忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信 NO.18 落ち葉の功罪

f0137096_2257182.jpg
        落葉路(みち)缶コーヒーで盛り上がり
   一昨日でしたか、日中の気温が24℃にも上がり師走を忘れるほどでした。時折り吹
   き飛ばされそうになる強風も生温かく感じられました。
   案じていた通り、昨日の朝は家の前の通りは落葉で埋まっていました。西寄りの南風
   で、西隣の楓の落葉が我が家の路側に押し寄せていました。落ち葉に罪はないもの
   の、毎年のことながら隣家の落葉掃きに追われます。またか…と。
   中央公園に出向いてみると、 落葉樹は殆ど裸で、噴水池南側のなだらかなスロープ
   は落葉でふかふか。私と同年輩の二人が缶コーヒーを飲みながら談笑していました。
   初冬の陽射しもロマンティックで、ドラマの一シーンのような光景でした。
f0137096_2322320.jpg
   同じ落葉でも掃いたりせずに眺めていたい気分になります。我ながら身勝手なもので
   すね。最近は上水堤や公園などの落ち葉は、ブロアー &バキュームスタイルの掃除
   機を使って、効率的に片づけているのも見かけますが、焼却費もかさみ市街地の落ち
   葉問題は自治体の悩みだそうです。
f0137096_234882.jpg
   落葉期になると楽しませてくれるのは、ムラサキシキブの艶やかな実。エナメル質の紫
   色の珠を沢山つけている枝もあれば、場所によって全く実をつけてない木もあります。
   紅葉の発色が今一つだったのと関係があるかもしれません。
f0137096_238692.jpg
   やや終わりかけていましたが、上水堤沿いの旧家のヒイラギの花も。モクセイ科の常
   緑小高木で雌雄異株だそうで、これは雄株の花のようです。葉の周りに鋸歯が変形し
   た刺があり、その刺が邪悪を追い払ったり、侵入を防ぐことから小平周辺の旧家の生
   垣に多く植えられてましたが、病害虫で葉が白くなっている生垣も。
f0137096_2393441.jpg
   今朝のNHK「マイあさラジオ」のリスナーからの便りによると、蕗の薹が出たとかツク
   シを見たとか、これから本格的な冬に向かうとは思えない情報が寄せられていました
   が、上水堤でも茜屋橋付近で日本水仙が数輪開花。競うようにビワの花も。季節がお
   かしくなっていますが、今週末から冷え込んでくるそうです。
f0137096_11202242.jpg
   茜屋橋付近では落葉の間からムラサキカタバミも開花していました。花冠が濃い赤紫
   色のイモカタバミは冬季も咲いていますが、ムラサキカタバミがこの時期に咲いてい
   るのは珍しく、色も淡いピンク色でした。
f0137096_23155596.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2015-12-13 23:10 | 折々通信 | Comments(0)