忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

メリーさんの羊

乳牛、山羊に続いて羊の話を。動物は苦手な私だが、どういうわけか動物には縁
があって…でも、今回の羊はちょっと…。

「メリーさんの羊、めえめえ羊、メリーさんの羊、真っ白ね…」という童謡を口ずさん
だことがありませんか。その『メリーさんの羊』はアメリカ民謡だそうで、
原題はMary Had a Little Lamb
f0137096_222437.gif
       
マザーグース(ナーサリー・ライム)としても知られ、作詞者は子供向け
雑誌の編集者であったセイラー・J・ヘイル夫人であることは知る人ぞ知るで、
発明王エジソンが蓄音機を発明して初めてレコードに自ら吹き込んだのは、
当時アメリカで誰もが知っている『メリーさんの羊』だったと、訳詩者の
高田三九三(さくぞう)さんからお聞きしたことがある。

高田さんにお会いしたのも約20年前、当時86歳の高齢だったが、ダンディな
老紳士だった。小平市で長く句会を主宰していた廣瀬泣麻呂(本名:一郎)さん
と一緒に『日本の秀句・江戸時代句集』の英語訳を出版して間もなくだった。

その頃既に俳句はHAIKUとして世界各国で人気が高まっていたが、「俳句を真似
た短詩に過ぎないHAIKUばかりだ。五七五の韻をちゃんと踏まえた日本の俳句の
伝統をきちんと海外に紹介してないからではないか…。日本人として怠慢だよ!」と、
高田さんが俳句仲間の広瀬さんに鬱憤をもらしたのがそもそもで、二人は日本の秀句を英語に翻訳するという“冒険”に近い作業に取り掛かったそうである。

日本語と英語は全く異質な言語で、相容れない言葉や表現、わびさび、季節感など
考えただけでも土台無理な話だと思ってしまうが…、「誰もやらんからやった」という
二人。泣麻呂さんが江戸の俳人の句集から選句して、高田さんが英訳をしたそうだ。日本人の心を伝えようと。

浅草生まれの江戸っ子・高田さんは明治39年に生まれた三男だから“三九三”と
名づけられたそうで、東京外国語学校(現東京外語大学)の仏文科を卒業。大使館勤めでフランス語のほか英語も身につけ、母国語のように駆使するだけでなく、マンドローネというマンドリンの兄貴分みたいな楽器の奏者としても活躍してきたそうだ。世界の国歌の訳詩もしている。

世の中には多彩な人もいるもんだと、クラクラしてしまったが、高田さんは至って
控えめで、「外国語圏で生活していれば、いやでも身につきますよ。その国の言葉を
話さなきゃパン一個買えないんですから。でも母国語をしっかり身につけてなければ翻
訳は…」とのことだった。

で、『メリーさんの羊』は戦後、日本交通公社に勤務のかたわら、童謡の作
詞作曲・訳詩も趣味で手がけた数多い中の一曲だそうだ。「軽快なメロディと単純な歌
詞の中にストーリーがあるから、子供たちに親しみやすかったのかなあ」と高田さん。

高田さんの日本語訳によると、メリーさんが飼っていた羊が学校にまでついて行っ
て、生徒たちは大喜びしたが、先生はカンカンに怒ってしまい、メリーさんが困って
泣き出したという漫画チックなストーリーだ。

日本の秀句・江戸時代句集』英語訳の取材に行って、
メリーさんの羊』に出会うとは!

高田さんとは一期一会であったが、子供心に懐かしい『メリーさんの羊』の訳詩者に裏話までお聞きしたことは忘れがたい。

今回、因みにネットで検索したらセイラー・J・ヘイル夫人原作の詩は下記のアドレ
スで知ることが出来る。ネットの利便さを改めて感じた次第。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~torisan/mglist-m.html


また、有名な蕪村の「痩蛙まけるな 一茶これにあり」の句の高田さんの英訳は
 Hey you, skinny frog
 Never be defeated, as
 Issa cheers you here
Hey youと蛙に呼びかけるなんてユニークな発想が高田さんの持ち味で、面白い
翻訳だと思った。これなら中学一年生程度の英語力でも何とか…。

何しろタバコ一本吸い終わる間に、一句を英訳し仏訳もお茶の子さいさい。軽くやっ
てのけるという才人には恐れ入ってしまった。
f0137096_21571410.jpg

『日本の秀句・江戸時代句集』は知人に貸したり、戻してもらったりしているうちに、
行方不明になってしまったので、高田さんの英仏訳つき句集『丙午』を掲載。
[PR]
by love-letter-to | 2007-05-27 22:26 | レクイェム | Comments(4)
Commented by ふうさん at 2007-05-28 16:06 x
♪めりーさんの羊羊~~~可愛いな♪
よく歌ったものです。
高田三九三さんと友人の広瀬さんのお写真・・・白黒で当時の
気骨のありそうな雰囲気が出ていますね。
モグラさんは色々有名・知名人をご存知ですね。
昨日の小平の雑学文化塾でも一際目立っていらっしゃいましたよ
どうぞこれからも玉川上水野草の会でも 頑張ってくださいね。
Commented by 小平のモグラ at 2007-05-29 00:33 x
昨日の小平雑学大文化塾交流会で、ふうさんにお目にかかれて
心強かったワ。ほとんどモグラ生活なのでパーティは苦手で、いつもは壁際族なんですよ。
それにしても、ふうさんは午前中は東京ミッドタウンでモネの
作品展を見て、午後は雑学…で守備範囲が超ワイドですね。
山歩きもヘイチャラで羨ましい。私は玉川上水をテクテクする
だけですので、体力年齢は米寿クラスだそう。卒寿間近です。
Commented by cheery at 2007-05-30 15:48 x
俳句の英訳のお話、 とても興味深く拝見しました♪
昔、中学生の英語のテキストに俳句が英訳されて載っていました。朝日ウィークリーにはアメリカの生徒達が、俳句や短歌を英語で
作ったものが載っていたことがありましたが、上手に出来ていて
感心しました。今月13日の日曜日にアメリカのビナードさんが
東京外国語大学で俳句について言及された記事を見た後、
図らずも俳句の英訳の楽しいお話を読ませて戴き感激!!!
Commented by 小平のモグラ at 2007-06-01 12:26 x
cherryさんの中学の英語のテキストに俳句が英訳されて
載っていたそうで、進んでる~!と驚きました。
私の中学の英語の教科書はJack and Bettyで
I am Jack Jones. She is Betty Smith.
が私の初めて覚えた英語です。

cherryさんのブログでシジュウカラが元気に巣立っていった
こと、ユスラウメが可愛く熟れている画像に惚れ惚れして
おりました。私の小学時代の大好きな親友も時子さん。
時ちゃん、敦ちゃんの時代を懐かしく思い出しています。