菅井農業小学校

      ◇ バスに揺られて山間の青空学校へ ◇
中央線相模湖駅から一日数本しか運行してないバスに揺られ、道志川方面へ約30分。土地の人は「すげぇ」と発音し、「何で、すげぇなんかに来たんだ?」と不思議がるくらい過疎の山あいの村・菅井(神奈川県)を訪ねたのも17年も前の6月でした。
f0137096_20325273.jpg
そこには児童文学作家の今西祐行さんが畑を借りて、開設した『菅井農業小学校』という私設の“あおぞら学校”がありました。丹沢の山並みを見晴るかす畑地に『菅井農業小学校』と染め抜いた幟が翻り、当時、校舎は『耕人舎』と名づけた掘っ立て小屋と簡易トイレだけでしたが、後に山小屋風の木造平屋が建設されました。

      ◇ 児童は都内から、先生は土地のお年寄り ◇

児童は月に1~2回、東京都内や多摩地区周辺から親子で通ってきていました。この日通学してきた106名の親子に囲まれて、校長先生と用務員を兼務している今西先生が「1ヵ月見ない間にジャガイモの茎が見違えるように成長したでしょ。草も負けずに伸びていますね」と朝礼の挨拶に続いて、この日植えつけるサツマイモが外国から伝来した当時の話を語って聞かせ、授業開始になりました。

早速、先月植えつけたジャガイモ畑の草取りとサツマイモの植え付けが始まりました。畑の先生は土地のお年寄りたちです。ジャガイモの花を初めて見た親子には、「この花にジャガイモができるのではないよ」。「草だかジャガイモだか分んないヨ」という都会っ子たちに、ベテラン先生たちは「このギザギザの葉っぱがジャガイモの葉だよ」と、笑顔で教えています。
f0137096_20351320.jpg
校長の今西さんは『肥後の石工』や『浦上の旅人たち』など史実や戦争体験などを下敷きにした児童文学の傑作、人間の良心のあり方を追求した『あるハンノキの話』『一つの花』などの著者です。

九州地方には江戸時代末期に、石で作られた美しいアーチ型の橋があります。辛い過去と闘いながら命がけで弟子たちを育て、その石橋づくりに取り組んだ名職人・岩永三五郎の物語『肥後の石工』に感銘を受けた私も、今西さんとお会いするのは初めてでした。

奈良県生駒山麓で育った今西さんは「土を耕す、種をまく、収穫するという作業には、人間を作る究極的な何かがある。その何かが文化を創ってきた。だからカルチャー(耕すこと)という言葉ができた」と語り、昭和30年代から菅井に転居して土に親しんできたそうです。

      ◇ 登校拒否やいじめ問題、過疎に心を痛めて ◇
ところが、代々、炭焼きや養蚕で生計を立ててきた菅井でも、「農業をやっても金にならない」という風潮が押し寄せ、過疎化が…。また、全国的に受験戦争がエスカレートする一方で、校内暴力や登校拒否、家庭内暴力、イジメ問題が深刻化してきました。

そんな折り、統廃合の持ち上がっていた地元の小学校の児童と農業を知らない都会っ子たちが交流できる場として、『菅井農業小学校』を開設することにしたそうです。

最初は登校拒否児とその親たちがボツボツ通って来ていましたが、口コミで広まって農作業で汗を流し、自分たちで育てたジャガイモやサツマイモを収穫して食べる喜びを共に体験する仲間が増えていきました。
f0137096_20463623.jpg
地元小との合同運動会や収穫祭で土地っ子と都会っ子の交流の機会も増え、何よりお年寄りの畑の先生たちの生き甲斐にもつながっていきました。「68歳の僕でも菅井では若手ですからね」と、青年のような若々しい笑顔を浮かべた今西さんの姿は忘れられません。

      ◇ ハウス野菜になるなよ!◇
「君たちはハウス育ちの見栄えばかりがいい野菜みたいになるなよ!」「土って凄いだろう、四つ切りした種イモから、こんなに見事なジャガイモを沢山育てるんだ!」と、タータンチェックのシャツの袖をまくって、率先して汗を流していた今西校長先生。汗で光ったシルバーグレーの髪が美しかった!

土を耕すことは心を耕し、人を育てることにつながり、教育の原点が『菅井農業小学校』にあったように思います。「幼い日に、自分の食べるものをはじめから自分の手で作って食べてみるというのが、農業小学校の学習のすべてです」と実践した今西さんの教育は、今日、クローズアップされている“食育”そのもの。小手先の教育でない教育を見せてもらいました。

その後、1991年に今西さんは芸術選奨文部大臣賞を受賞。92年に紫綬褒章を受章され、目白の椿山荘で開かれた祝賀会では、「土くれの僕には身にそぐわない席で…」としきりに照れておられましたっけ。2004年12月21日に81歳で他界されましたが、『耕人舎』の建物は地元の人たちで大事に守られているそうです。
f0137096_20511244.jpg

[PR]
Commented by ふうさん at 2007-11-25 09:50 x
モグラさん おはようございます
人とのかかわりは人と人・人と自然・・・特に最近は自然とともに生きることが盛んに言われてきていますね。
食育が学校の授業にしっかり入ってくること、まさに『耕人舎』の
菅井農業小学校の今西校長先生のすばらしい基礎教育のお心が
よくわかりますね。
モグラさんも当時から今西先生とのご親交がおあり、ただただ敬服
します。菅井村は神奈川県の山梨よりの丹沢の奥の方と聞いてはおりましたが、これからも自然と共生する子どもたちが(大人も)増えることを望んでいます。
Commented by 小平のモグラ at 2007-11-25 13:45 x
ワウォ~!ふうさんは一日のスタートが早いですね。
菅井農業小学校を訪ねた時は私も早起きして、中央線
の相模湖駅から8時半頃発のバスに乗ってたどり着き
ました。山間の曲がりくねった細い道路のカーブに差し
掛かるたびに、後部シートに座った私は投げ出されそうに
なり、「すげぇ所に来たもんだ」と、ひやひやしました。

でも迎えて下さった今西祐行先生の笑顔に、生まれ故郷
に帰ったような温かさを感じました。
都内から来た児童や土地のお年寄りと過ごした一日は、
私の大事な一ページ。猫の額にも満たない我が家の庭に
野草を育て始めました。それがホームページの『我が家の
愉快な仲間たち』のそもそもです。
ふうさんから敬服されるなんて滅相もないのですが、菅井
農業小学校での体験は忘れられません。
孫が種から育てたブドウと柿とビワを持て余しながらも見
守っております。
Commented by cheery at 2007-11-27 23:19 x
モグラさん こんばんは
又一つ教えて頂きました。こんな素晴らしい方がおられたとは・・・
菅井農業小学校の生徒達は、当初校長先生のことを充分には
理解できなくても、後になって、素晴らしい、偉大なお方だった事を
知って驚いたことでしょう。
「浦上の旅人」はチャンスがあったら読んでみたいです。
浦上の名前が懐かしいです。それに石の橋。確かに九州には
石の橋が多くありました。確かラジオで聞いた話ですが、本州は
木の橋が多かったのは、戦が多かったから。敵の襲撃を防ぐため
橋を直ぐ壊す必要があったとか・・・昔はやはり大変な時代
でしたね。戦争はこりごりです。
Commented by 小平のモグラ at 2007-11-28 21:43 x
cherryさんコンバンワ!
本日は「小平の見どころを歩く会」でもご一緒できました。
元ハンス・ハンターの蔵はこじんまりしているけど、風情の
ある蔵でしたでしょ。あの蔵のルーツを訪ねてずいぶん
あちこち歩いたのも私にはいい経験でした。

今西祐行さんの『浦上の旅人たち』は津田図書館にも
あるそうです。長崎ご出身のcherryさんには土地勘が
おありになるから、より近親感を感じられるのではない
でしょうか。先日、堀越千秋さんの「スペイン七千一夜」
と「スペインうやむや日記」をネットで購入しました。
これから読みます。
Commented by cheery at 2007-12-01 15:27 x
「浦上の旅人たち」早速津田図書館へ行ってみます。
情報ありがとうございました。感謝です!
実は通った学校が浦上にありました。

昨日はお陰さまで、短い時間に色んな事を学んで来ました。
ワオーキングも皆さまと一緒でとても楽しかったです。


Commented by たまさん at 2011-12-09 13:13 x
はじめまして。
菅井農業小学校のことを調べていて、ブログがみつかったのでコメントさせていただいております。
今年9月から菅井農業小学校のあった場所で体験農園事業「仁の丘農園」を始めています。
菅井農業小学校を利用していた方を探しているのですが、ご存知ですか。
よろしければ、連絡いただけるとうれしいです。
Commented by 小平のモグラ at 2011-12-09 23:17 x
たまさん、コンバンハ!
初めまして。もう4年も前にアップした「菅井農業小学校」
を探し当てられて、コメントを頂き驚いております。
私が故今西祐行先生が実践されておられた菅井農業
小学校を訪ねたのは21年も前のことで、私自身の記憶も
消えかかっており、当時、東京都内から通ってきていた
児童たちの多くも登校拒否など様々な問題を抱えていたので、
個人の名前も住所も明かさないということで、取材をさせて
頂きました。農作業を教えていた地元の方々も当時70代以上
でした。・・・という訳で、残念ですが関係者のことは分かりません。
今西先生と写真家の西村燎子さんが出版された記録「土って
あったかいね=岩崎書店」が何等かの手がかりになりません
でしょうか?「仁の丘農園」のブログを拝見しました。
応援をしております。その内、心当たりがありましたら連絡を
致します。頑張って下さい。
Commented by たまさん at 2011-12-13 09:13 x
お返事ありがとうございます。
縁あって、菅井農業小学校があった場所で、当地の地主であり、農業小学校のお手伝いをされていた方とともに、体験型農園の開設に至りました。
農業小学校の取組みを懐かしく思っている方が多くいらっしゃるのですが、なかなか情報がなく、また、当時を懐かしむ方々にも再生した農園を見ていただきたいと思っている次第です。
また、何か分かりましたら、教えていただければと思います。
ありがとうございました。
Commented by 安田 浩 at 2016-06-02 11:29 x
2016年の連休に「菅井農業小学校」跡を訪れました。農業小学校には2001年に1年ほど通いました。その後、2004年に訪れたときは、跡地はあまり整備されていなく、雑草の生えるにまかせたままでした。ウスバシロチョウが俊敏に飛びまわり、あたかまも野地のようでした。そのときは「菅井農業小学校」の建看はありましたが、現在はなく、標識と立派なベンチとテーブルが置かれていました。丹沢を見上げる景色は10年前と変わらず、山深い独特の山村の風情を残していました。藤野からの直通バスは廃止になってしまったので、藤野-やまなみ温泉でバスを乗り継いで菅井下に行きました。やまなみ温泉-菅井下は平日のみ運行なので注意がいります。いずれにしても、今西先生の志をついで、仁の丘農園が開設されたことは喜ばしいことです。
Commented by love-letter-to at 2016-06-07 20:17
安田 浩 様
コメントを頂いておきながら、返信がおそくなって
しまいました。
今年の大型連休中に菅井農業小学校跡を訪ねられたそうで、
ご報告を有難うございました。
私が訪ねた頃から土地の小学校は児童数が減少しており、
そのためもあって、今西祐行先生は菅井農業小学校を開いて
都会っ子と交流させていたのですが…地方の過疎化は悪化の
一途ですね。地方再生の掛け声も日本全体の少子高齢化で、
歯止めになるどころか…。
私の住む東京郊外の市町村も、シャッターを下ろした商店街
や耕作放棄地も目立ってきました。今西先生が土地のお年寄
りと子供たちにジャガイモを植え付けていた姿が、今も目に
浮かびます。ご報告を有難うございました。お元気で!
Commented by 安田浩 at 2016-06-18 22:43 x
コメントありがとうございます。農業小学校は思い入れのの深いところです。今は亡き次男がとても気に入って居たところです。子供たちはジャガイモ、小麦、シシトウなどの栽培が好きで、作物を育む土の力に感動していました。雑草が生い茂る真夏にも不定期で何度か通い草むしりをしたものです。麦を収穫したときに、すぐに麦にシシトウをいれたことを次男が今西先生に質問すると、虫除けになると明確に答えて下さいました。親子共々農業の知恵を垣間見るところでした。これからも次男が好きだった元菅井農業小学校へはときおり花を手向けにいくつもりです。
by love-letter-to | 2007-11-24 20:57 | レクイェム | Comments(11)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30