忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.100 半夏生に寄せて

f0137096_21291802.jpg
         捩り花少子高齢化の一隅に

     7月最初の日曜日の今日は、夏至から数えて11日目で半夏生。

     1年の半分が過ぎて、梅雨も終わりに近づいた頃です。

     暦の雑節の1つで、半夏という薬草が生える頃。一説に、ハン

     ゲショウ(半夏生、半化粧)というドクダミ科の一年草の葉が名

     前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。

     小平団地の芝生に捩り花が咲いていました。半夏の頃に開花

     します。世は少子高齢化の一途ですが、草丈10㌢前後の小さ

     な野生ランで、螺旋状に米粒大の花をつけて健在です。

f0137096_21304035.jpg
        捩り花はモジズリ(文字摺り)とも呼ばれ、地方によってはネジ
     リンボウ、ヒネリバナなど種々な呼び名があるそうです。

     米粒大ながらマクロレンズで撮ってみると、カトレアの花に似て

     います。

f0137096_21321753.jpg
        今日、都議選の投票場への行き帰りに、近隣の畑で葱坊主が
     弾けて、花火のような姿になっていました。種を採取するため

     でしょうか?一つの葱坊主から数百粒の種が採れそうです。

f0137096_21350824.jpg
        同じ畑に松明花(たいまつばな)も、篝火のように頭花を輝か
     せていました。シソ科の多年草で、原産地は北アメリカ。ベル

     ガモット、モナルダと呼ばれハーブとして鎮静、鎮痛効果が。

f0137096_21361065.jpg
        近くの路地ではハンゲショウも、その名のように上部の葉1~
     2枚を白粉で化粧したような姿に。白い花穂が地味で、花粉を

     媒介する蝶や虫たちに目立させるため、葉が白くなるよう進

     化したのではないかと。そのせいか繁殖力は旺盛だそうです。

f0137096_21371404.jpg
        今年はアジサイの開花がゆっくりで、花がが長持ちしていまし
     たが、そろそろ終わりに近づきました。都営学園東町2丁目アパート敷地内
     の紫陽花は、七変化の別名のように七色!色褪せかけた紫陽花も渋くて、
     素敵ですね。

f0137096_21382073.jpg

        アベリアの植え込みにクロアゲハ(黒揚羽)がやって来て、忙し
     なく飛び交っていました。止まりそうで止まってくれず、やっと

     一枚をゲット!かなりぶれていますが、やったー!

f0137096_21452914.jpg


[PR]
by love-letter-to | 2017-07-02 21:46 | 折々通信 | Comments(0)