忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 15日 ( 1 )

折々通信No.115 木犀雨

f0137096_20141491.jpg

       金木犀雨降りやまず散りぬるを
  10月も半ばを迎え、第三日曜日の今日も雨に。今日で3日降り続いて、42
  目の小平市民まつりも、雨降りやまぬまま鼓笛隊やよさこいダンスパレー 
  ド、
民謡流し踊りなどが行われていました。薄日は射しているものの、雨は上
  が
らなくて、無情の雨に。しかも寒くて。

  数日前から我が家の門前は、金木犀の落花で朱赤に染まっております。40
  年
前、移り住んだ時に小平市民まつりの会場で買った苗木が、2階の軒先に
  届く
ほどの高さになり、葉は密集して、幹回りはかなり肥満体に。

  朝、雨戸を繰るとき、微かな芳香に開花を知らされます。葉の茂みを覗いて
  見
ると、小さな橙色の花の房が葉陰に。今秋は花付きが少な目でしたが、落
  花が
始まると、その多さにも驚かされて…。

f0137096_20223443.jpg
  金木犀は中国南部原産で日本には江戸時代に渡来。中国では正しくは丹
  桂。
一般的には桂花と呼ばれることが多いそうで、墨絵のような景観で知
  られる
桂林付近が桂花・金木犀の原産地。

  トイレの芳香剤の香りがして嫌いという人もいますが、道々で金木犀の香り
  に
出会うと、心身がやすらぎます。そして金木犀を植えている家や公園が
  多く、
この時期は寄り道や街歩きが楽しいのですが、雨続きで残念!

f0137096_20301885.jpg
   街中に甘い香りを漂わせている金木犀ですが、雌雄異株で、雄花株しか導
  入されてない日本では、実を結ぶ金木犀がないとか。実を結ばずに地に還
  り
行く小さな4弁の朱赤の花に、今宵も雨が追い打ちをかけています。

  明日は天気にな~れ!

f0137096_20324232.jpg

  この長雨の前日は、東京でも真夏日に近い暑い一日でした。国分寺駅ビル

  に近い都立殿ヶ谷戸庭園へ立ち寄ってみました。「まだ萩のトンネルをくぐ

  れるかしら」と期待していたのですが、ハギはもう散り去っていました。

  でも、このところ玉川上水堤で見逃しているキチジョウソウ(吉祥草)が、

  竹林近くの茂みに開花。ユリ科の花で、この花が咲くと吉事があるとか、吉

  事の前ぶれに咲くという言い伝えがあります。吉祥草に出会ったのも吉事

  でしょうか。

f0137096_20342903.jpg

  スケッチに訪れた水彩画グループが、国分寺崖線の傾斜と湧水を活かした

  元岩崎別邸の景観と向き合っていました。その姿も絵になる風景でした。

f0137096_20354046.jpg




[PR]
by love-letter-to | 2017-10-15 20:37 | 折々通信 | Comments(0)