忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.70 暮紅葉どき

f0137096_18574644.jpg
        散る紅葉残る紅葉や次郎池
   師走も10日、一年で日中の時間が最も短い“暮早し”を実感する時期。「午後4時を
   回ると落ち着かなくて、この頃の日没どきが一番淋しい」 と言う声も聞きます。
   国分寺駅南口にある「殿が谷戸庭園」の昨年の暮紅葉の艶やかさが忘れられなくて、
   先週半ばに訪ねてみました。期待が大きすぎたのか、それとも今秋の気候のせいか、
   物足りない感じでした。それでも国分寺崖線の傾斜を活かした園内の景観にカエデ
   類の古木は映えて、紅葉狩り客やカメラを手にしたグループは「駅から徒歩2~3
   分で素晴らしい紅葉が見られて最高」と口々に。湧水の流れ落ちる次郎弁天池に青
   い空と見事な雪吊り、回りの紅葉が映り、幻想的なシーンを。 
f0137096_1983318.jpg
   昨夜、ブログのマイページを開いてびっくり!開設以来のテンプレートが利用停止
   になって、白紙状態でコンテンツが掲示されており、レイアウトも乱れていました。
   一瞬、何が起きたのか、頭の中が真っ白に!ウィルスに汚染されたのではないかと
   も思いました。exciteブログのリニューアルで、テンプレートの一部が利用停止にな
   ったそうです。サイトからの通信警告を見逃していたことによるハプニングでした。
   心ならずもイメージチェンジを。まだ編集作業にも慣れなくて四苦八苦中。PCや
   ネットでは何が起きるか改めて思い知らされました。
     上は殿が谷戸庭園の谷底にある竹林をバックにした暮紅葉です。

f0137096_1911187.jpg
   殿が谷戸庭園からお鷹の道をたどって、真姿の池湧水地、その崖線上に位置す
   る都立武蔵国分寺公園へ向かってみました。小さな旅に最適コースです。

f0137096_191238100.jpg
   普段は鬱蒼とした周囲の樹林に囲まれて、近寄りがたい感じの真姿の池弁天堂
   も紅葉灯りで、華やいで見えました。

f0137096_19142110.jpg
   湧水沿いにある野菜直売所の幟旗も、紅葉灯りと木漏れ陽を浴びて翻っており、
   湧水を汲んだりベンチでひと休みしている人も。大根や里芋、ホーレンソウ、柚
   子など、冬野菜の出番ですね。

f0137096_19162621.jpg
   真姿の池湧水の噴出口から石段を上ると、武蔵国分寺公園へ。この辺りの段差
   は20㍍以上もあり、汗ばんできました。公園は多喜窪通りをはさんで南側の西
   元地区には、武蔵野の面影を留めた野鳥の森、なだらかなに広がるこもれび広
   場とバリアフリーの園路が。親子でお弁当を広げている姿にほっこり。
f0137096_19184882.jpg
   ふれあい橋を渡った北側の泉地区は外周500㍍の円形の広場、噴水や滝もある
   武蔵野池があり、サッカーをしたり、ランニングをしている男女の姿が見えま
   した。池にはコサギや翡翠色のカワセミも訪れるとか。
   隣接地に来春、都立多摩図書館がオープンするそうです。

   ♪♪♪ 国分寺教会 クリスマス・ファミリーコンサートへのお誘い ♪♪♪ 
f0137096_19234980.jpg
   国分寺駅北口から徒歩7~8分、本町の高台にある国分寺教会・礼拝堂で、
   今月17日(土)14~16時(13時半開場)、声楽アンサンブルLa Balenvoce
   (バレンボーチェ)による、クリスマス・ファミリーコンサートが開かれます。
   アンサンブル名は暴れん坊ですが、絶妙のハーモニーと評判。ソプラノ歌手
   の志田尾恭子さんら国立音大出身の声楽家男女4人とピアニストで、ヘンデ
   ルの「オンブラ・マイ・フ」、ベートーヴェンの「君を愛す」、モーツアルト
   歌劇「ドン・ジョバンニ」より「お手をどうぞ」他、クリスマスソングも演奏。
   小さな子どももご一緒に。駐車場なし。入場は無料ですが、恵まれない人たち
   に献金を。会場へは国分寺駅北口から東栄会通りを東へ。突き当りの本町信号
   を渡った坂上。
      国分寺市本町1・6・2☎042・322・2017同教会。
f0137096_1937199.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2016-12-11 19:29 | 折々通信 | Comments(0)