメラを手に近づいても、気が付か
   ないようで5~6回シャッターを切ることができました。

         ・・・・・響けマリンバ チャリティ コンサートへのご案内・・・・・
   小平市内に住むマリンバ奏者・今井忠子さんと演奏仲間や門下生、ボランティア
   グループによるチャリティコンサートが今月31日13:30~16:00に、ルネこだいら
   で開かれます。「アジアの恵まれない環境の中で、教育を受けられない子供たち
   に役立ちたい」と、1988年から毎年、開催して26周年に。
f0137096_20353894.jpg
   参加費1000円は全額基金として、フィリピン・ミンドロ島の教育資金に寄付して、衣
   類、文具、カバン、靴、雑貨などに充てられます。現地の子どもたちから手作りのサ
   ンキューカードと手紙が寄せられるのが、楽しみだそうです。
f0137096_20402242.jpg
f0137096_2054046.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2014-08-24 20:42 | 道草フォト575 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30