折々通信 No.8 今年秋

f0137096_22322366.jpg
            ビートルズ幼く聞こゆ今年秋  
   数日前、朝の片付けをしていると、ラジオからビートルズメドレーが流れてきて、彼らの
   歌声がやたら幼く聞こえました。そのはずですよね。ビートルズが世界を席巻し始めた
   1965年当時、メンバーの年齢は二十歳そこそこですから、後期高齢者の私の耳に餓
   鬼っぽく聞こえるのは当然でしょう。
   先ごろ総務省から発表された高齢者人口推計によると、ビートルズを聴いて育った65
   歳以上が全人口の26.7%に上り、80歳以上が1008万人を超えたそうです。
f0137096_22371942.jpg
   月めくりカレンダーも残り三枚。前月のカレンダーを切り離した時の感触が、木の葉が
   舞い落ちるように感じられました。10月は木の葉月とも呼ばれるそうです。
   街路樹のハナミズキの葉が色づき始め、赤く熟れた実が覗くようになり、この間まで、
   警鐘を鳴らすように聞こえたカネタタキの声も、絶えてしまいました。
f0137096_225986.jpg
   上水堤ではユリ科の可憐な花・ツルボの群生がシルバーウィーク頃まで楽しめました。
   10~20㌢丈の花茎に淡いピンクの小花をつけて、堤の縁に添って帯状に行列してお
   りました。植生の変化が激しい上水堤でツルボは殖えています。
f0137096_230103.jpg
   その昔、公家が宮中へ参内する時に使用した傘に似ていることから、別名を「参内傘」。
   末枯れかけた花穂に黄蝶がしがみついていました。カメラを向けても子孫を残すため、
   必死でアタックしていました。

f0137096_22421236.jpg
   ワンルームマンションでもバス付きが当たり前になった今日ですが、銭湯(公衆浴場)
   に通った世代には懐かしい富士山や海岸風景などの背景画。「貴方はもう忘れたかし
   ら、赤いてぬぐいマフラーにして、二人で行った横丁の風呂屋…」の歌詞でお馴染みの
   『神田川』が流行った時代は、都内に2700軒以上もあった銭湯も現在は4分の1に。
   背景画を描く絵師も全国で現存しているのは3人だけ。その一人、丸山清人さん(80歳)
   の作品展とライブペインティングが国立駅南口近くのギャラリー・ビブリオで開かれ、見
   学してきました。
f0137096_22465915.jpg
   畳一枚大のベニヤ板に富士山と湖を描き上げる刷毛さばき、赤、黄、ブルー、濃紺、白
   の5色のペンキで空や湖の微妙な色彩、山の緑の濃淡などで遠近観のある絵に仕上
   げて行く職人技は、日本の伝統技術として残したいと言う声も高まっています。
   銭湯ファンだと言うフランス人の女性も、熱心に見学していました。
   作品展は明日10月4日まで11~19時開催。入場無料です。問合せ:042・511・4368
f0137096_2254122.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2015-10-03 22:49 | 折々通信 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30