忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.14 桜紅葉の頃

f0137096_118351.jpg
         名勝を受け継ぐ桜もみじして
   11月も半ばを迎え、上水堤の木々も色づき始めました。と言ってもケヤキやコナラ、
   クヌギ、シデ類の多い上水沿いは黄葉褐葉が主で、紅葉の名所のような鮮やかさは
   望めません。それでも黄葉褐葉が進むと、ライトが当たったように辺りが明るくなって、
   何処か違う地を歩いている気分になります。
   そんな上水堤で、ひと際鮮やかなのは桜紅葉です。「名勝小金井桜」としてリストアッ
   プされている桜樹は、痛々しいほど老化が進んでいますが、それでも鮮やかな紅葉
   を見せてくれます。
f0137096_1263624.jpg
   「名勝小金井桜」に指定されている地域(小金井橋を中心に東西6キロ)の西端に位
   置する小川水衛所跡。敷地内の橋の欄干にも桜紅葉が一枚。この欄干の上は落葉
   の休憩所みたい。地に還る前のひととき、音もなくやって来て去って行きます。
f0137096_1285066.jpg
   小川水衛所跡には公孫樹の古木があり、下枝が水路をまたぐように伸びています。
   上水流域で最大の公孫樹だといわれています。縦に円錐形に伸びる公孫樹が多い
   中で、簾のように枝垂れて黄葉しているのは珍しいのではないでしょうか。黄金色に
   輝く日も間近でしょう。

f0137096_1304893.jpg
   今秋はここ数年来になくマユミの実が豊作で、巾着型の実莢が裂けて赤橙色の実を
   覗かせいました。マユミは中国と日本の山野に自生する落葉低木あるいは小高木で、
   材質が強くよくしなるため古来より弓の材料として有用され、名前の由来に。マは真,
   ユミは弓を指す。現在では印鑑や櫛の材料になっているそうです。
f0137096_133392.jpg
   ガマズミとカマツカの実も赤々と輝いていました。ガマズミは初夏に大人の掌大の葉
   に乗っかるようにして、白い小花を密生して咲きます。赤い実もその花序の通りたわ
   わにつけていました。カマツカも初夏にリンゴの花に似た花を咲かせると思ったら、カ
   マツカもリンゴもバラ科なんですね。材質が硬くて丈夫なため鎌の柄に使われたこと
   からカマツカ(鎌柄)の名称に。
f0137096_1351480.jpg
   赤い実の中でも特にユニークなゴンズイの実も、今秋は鈴生りでした。直径1~2セン
   チの球状の袋果がパックリ割れて、黒大豆のような種が果皮にくっついている姿は何
   度みても ドッキリしてしまいます。真っ赤な袋果の内側は肉感的で、怪獣が口を開け
   て黒い珠を飲み込もうとしているようにも見えます。樹皮がゴンズイという川魚に似て
   いるそうです。
f0137096_1382550.jpg
   黄ばみ始めた上水堤はライトを照らしたように明るくなってきました。ランナーにもウォ
   ーカーにもベストシーズンです。
f0137096_1442449.jpg




   
[PR]
by love-letter-to | 2015-11-16 01:39 | 折々通信 | Comments(0)