忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.104 暦より一足早く小さな秋を

f0137096_10485626.jpg
        

          不揃いの白き花びら秋近し
     7月最後の日曜日の昨日は、用が重なってブログの更新を先

     送りしてしまいました。それにしてもムシムシムンムン、過ごし

     にくい日々です。3年後の東京五輪では、こんな不快な中で

     アスリートたちはメダルを目指して闘うのかしら?観客にとっ

     ても苛酷な観戦になりそうです。

     先週中に一度、玉川上水堤へ出かけたところ、自生野草保護

     ゾーンではシラヤマギク(白山菊)が開花して、辺りには秋の

     気配も。年々、野の花の開花サイクルは早まっています。

f0137096_11031148.jpg
     
     シラヤマギクはノコンギクやユウガギクなど、いわゆる野菊の
     
仲間ですが、花弁の数が6~8枚と少なく、開花も早めです。

     花弁と言っても一枚一枚が一つの花で、まばらにつけている

     ので、終末期のような侘しさも。

     私は真夏から開花するので、風通しをよくするために、花弁を

     減少させたのではないかと忖度しているのですが…。

     年々、美しく華やかな花よりも好きになってくるのは、歳の所

     為でしょうか。ともあれ、野に咲く花々は蝶や虫たちにとって、

     命の糧で、モテモテです。

        

f0137096_11075796.jpg
     シラヤマギクの下では、淡いピンクの小花片を散りばめたチダ
     
ケサシも開花していました。和名は乳蕈刺と書き、乳蕈という

     茸を採集するとき、この細長い茎が用いられたとか。

     乳蕈はもぎ取るとき、その切り口からミルク状の液が滴ってく

     るので、この野草の茎に刺しながら採集したとのこと。とても

     優しげで、涼味を感じさせてくれます。

     

f0137096_11112863.jpg
       最近は小平市周辺の大気がことに不安定だと思いませんか?
     今月半ばに雹を降らせた雷雨も、小平はことに激しかったよう

     です。この日も雨が落ちてきたので、早々に引き上げました。

     その途中、畑の一角で里芋の葉の上に水晶のような露が!

     菊も芋の露も秋の季語ですが、暦より現実は先んじています。

f0137096_11125256.jpg
       菊地恵子・砂織さん母娘によるアイリッシュハープコンサートが
     8月5日()17時から、小平市小川町2-2051にあるギャラリー

     「青らんぎ」で開かれます。心に安らぎを持たせてくれるアイ

     リッシュハープの音色と響きで、懐かしいアイルランド民謡や

     スコットランド民謡、アイルランドの著名な作曲家でアイリッシュ

     ハープの演奏家カロランの名曲などで、真夏の夕べを。

     

f0137096_11154627.jpg
       母親の菊地恵子さんは桐朋学園大、同大学院のハープ科卒で、
     日本のアイリッシュハープ研究の第一人者です。娘の砂織さ

     んは国立音大卒後、パリ中央区立音楽院を一等で卒業。フラ

     ンスで演奏家と指導者として活躍中です。

     参加費3500円(税込・ソフトドリンク付き)、茶話会も参加する

     方は4500円(税込・コーヒー&ケーキ付)です。申込みは名

     前と連絡先、参加者数をファックスで042・344・5257へ。

f0137096_11164466.png

 


[PR]
by love-letter-to | 2017-07-31 11:17 | 折々通信 | Comments(0)