忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

2012年 05月 20日 ( 1 )

道草フォト575 その138 遊びをせむとや

f0137096_22491142.jpg
   そろそろ玉川上水堤にも卯の花ことウツギ(空木)が咲いて、むせ返っているので
   はないかと昨日、一位橋付近を訪ねてみましたが、まだ蕾ばかりでした。例年より
   1週間ぐらい遅れているようです。同じウツギの仲間でもマルバウツギの方は例年
   通りGW 明けぐらいから開花して、エゴノキの花もピークを越しているのに…卯の
   花は遅れており、花によって差が生じています。
f0137096_22531798.jpg
   お目当てのウツギに出会えなくてがっかりして帰る道々で、オニタビラコがとても
   愛らしくて思わずパチリ!1センチ前後のタンポポに似た頭花は、ニコニコバッヂ
   みたいでした。「遊びをせむとや生まれけむ」と言った風情で。
f0137096_2256390.jpg
   田畑の畔などに引っ付くように根生葉を広げていることから、田平子と呼ばれ、鬼
   が付くのは 除草が追いつかないほど厄介な野草だったからでしょう。ほっそりした
   花茎に小さな花を次々に開花させた後は、タンポポ同様に冠毛をつけた種子が風
   に乗って飛散します。仲間に小鬼田平子、藪田平子も。

f0137096_22582081.jpg
   茜屋橋近くの空き地ではタンポポがみんな綿毛となって…。 旺盛な繁殖力は少子
   化とは無縁の植物のようですが、近く建設工事が始まるようでした。

f0137096_231053.jpg
   繁茂してきた下草の間にはタンポポに似ているけど、花も茎もなよなよとして優しく
   微笑んでいたのはジシバリ(地縛り)。地を這って細い茎を四方に伸ばし、その節ご
   とに根をおろし地を縛るほどに殖えるそうです。一時減少していましたが、近年は持
   ち直してきているようです。

f0137096_0191661.jpg
   フェンスの足元にはイヌカキネガラシも、菜の花に似た4弁の花を咲かせていました。
   辛子菜に似ているけど食用にはならず、垣根になるほど繁茂する犬垣根辛子は役立
   たずの代名詞のような存在ですが、それでも花を咲かせ 実を結んで、いじらしく次世
   代に備えています。
f0137096_2311141.jpg
   ハルジョオンには紅シジミ蝶がリボンのように止まっていました。
   今回は雑草とされる類の野草ばかり撮ってみました。ごく最近、知人からのメールで
   仕入れたのですが、“命短し、遊べや婆さん”というキャッチフレーズが、シニア層の
   女性の間でモテモテだとか。文字通り「遊べ!」というよりも、「老いても遊び心を大切
   に」と、私は捉えているのですが、皆様は如何?
f0137096_2312496.jpg
      上は今日会食した無門庵(立川市)で。
[PR]
by love-letter-to | 2012-05-20 23:23 | 道草フォト575 | Comments(0)