折々通信No.33 旅にしあれば

f0137096_2255928.jpg
         今日の旅桜のアーチでひと休み
   昨春の北陸新幹線に続いて、青函トンネルをくぐり北海道へも通じた昨日、久しぶり
   にグリーンロードを 小平駅から花小金井に向かって歩いてみました。そろそろ桜の
   トンネルも見られるのではないか…と。
   東京都の開花宣言から1週間になりますが、花冷え続きで今年の桜は遅々としてお
   り、グリーンロード(多摩湖境緑道)のソメイヨシノはニ三分咲きでしょうか。
   場所によって五分ほど咲いている樹もありましたが、目下見頃は濃い紅色のカンヒ
   ザクラ(寒緋桜)。ことに小金井街道との交差点東側では、寒緋桜の枝がアーチ状に
   なり、その付近のソメイヨシノも刺激されたのか開花が進んでいました。
f0137096_22145573.jpg
   寒緋桜は緋寒桜とも呼ばれますが、彼岸桜とは別品種。釣り鐘状の花が特徴で、毎
   年1月半ば頃 から沖縄で、桜の開花が伝えられるのは、この寒緋桜です。花の色は
   白から濃い桃色まで 個体差があるそうです。早咲きの特性と下向きに花が咲く特質
   があり、他のサクラと交配した園芸品種が 各地で誕生。中でも有名なのはオオシマ
   ザクラの自然雑種の「河津桜」です。小平市内でも最近は 河津桜もよく見かけるよう
   になりました。
f0137096_22181979.jpg
   あじさい公園を過ぎた辺りで、ほっそりした幹の節々に 深紅の粒状の小さな塊が目
   に止まりました。咄嗟に名前が思い出せなかったのですが、オオバベニカシワ(大葉
   紅柏)の蕾でした。10~20本の中には開花している幹もありました。黄色の花の径
   は2~3ミリ。肉眼でやっと花だと分かるミニサイズの花です。
   図鑑によるとオオバベニガシワは雌雄同株で、その塊は雄花で雌花は地味で隠れ
   ていることが多いそうです。
f0137096_22195554.jpg
   天神町2丁目アパートに接した児童公園では、7~8分咲きの桜の下で少年二人が
   ブランコを漕いでいました。ブランコはフラココとも呼ばれ春の季語ですね。とっても
   楽しそうな春の光景です。耳を塞ぎたくなるような父母による幼児・児童の虐待、学
   校や児童福祉に関わる行政関係者の対応のお粗末さが続いた後だけに、子どもの
   屈託のない笑顔にホッとさせられました。
f0137096_22262836.jpg
   たけのこ公園付近ではオオシマザクラ(大島桜)が開花しておりました。純白の花は
   ソメイヨシノより 一回り大きく、緑色の葉がとても爽やかです。この大島桜の若葉が
   桜餅に使われるそうですね。塩漬けにした葉にはクマリンという独特な芳香成分が
   含まれているそうです。長命寺の桜餅が食べたくなりました。
f0137096_22244150.jpg
   花小金井南町にある 「麻生工房・芬ギャラリー」にも立ち寄ってみました。近くに住
   む手工芸家・鶴島賦子(ますこ)さんの折り紙作品展が開かれていました。17歳の
   とき、用を頼まれて行った絽刺教室で、光沢のある絹糸が織りなす文様の美しさに
   魅せられたのがきっかけで、北欧刺繍、七宝、陶芸、木目込み、編み物、折り紙な
   ど手工芸と名のつくものは何にでも挑戦。「賦ベエの変てこ展」と称して銀座カネボ
   ウのギャラリーで、個展も開いた鶴島さん。10年ほど前に悪性リンパ腫を患ったそ
   うですが、奇跡的に再起して、82歳の今日も手仕事を楽しんでいるそうです。初歩
   的な折り紙から造形な折り紙作品まで100点前後展示されていました。
   昨年の夏はヒマラヤの国ブータンも訪ねて、伝統織物に魅せられてきたそうです。
   手先を動かすことは頭の活性化に効果的なんですね。
f0137096_22251155.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2016-03-27 22:27 | 折々通信 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30