忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 06日 ( 1 )

折々通信No.105 七十二年目の朝

f0137096_21554202.jpg
              百日紅核なき世を祈る朝     
     八月最初の日曜日の今日は、広島原爆忌。朝8時から平和記念式典・慰
     
霊祭が始まりました。被爆体験を語れる語り部の高齢化が進み、平均
     
年齢は82歳。私の生まれ故郷は瀬戸内海を挟んだ広島市の対岸にあ
     
りました。祖父の診療所の入院患者病棟にも、広島で被災した一家が
     
転居してきており、地獄のような現状を聞かされました。

     母親と子ども3人で逃げ延びてきたそうです。当時6歳だった私が夜、

     眠れないくらい怖い話ばかりでした。

     炎天下にも赤々と咲いている百日紅と夾竹桃を見るたびに、戦中戦

     後の記憶と原爆の恐怖が結びついて、トラウマになっている気がしま

     す。現在、核爆弾は1発で当時の1200倍の威力を持つそうです。

f0137096_21591326.jpg
        また不快な日が戻ってきました。借りた本を返しがてら小川1丁目の「彫
    刻の
谷緑道」へ。百日紅の大木が立川街道に向かって枝を張り、沢山の
    花房を。    

f0137096_22012467.jpg
      小川用水沿いに設けられたウッドデッキに降りてみると、水辺の草木と
    せせらぎ効果で、天然クーラーに。やはり水と緑の力は素晴らしい!

    武蔵野美大生の卒業制作だという彫刻作品が、お地蔵さんみたい。

    その題名もZIZOだとか。

f0137096_22285362.jpg

    角度を変えて撮ってみると、モダンアートのお地蔵さんでした。この「彫

    刻の谷緑道」には12の作品が設置してあるそうですが、このZIZOが一

    番分かりやすくて親しみが感じられました。各作品に題名ができれば作

    者名も付けて欲しいです。

f0137096_22311045.jpg

    少し足を伸ばして、「森田オープンガーデン」にも立ち寄ってみました。
    
手打ち蕎麦・うどんの「松根」が閉店して1年。松根典子さんの打ったお
    
蕎麦やうどんが絶品だっただけに、寂しく物足りない気がしますが、
    
ガーデンオーナーの森田光江さんは、「9月3日のNHKBSで放映される
    
から、見てね」と、相変わらず元気で水遣り中でした。

f0137096_22345425.jpg

    ルドベキアやレースフラワー、鬼百合、モミジアオイ、向日葵など夏の花

    で、ガーデンのジャングル状態も魅力です。

f0137096_22362821.jpg

    最近のガーデニングではワイルドフラワーで、ナチュラルに見せるのが

    人気だとか。

f0137096_22374702.jpg

    ブルーベリーやカボチャも、森田ガーデン産。遠くに出かけなくても、旅

    気分に。明日は立秋、赤とんぼにも出会いました。

f0137096_22393330.jpg


[PR]
by love-letter-to | 2017-08-06 22:40 | 折々通信 | Comments(0)