忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

街づくりの夢を託した小冊子『街角から』

       ◇ 戸惑う立川駅前の変貌 ◇
10年ひと昔といわれるが、立川駅北口を訪ねるたびに“浦島花子さん”の心境になってしまう。改札口から放射状に伸びたペデストリアンデッキ(歩道橋)を伝って伊勢丹や高島屋、立川シネマシティなどへ直行できるのは便利だが・・・赤坂や六本木と変わらないじゃん!
ここ10年足らずで無機質のスケープになってしまった。
f0137096_22581914.jpg
勤め先のオフィスが立川駅ビル内に移転してからも20年近く通い続けた立川駅。立川駅ビルは昭和57年(1982)オープン当初はWILLと呼ばれ、その9階の西端に私の勤め先のオフィスと併設のギャラリーがあった。

全面ガラス張りのオフィスの窓からは立川駅北口ロータリーが見下ろせ、バスの離発着や通行客が機械仕掛けの小さなおもちゃのように見えた。原稿に行き詰ると、小人国のガリバー気分でロータリーの右往左往に気分転換をはかったものだった。

       ◇ 待ち合わせに利用した『立川ビル画廊』 ◇
在職時代には目の前が立川高島屋でその先はたしか野村證券立川支店で、同証券のロビーと隣り合って『立川ビル画廊』があった。画廊といってもそのビルのエントランスホールの壁面を利用した“通路ギャラリー”であった。
f0137096_2125299.jpg
しかし、バス停で次のバスを待ったり、銀行やデパートの行き帰りに気軽に立ち寄れるだけでなく、待ち合わせ場所としても絶好の『立川ビル画廊』だった。冷暖房完備で無料で時間つぶしができ、座り心地のいい長椅子も置かれていた。

この『立川ビル画廊』がオープンしたのは昭和41年6月。東京オリンピックの翌々年のことで、多摩地区にはまだ画廊らしい画廊が殆どない時代であった。基地の町立川のイメージも拭いきれてなかった。

そんな立川駅前で、ビルのエントランスホールを画廊に利用するという先駆的な発想をしたのは、ビルのオーナー会社社長の故岩崎茂雄さんであった。肩書きに似合わず、詩人でクリムトの絵を愛した“精神貴族”であった。

       ◇ 休む場所のある街に ◇
立川の街づくりに対して岩崎さんは次のように語り、具体的なヴィジョンを描いていた。
「立川の街で一番欠けているのは腰掛ける場所だと言われています。ショッピングに立川に来ても、ゆっくり休む場所がないという不満が調査結果にも表れています。休む場所のある街とは緑陰のある街角、人間的な触れ合いのある街だと思います」。
f0137096_21282745.jpg
岩崎さんが訪ねた欧米各国で心に残っているのは、テラスで珈琲を飲みながら町行く人を眺めたり、木陰のベンチでひと時を過ごせた街であったという。

岩崎さんが素晴しいのは口で言うだけでなく、自社ビルでそのヴィジョンを実践したことだろう。その手始めが『立川ビル画廊』で、多摩地区在住の作家や美術団体、絵画・彫刻・工芸サークルの作品展が次々に開かれ、発表の機会を得た。これらの作品展を通してどれだけ多くの人と人の出会いや触れ合いの場を演出してきたことだろう。

       ◇ 画廊開設10周年記念誌として ◇
立川ビル画廊』がオープンして10年。その記念誌として小冊子『街角から』が発刊された。大沢昌助画伯のコンテンポラリーな女性像を表紙にした斬新な随想集で、寄稿者の絵やイラストもふんだんに使われている新書版サイズの小冊子である。

岩崎さんの話では当初は画廊十年誌としてまとめるつもりだったが、次第に構想がふくらんで、画廊を包み込んだ街の理想像をこの小冊子に託して『街角から』のタイトルにしたそうだ。寄稿者たちの街に寄せる思いが行間にあふれている。
f0137096_2134249.jpg

       ◇ 岩崎コレクションに囲まれて至福の時間を ◇
「もし、時間があったら、おしゃべりに来ませんか」。この小冊子がきっかけで岩崎さんから時々声がかかり、岩崎さんの社長室を訪ねた私は、壁面の絵画コレクションに上気しながら夢のような時間を過ごした。岩崎さんはもっぱら聞き役で、私のとりとめのない話に耳を傾けてくれた。

その後1983年には『立川ビル画廊』の北側に、洒落たティーサロン『アルビヨン』とケーキショップ『エミリーフローゲ』、アートサロン『四季』も開設された。それらのオーナーも岩崎さんで、手狭な路地裏の一角にホッとするような小さな緑陰が設けられていた。
f0137096_21371459.jpg
西脇順三郎やボードレールの詩を暗誦していた“永遠の二枚目”だった岩崎さんは、1993年、国立駅前に『コートギャラリー』も開設した。コート(中庭)をはさんで南北に2室の展示スペースがあるモダンでゆとりのあるギャラリーだったが、何故国立に?

立川駅北口の再開発で『立川ビル画廊』も『アルビヨン』などのエリアも消えてしまうことになっているからとのことだった。ビルのオーナー社長といえども大型再開発のプロジェクトには抗し切れない挫折感を持っているのだと、その時知った。

そう言えば、「小企業といえどもトップは孤独なもんです。社員とは個人的に話すことも難しい。決断は下さなければならない」と、口にされたことがあった。私レベルではない憂愁が岩崎さんの顔の彫りを深くしていたのかもしれない。

小冊子『街角から』は3年おきぐらいに6巻まで岩崎さんのポケットマネーで刊行されたが、2003年5月、岩崎さんは急ぎ足で他界されてしまった。81歳とのことだったが青年の心のまま逝かれたように思う。昨今の行財政界リーダーたちの品性を欠く報道を見聞きするたびに、岩崎さんの澄んだ瞳が懐かしくなる。
f0137096_21445970.jpg

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0137096_22352773.jpg
この歌は明治39年牧水22歳の学生のとき、奥多摩へ行く途中に立川に立ち寄ったときに詠んだとのこと。歌碑は立川市制10年を記念し昭和25年に建てられたもので、碑面の文字は喜志子夫人による。
[PR]
by love-letter-to | 2008-01-27 21:47 | レクイェム | Comments(8)
Commented by おくさま at 2008-01-30 00:29 x
No1
モグラさん
本当に立川は、変わりましたね。
前は、山梨から母が来ると言えば「立川北口の電話BOXの所ネ」と
言って車で待って居れば、母が手を振りながら、階段降りて来て
車に乗り込めたのに・・・・・・・・
今は母は居ないが、叔母達が来るので、迎える時でも、
駐車場に入れて改札口迄迎えに行かなくてはならない・・・・・
車はロータリーには入れないし・・・・・待ち合わせ場所も困ります。
携帯電話で「何処?何処?・・・・・・・」と言いながら、探し合う事が
多い昨今ですね!
確かに奇麗になり、便利にはなったのでしょうが・・・・・・・
≪駅中≫とやらの店もあり、お土産もそこで買えば用が足りる。

続く
Commented by おくさま at 2008-01-30 00:30 x
No2
続き
モグラさんが、立川の変貌振りを纏められた記事を読み懐かしく思い出します。
又先日武蔵野美術大学の卒業制作展を見に行き、画廊の必要性を
感じました。  若い芸術家達は、発表の場がないのでしょう。
岩崎さんのような方がいらっつしゃって下さると嬉しいですね。
お金も掛かるし・・・・・1人前になるのは、大変!!!!
でも美大生の感性に感心しました。
従姉妹の娘の作品が、私のブログに書きましたように、我が家に
今あります。
是非鑑賞しにいらっしゃって下さい。
お待ちしています。
Commented by 小平のモグラ at 2008-01-30 09:56 x
おくさま、お早うございます!今朝は久しぶりに太陽が
キラキラして気分も弾んできました。

立川駅の変貌ぶりに戸惑うのは私だけではなかったの
ですね。駅前ロータリーはデッキの下で昼間も薄暗く、
シンボルだった若山牧水の歌碑も隅っこに追いやられて、
探すのに苦労しました。便利さの裏で歴史や文化がない
がしろにされているのも、今回つくづく感じました。

ところで、お身内の武蔵野美大生の作品をはじめ
卒業制作作品は、発想の斬新さと冒険に若さが
みなぎり、眩しいくらい。

小平市内の小川分水堤にも武蔵野美大生の作品が
設置されていますが、それらも発表展示の場がない
学生たちのために市が買い上げて設置したものです。
当時、公園緑地課にアートに理解のある担当者がいた
からです。心ある人の存在って大事ですね。
お宅に飾ってある若きアーティストの作品を、機会があり
ましたら拝見させて下さい。『皿の上の花梨』など我が家
のコレクションもいずれ見にいらして下さい。

Commented by cheery at 2008-01-30 21:45 x
モグラさん こんばんは
立川の変貌振り、確かに昔を知ってるものには驚きです。
昭和34年の冬、上京して東京駅から中央線で真っ直ぐ
立川駅に連れて行かれたこと、懐かしく想い出します。駅は
小さな窓が一つの交番のような田舎の駅だったような記憶です。
道路も舗装されてなくて雨の日は惨めでした。
先日、久し振りに出かけましたら、全く都心と変わらない・・・。
本当に私も驚きました。昔のことが懐かしく思い出されました。
魅力的な岩崎茂雄さんのこと、お写真からも想像出来ます。
素敵な想い出がモグラさんの宝ですね。 宝物の引き出しを開けて
見せて頂いた気がします。うれしかったです。
Commented by cheery at 2008-01-30 21:52 x
モグラさん
今日は「・・・を歩く会」にお見えになると楽しみにしてましたが、
予定がおありでしたのね~。次回は是非お会いしたいです。
Commented by 小平のモグラ at 2008-01-31 12:14 x
cherryさんお早うございます!
夜明けが大分早くなってきたのに、小平のモグラは
ベッドの中で「もう5分、あと2~3分…」とグズグズ。
朝起きるのがつらくて昨日の『小平の見どころを歩く会』
はお休みしてしまいました。とても好きなコースなのに。

でも、薬用植物園で早春の花を確かめたくて、直接同園
に11時過ぎに出掛けました。皆さんとお会いできるかな…
と期待していたのですが、そうは問屋が卸しませんね。

でも、立川通りをはさんでお会いできました。あれから上水
堤を桜橋まで歩いて猫柳やヤブコウジの赤い実に出会い
ました。

立川駅北口の変貌で一番悲しかったのは、若山牧水が
立川に立ち寄った時に詠んだ歌の歌碑が、薄暗いデッキ
の橋脚の足元に追いやられて見向きもされなくなったこと
です。次回、立川へ出掛けた時に、その画像を撮って追記
したいと思っております。かつて歌碑のあった植え込み付近
の写真も探し出したいと知恵をしぼっております。
Commented by okufuu at 2008-02-01 12:16
モグラさん
こんにちは!立川は確かに見間違えるほど素敵になりましたね。
とはいっても私は昔はあまり立川には行かない方でお使いと言えば西武線で新宿に出てしまうくらいでしたので、でも最近は娘と映画に行ったり時々立川には行きます。
でも良く立川をご存じのモグラさんのおっしゃっていられるように、
便利になった陰で若山牧水の歌碑が薄暗いデッキの橋脚に追いやられてしまうようなこともあり寂しいことですね。
モグラさんの素敵な思い出がいっぱいある立川を私も段々知り
好きになっていきたいで~す。

Commented by 小平のモグラ at 2008-02-01 21:00 x
ふうさんコンバンワ!このところの寒さに『小平の見どころを
歩く会』もお休みして冬眠状態のモグラですが、ふうさんは
大オフ会でもヒールの高いパンプスを履いておられて、お若い
なあと、羨ましくなりました。

立川駅は新宿以西で利用者数ナンバー1で、吉祥寺を
抜いたそうです。かつての立川駅前もゴチャゴチャとして
決して素敵なターミナル駅ではありませんでしたが、
北口ロータリーには小さな植え込みがあって、その下に
「旅にて詠める
 立川の驛の古茶屋 さくら樹のもみぢの かけに見送りし子よ」
と刻まれた若山牧水の歌碑が、シンボルでした。如何にも
ひなびた駅前の風景が浮かんでくる歌ですよね。
高さ1.8メートルほどもある見事な歌碑がデッキの脚の
陰に追いやられているのを見ると、文化の貧困を感じて
しまい残念です。国立駅も赤い三角屋根の駅舎が消え
てしまいました。画一的な駅ばかりになってしまい
ますね。その点、青梅街道駅はかわいくて…。ローカル
な私鉄沿線駅らしいですね。