折々通信No.87 桜の開花遅々ながら

f0137096_11532569.jpg
          独り来て小江戸の桜一分二分
    4月を迎え、最初の日曜日。桜の開花宣言から10日余りになり
    ますが。その間の気象の変化と気温のアップダウンの激しいこと!
    桜の開花も遅々として、サクラへのイメージが今春は変化を。
    これまでの私は、桜にもっとゆっくり咲いて欲しいと思ってきま
    したが、今春の開花は少々もどかしい。
    予定していた桜見物も冷たい雨で、見送られてしまいました。
    で、先月30日、独りで川越へ向かってみました。小江戸めぐりの
    ツアーやスタンプラリーが実施されており、川越の人出は“花盛り”。
    でも、「川越大師」とも呼ばれる喜多院境内の桜もまだチラホラで、
    江戸初期様式で再現移築されたという多宝塔が、幻のように見えました。
     
f0137096_11570953.jpg
     喜多院境内でも「春まつり」が始まっていましたが、花見茶屋も
     花見の宴会も閑散として、サクラ色のまつり提灯が寒そう。    
f0137096_12030563.jpg
     でも、庫裏と寺務所敷地内の枝垂れ桜の古木は、満開でお花見気
     分を満たしてくれました。あふれるように花をつけた枝越しに、
     多宝塔が堂々として、差し掛かる枝垂れが優雅で、奥ゆかしさも。
     庫裏から渡り廊下でつながる客殿と書院には、徳川三代将軍家光
     の誕生の間、家光公の乳母・春日局の化粧の間が、江戸城紅葉山
     (皇居)の別殿から移築されています。    
    
f0137096_12304368.jpg

      ・・・ツィター界の第一人者 河野保人・直人さんによる・・・
      ♪♪「華麗なるツィターの夕べ」コンサートへのお誘い♪♪

      まだツィターという弦楽器を知る人が少なく、河野さんも演
      奏家として活動を始めて日の浅い頃から、地元国分寺市内で
      始めたコンサートも33回目に。演奏家として作曲家、ツィター
      の研究者、資料と楽譜・楽器のコレクターとしても貴重な存在
      です。
f0137096_12105222.jpg
投稿の方法が変更になり、大変戸惑いながら投稿。
全く利用者泣かせのブログです。
f0137096_12142090.jpg




[PR]
by love-letter-to | 2017-04-02 12:41 | 折々通信 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30