忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:折々通信( 98 )

折々通信No.98 谷戸の菖蒲園

f0137096_19521167.jpg

            一望に谷戸の自然と花菖蒲

    6月第3日曜日の今日は「父の日」。午後3時過ぎから梅雨どき本来の雨

    天になりました。気温も低めで肌寒いくらいの一日でした。

    先週半ば、梅雨がずる休みしている最中に、これ幸いと青梅市の「吹上
    し
ょうぶ公園」を訪ねてみました。20年余り前だったか、霞丘陵の一角の
    谷
戸地に菖蒲田が設けられた当時は、株数も少なく侘しくて、早々に引
    き上
げましたが、現在は谷合の扇状地2.1㌶に240種、約3200株が見頃
    を迎
えて賑わっていました。里山と一体化した景観が何とも素晴らしい!

f0137096_19531301.jpg

    ハナショウブ(花菖蒲』は、自生していたノハナショウブ(原種)をもとに、
    品種改良が行われて、今では2,000
種類を超える品種が育種されてい

    るそうです。内花被片と外花被片からなる姿は日本情緒たっぷり。白か

    ら薄紫、紫、青紫、赤紫系とその濃淡など色合いも多種多様で…。

f0137096_19542143.jpg
    日本で花菖蒲の栽培が盛んになったのは江戸期。特に、幕末の頃には諸

    大名達が栽培を好み、庶民の関心も高まったそうです。優れた育種家に

    より栽培や品種改良が盛んに行われて今日に。

    ことに江戸系は多種多様で、江戸の粋を。淡い赤紫色の「三筋の糸」は、

    外花被片に面相筆で描いたような極細の筋が入り、粋筋の女性好みの

    着物柄みたい。花弁の付け根に黄色を覗かせて。

f0137096_19573014.jpg
     内花被片が赤紫で外花被片が白地で清楚な江戸系の「小町娘」

f0137096_19582334.jpg
     外花被片の縁取りがフリル状になっている江戸系の「銀の花」。

f0137096_19591713.jpg
     花菖蒲にしては珍しいピンク色の肥後系「京丸桜」。肥後系は花が大きく
    ぼってり。今、太目でモテモテの女性タレントみたい。傍らの熟年カップル

    の女性が「私が太目だから、ほっそりした菖蒲が好き」と、連れ合いにさ

    さやいていました。

f0137096_20044026.jpg
    野生種の「陸奥の薄紅」はほっそり。こんな原種系から多種多様な花菖
    蒲が誕生したのですね。

  

f0137096_20052066.jpg
      アメリカで品種改良された品種もあり、「ステップルーリップル」は、紫
    色の縁取りが楚々として、クール美人でした。

    しおれてきた花はまめに摘むなど、とても手入れの行き届いた園内で、

    谷戸を吹き抜けてくる風とせせらぎの音にも癒されました。

f0137096_20062942.jpg
     今月25日まで「吹上花しょうぶまつり」が開かれ、期間中はテント張
     の
お休み処も設けられ、おいなりさんや串団子、新じゃがの味噌垂れなど

    軽食とかき氷、ラムネ、ジュース、青梅の銘菓名産の売店も。入園料200円。

    東青梅駅から徒歩15分、河辺駅からバスの便も。

f0137096_20265426.jpg






[PR]
by love-letter-to | 2017-06-18 20:07 | 折々通信 | Comments(1)

折々通信No.97 梅雨どきの上水堤で

f0137096_18594864.jpg

それぞれに花の盛りを梅雨晴れ間

6月第2日曜日の今日。梅雨入りが伝えられたものの、小平市周辺は雨

らしい雨が降らないままの一週間を。

真夏日の気温を記録した昨日に比べて、比較的過ごしやすく、上水堤で

はオカトラノオ(丘虎の尾)に続いて、ノカンゾウ(野萱草)が咲き始めて

武蔵野の風情を。ノカンゾウは別名・忘れ草。憂きことも忘れさせてくれ

る花だとか。

f0137096_19015423.jpg

白い花穂が弧を描いて咲く姿が虎の尾に見立てられ、その名前がついた

というオカトラノオ。多数の白い小花を付け根から開花させ、その先端部

は深く垂れ、一様に同じ方向を向いて、風に揺れるシーンには惚れ惚れし

ます。草丈70センチ前後、サクラソウ科の一年草。

f0137096_19045822.jpg

商大橋~桜橋にかけて上水右岸の日当たりのいい堤に群生しており、花

穂の細長い優美な種と太目で短い種のゾーンがあり、近隣では希少な

群生地です。大切に見守りたいです。

f0137096_19055240.jpg

今年は見逃したかしらと、残念に思っていたホタルブクロに桜橋下流の

一隅で出会いました。赤紫色の釣鐘型の花をつけた株が4~5本あって、

恋人に出会ったようにドキドキ。

その昔、子どもたちが花の中に蛍を入れて遊んでいたことから、ホタル

ブクロ(蛍袋)の名前で呼ばれるようになったとか。提灯花の別名もあり、

自然豊かな時代を偲ばせてくれます。数年前までは、上水堤でもあちこ

ちで出会いましたが、株数は減少しているよう。

f0137096_19065862.jpg

エッー!もうこんな姿になったの?と驚いたのはノアザミの群れ。一位

橋~桜橋にかけて、今月早々に訪ねた時は、10数本のノアザミ(野薊)

鮮明な赤紫色の頭花を開花させ、辺りの景観を牧歌的にさせていました。

その1週間後に再訪したら一輪が咲き終えて、もう綿毛となって飛散しか

けていました。

f0137096_19083875.jpg

上水堤には5~6月に開花するノアザミと、晩夏から秋にかけて咲くノハ

ラアザミ(野原薊)が自生しております。ノアザミは一本の茎に一つの頭

花をつけ、ノハラアザミは茎が何本にも枝分かれして、それぞれに頭花

をつけて、晩秋まで咲き続けていることも。

ノアザミもノハラアザミもキク科で、針状の花びらの一本一本が一つの

花。それぞれが綿毛状になり根元に種を蓄え、飛散していきます。

f0137096_19094223.jpg

上水堤の木立の下の日陰部分では、梅雨どきの花・ドクダミが繁茂して

白い十字の花を無数につけていました。

我が家にはドクダミの八重咲きがあり、一重とは全く違う優雅さを。一重
も八重も白い花弁に見えるのは芳です。

f0137096_19275992.jpg






[PR]
by love-letter-to | 2017-06-11 19:10 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.96 梅雨の気配を

f0137096_22055548.jpg
           堀割りに鶯神楽の実紅く

    6月最初の日曜日。上水堤の木々は、もう真緑から深緑になり、サンス
    クリーン効果を実感できる候に。梅雨入り前の堤にはム
ラサキシキブ
    のピンクの小花や水晶細工のようなノビルの花、
アジサイも日々色づ
    いて、ウォーキングの目を楽しませてくれ
ます。
    先月は7月並みの夏日が続きましたが、ここ数日は朝夕
はひんやり。
    上水木立の葉陰にウグイスカグラ(
鶯神楽)の実
が真っ赤に熟れて…。

f0137096_22121210.jpg

    春先に、ラッパ型のピンクの小花を群がり咲かせていたウグイスカグラ。
    この紅い実は鶯の大好物だそうで、実から実へ
まるで神楽でも舞うよう
    に鶯が飛び交うことから、鶯神楽の
名前がつけられたそうです。
    上水堤で今春も鶯の声を何度
か耳にしましたが、4~5年前から比べると
    激減しているので
はないでしょうか。淋しくなりました。

f0137096_22140270.jpg

    淡いピンクの小さな花なので、目に留まりにくいけれど、ムラサキシキブ
    の花が堤のあちこちで真っ盛り。花径5㍉前後の
愛らしい花が1030
    房咲きになっています。

    秋が深まるにつれて、その実は艶やかな紫色の小粒の玉に。高貴さを感
    じさせることから、『源氏物語』の作者として、才女としても名高い紫式部
    の
紫式部の名を冠せられたそうです。

f0137096_22161991.jpg

    ムラサキシキブはクマツヅラ科の落葉低木ですが、商大橋の南詰めには、
    沢山の花房をつけた木も。庭木として植えられて
いるのは、ほとんどが園
    芸種のコシキブだといわれています。

f0137096_22180618.jpg

    商大橋~桜橋にかけて日当たりのいい南岸沿いを歩くと、繁茂した草地
    から細い花茎を伸ばしたノビルが花を咲かせてい
ます。
    ニラ臭の強いノビルから、想像できない水晶細工のよう
な繊細な花を。

f0137096_22193859.jpg

    花茎の頂部に焦げ茶色の粒々(ムカゴ)を付け、その回りから細長い花柄を
    伸ばして、星形の透き通った花を開花。その造形の
見事さと、ちょっととぼ
    けたような姿が魅力的です。

f0137096_22220804.jpg

    目下、下草の中で目立つのはヤブジラミ(薮虱)でしょう。名前とは違って
    小米のような白い花房は、繊細なレースのよう。

    その花が散り秋を迎えると、虱にそっくりの実をつけます。褐色になった卵
    型の実には刺状の毛が密生しており、一見丸く太っ
たシラミにそっくりです。

f0137096_22230924.jpg

    刺状の毛の先端はカギ状に曲がって動物の毛や衣服にくっつきやすくなって
    おり、付着するとお手上げです。くっついて離れな
い。そうして増殖するので、
    辺り一面ヤブジラミになってしまうので、耕作地にとっては迷惑な雑草の類
    ですが…。

f0137096_23344706.jpg

     




[PR]
by love-letter-to | 2017-06-04 22:24 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.95 うつぎ咲く堤で

f0137096_18261295.jpg
       うつぎ咲く波打ちながら咽(むせ)ながら 

    5月も最終の日曜日になりました。大型連休明け頃から夏日

    が続いて、玉川上水堤の草木の花も駆け足で開花。

    数日後には開花するだろうなァと気にしつつ、バラめぐりな

    どしている間にエゴノキの花もクマミズキ、ナンジャモンジャ

    とも呼ばれるイヌザクラも、見頃を逃してしまいました。

    開花のサイクルが狂って、追いついていけないこの頃ですが、

    数日前、上水堤にただ一本植わっているヤマボウシ(山法師)

    を訪ねたら、一位橋付近で本種のウツギ(別名:卯の花)が真っ

    盛りでした。

f0137096_18292742.jpg
    純白の小花をたわわにつけた花房が風に任せて大波小波。

    「卯の花匂う垣根に…」と唱歌に謳われているような香りは

    ないのですが、近づくと咽るような匂いに包まれます。

f0137096_18311505.jpg
    玉川上水堤の商大橋~桜橋にかけて、新堀用水際にウツギと

    桑の木が多く残っているのは、水車や洗い場跡と関わりがあ

    るのかもしれません。どちらも暮らしと結びついている樹木で

    すから。古くからの土地の人の話では、桜橋上流に清水水車が

    あったそうです。桑の実も熟れはじめて…。

f0137096_18323010.jpg
    豆ランプのようなエゴノキの花は殆ど落花していましたが、茂

    った枝葉の間に数輪ずつ留まっていて、見納めを。例年なら数

    千、数万の豆ランプに出会う時期なのに。

f0137096_18342143.jpg
    「たしか平櫛田中彫刻館の生垣の辺り…」と、お目当てのヤマ

    ボウシの花を探したのですが、それらしき花も樹も見当たりま

    せん。商大橋~一位橋辺りの新堀用水際を行ったり来たりして

    みたのに、かなりの老大木のヤマボウシの姿がありません。

    十数年来、毎年楽しみにしてきたヤマボウシが消えてしまった

    衝撃で、いよいよ認知症かしら…そんな思いに駆られながら

    堤をつぶさに探索してみると、朽ちた切り株が目に入りました。
    直径50~60㌢、枯死したのか倒木の危険から伐採されたのか?
    玉川上水流域で唯一本のヤマボウシが姿を消してしまいました。
    
 

f0137096_18394798.jpg
    上の画像は昨年撮ったものです。庭木や街路樹として植栽されて
    いるヤマボウシとハナミズキのハーフみたいな花を。
f0137096_18405841.jpg
     このヤマボウシは自生していたとも、近隣の住民が植えたとも伝
     えられ、どちらとも決めつけがたい存在でした。ファンも少なく
     なく、名物的存在でした。せめてひこばえ(孫生え)でも残せなか
     ったのかしら・・・?

f0137096_18421927.jpg

     ヤマボウシの近くでスイカズラ(吸い葛、忍冬)の銀(白)と金(黄)の
     ツーショットが撮れました。
     咲き始めは銀で、時間が経つにつれ金色に変わる一日花。
     甘い香りがヤマボウシの切り株の近く辺りにも漂っていました。  
     しかし、新規Exciteブログの作成投稿には悩まされます。
   
    

   


    

   






[PR]
by love-letter-to | 2017-05-28 18:49 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.94 バラ香る庭先で

f0137096_22521974.jpg
         薔薇に酔ひダージリンティをもう一杯 

    まだ初夏なのに、5月第3日曜日の今日、東日本を中心に全国

    各地で今年の最高気温になりました。館林市では35℃を超す

    猛暑日ですって!地球の回転軸が狂ったのかしら?

    数日前、知人から教わって国分寺市内、恋ヶ窪駅近くにあるバ

    ラ屋敷を訪ねました。個人宅ですが、MyGardenと称してバラの

    季節だけ公開されています。テラスや庭先のガーデンパラソル

    の下で、コーヒー紅茶にシフォンケーキなども楽しめます。

f0137096_22533532.jpg
    恋ヶ窪駅から国分寺市役所方面へ徒歩2~3分、最初の路地を入

    った辺りからバラの香りが漂って、個人宅のバラ園ではかなりの

    規模です。地植え、鉢植え、バラ垣やアーチ、トーテムポールなど、

    数えたことが無いそうですが200株くらいあるかしら?

    この家の奥さまが10年ほど前から一人で育ててきたそうです。

f0137096_22560832.jpg
    奥さまの知り合いだという女性によると、バラの栽培や剪定など

    の講習会に熱心に通われ、近隣のバラ園にもまめに足を運んでい

    たそうです。直接お話をしたかったのですが、期間中に開いている

    ローズ・カフェの応対に忙しくしておられたので、遠慮しました。

    花の色や姿から、手をかけておられるのが伝わってきました。

f0137096_22573584.jpg
    住まいの壁面にデザインされたウェルカムコーナー。ピーターラ

    ビットやエンゼル、眠り猫などガーデニングオーナメントの使い方

    にもセンスが!

f0137096_22585112.jpg
     テラスやウッドデッキ、庭先に設けられたローズ・カフェでは、コー

     ヒー、紅茶が300(各アイスは350)、カフェラテ400円、ジ

     ュース450円、シフォンケーキ400円で。

    バラの香りに包まれながら飲んだコーヒーは格別でした。

    6月9日まで9:30~17:30公開中。雨の日は休み。

      国分寺市戸倉1-2-21 清水邸

f0137096_00074432.jpg


[PR]
by love-letter-to | 2017-05-21 20:32 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.93 母の日に

f0137096_11070843.jpg

        母の日はモノよりも感謝の言葉を

    5月第二日曜日の今日は「母の日」。母の日を前にして実施された

    あるアンケート調査によると、母親たちはモノを貰うよりも、感謝の

    言葉や共に過ごす時間が一番嬉しいとの結果でした。

    15年ほど前、86歳で逝った母も花や衣類、好物をプレゼントする

    より、毎週の定時電話や手紙を喜んでいたように思います。

    息子夫婦から貰う立場になった現在、毎年、私の趣向や日常に備え

    たギフトを届けてくれ、共に食事をするのを楽しみにしています。

    今日は竹の子とグリーンアスパラを使った五目ずしが好評でした。

f0137096_02041577.jpg

     5月半ばを迎え、上水堤も滴る緑に卯の花(ウツギ)が咲き始めま

     した。行き交う人々にお辞儀をしているように揺れて…。「卯の花

     匂う垣根に…」と、唱歌に歌われているウツギの仲間のマルバウ

     ツギは、散房状につけている花の直径1520ミリぐらい。5枚の

     花弁を星型に開き、黄橙色の花芯部分が鮮やかです。



f0137096_02054075.jpg
ガクアジサイ(額紫陽花)に似たガクウツギ
(額ウツギ)も真っ盛り

       です。年々殖えているように見えます。ウツギと名がつき、茎や葉

       も似ていますが、ウツギとは類縁関係がないそうです。

       故牧野富太郎博士によると、ガクの名の由来はガクアジサイの省

       略で、分類学的にはアジサイの仲間でだそうで、紛らわしい。同属

       種にヤマアジサイ、コアジサイが。津田塾キャンパス南側の堤にコ

       アジサイも数株ありましたが、壁面の崩落で消えてしまいました

f0137096_02070746.jpg


      緑の匂いというか青臭さが漂う上水堤で、甘く優しい香りが漂って
      きました。何かしら?目を凝らすと、スイカズラ(
忍冬)が葉陰に、長い
      嘴をパックリ開いたような姿の白い花が、ペアで並んで咲いていま
      した。スイカズラ(吸蔓)でした。

      朝開いた直後は純白で、時間が経つにつれ黄色くなり、夕方にはし
      ぼんでしまう一日花。白を銀、黄色を金に見立てて、金
銀花とも呼ば
      れます。和名は吸蔓、冬にも葉が落ちないことから
忍冬(にんどう)
      も。蔓性の常緑樹です。

f0137096_02091994.jpg

     上水沿いでも“オレンジ侵略者”と呼ばれるナガミヒナゲシ(長実雛
     罌粟)の群落が目立ってきました。シャーベットトーンのオレンジ色が
     魅力的ですが、繁殖力が旺盛で、開花後にたちまち結実して、カプ
     セルセル状の実の中に何と1000~2000個もの微粒の種子を蓄え
     ており、せっせと飛散させるそうです。
     空き地一面がオレンジ色に染まるほど繁殖しているのも見かけます。

     群生していると、とてもきれいですが、自生野草や作物にも悪影響を
     及ぼす報告が次々。対策に乗り出す自治体も。

f0137096_02174083.jpg





[PR]
by love-letter-to | 2017-05-14 22:19 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.92 風も緑に

f0137096_18274644.jpg
         風薫りエメラルド色に包まれて 

     5月最初の日曜日。大型連休も今日で終わりますね。連休中、北海道

     北見市などでは31℃を超す真夏日を記録したそうですが、全国的に

     天候の激しい崩れもなく、行楽には絶好の連休でした。

     毎日サンデー族の私は人ごみを避けて、都の薬用植物園など近隣を

     ブラブラテクテク。園内の藤も満開で、撮影する人やベンチで語らう

     姿を避けてカメラを向けると、立川市のごみ焼却場の煙突が藤棚と

     エメラルドグリーンの額縁に納まって、印象派の絵のようで…。

f0137096_18310829.jpg
     藤棚の下ではモチツツジも満開!モチツツジの名は、葉や萼など
     に腺毛があって ネバネバする事に由来するそうです。淡いピンクの
     可憐な
ツツジでした。

f0137096_18321689.jpg
    「あへん法」や「麻薬及び向精神薬取締法」により栽培禁止されて
     いるケシ(ソムニフェルム種)やアツミケシなど、栽培試験区の公開が
     始まっていましたが、訪ねた日はまだチラホラ程度で残念!
今月19
     まで公開され
るそうです。     
         
f0137096_18341164.jpg
    同じケシ科でもヒナゲシやアイスランドポピー、紋付きヒナゲシ、
    花菱草は満開で、五月の風に群舞していました。真っ赤な花びらに黒
    い紋様のあ
る紋付きヒナゲシは、栽培禁止種のアツミケシに一見似
    ており、素人には
判別でき にくいけど、園芸店ではピエロと呼ばれ、レ
    ディーバード・
ポピー(テントウムシ) の愛称も。
f0137096_18383384.jpg
     玉川上水沿いでは、茜屋橋付近で宝鐸草(ホウチャクソウ)の群生
     が連休半ばくらいまで見頃でした。翡翠色の筒型の花の先を開き
     加減にして、通常は2連。3連、4連もあり、その姿は風薫る季
     節に相応しく、癒されました。

     
f0137096_18420176.jpg
      憲法記念の日には友人と横浜へ。「キングタワー」の愛称で知
      られる神奈川県庁本庁舎の知事室や旧議場(大会議室)、旧貴賓
      室(第3応接室)が公開中で見学してきました。
      昭和3年竣工、外壁の煉瓦やフロアのタイルは横浜で製造され、
      正面玄関からの階段の手すりは大理石。壁面や天井のレリーフ
      など、さすが国登録有形文化財の風格が!

     
     
f0137096_18455184.jpg
    上は日本大通りや山下公園、象の鼻パーク、運河パーク他、市内
     里山エリアでも開催中の「緑化よこはまフェア」のフラワーフェ
     ス会場で、花花花で埋まっていました。同フェアは6月4日まで
     開催中だそうです。
f0137096_19510238.jpg



















[PR]
by love-letter-to | 2017-05-07 18:55 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.91春から初夏へ



f0137096_20100814.jpg
        金蘭や今年も咲いてありがとう
   4がつ最期の日にして日曜日。もう1年の3分の1が過ぎてしまいました
   が、大型連休に入り、散策や行楽に絶好のシーズン。 
   数日前、「もしかして…」と、虫の知らせのような勘が働いて、玉川上水
   堤へ。キンランが開花していました!
   まだ金の鈴のような蕾状態の株もありましたが、津田塾大キャンパス
   南側の堤では、下唇弁の朱赤の紋様を覗かせた開花株が目立ちました。
   例年より数日早めで、「今年も咲いてくれて有難う」の気持ちがいっぱ
   い!鶯の声も。
f0137096_20113697.jpg
   中央公園南側の堤でもキンランが数多く、様々な表情を楽しめましが、
   ここ数年は減少の一途です。フェンスが低いので、盗掘されたのでは
   ないかと…。さらに都道小平3・2・8号線の建設で、幅36㍍もの堤が失
   われてしまいます。
   キンランは上水堤の自然環境の保存状態を量るバロメーターの一

   つではないかと、私は思っています。古くからの土地の人たちの話

   では、昭和30年代までは上水堤沿い雑木林が連なっており、下地

   や林縁にはキンラン、ギンランが沢山あったとのこと。武蔵野の自

   生蘭だったのですね。

f0137096_20130487.jpg
   キンランに導かれて、この日は鎌倉橋から小川橋まで往復してしま

   いました。鷹の台エリアの創価学園から上流の東小川橋までは、キ

   ンランがあちこちに咲いて、道行く人たちも気品のある姿に目を細

   めていました。散策に訪れたグループは、足元にも咲いているキン

   ランに感激していました。

f0137096_20140087.jpg
   くぬぎ橋~百石橋にかけてはまだフデリンドウも咲いていました。

   フデリンドウとキンランを同時に見たのは初めてです。例年なら開

   花期が少しずれているのですが、今春はキンランの開花が早かっ

   たからでしょう。

f0137096_20145895.jpg
   上水新町地域センターの敷地内でも、キンランが見頃を迎えてい

   ました。早めに開花したせいか、撮影者も一人二人で、ゆっくりと

   キンランを撮ることができました。でもキンランを接写してみると、

   満開の花は笑っている口元に見えたり、ノルウェーの画家、エヴァ

   ルド・ムンクの有名な絵「叫び」に見えてくることもあります。

   棲息環境の悪化というか激変に、悲鳴を上げているように見える

   のは、思い過ぎかしら。

f0137096_20155646.jpg
   我が家のフェンスに這わせたナニワイバラ(難波茨)が真っ盛り!
   花
径7~8㌢、5弁の一重の白い花は清楚ですが、萼も蔓も鋭い棘
   があ
り、ワイルドです。放置しておくと、屋根まで蔓が伸びて雨樋を
   破損
させてしまったことも。

f0137096_21160049.jpg



























































































[PR]
by love-letter-to | 2017-04-30 20:57 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.90百花咲き競う候

f0137096_22443382.jpg
         花みずき見知らぬ街に変わり行く

    夏日が続いたり、三月の冷え込みに戻ったり。まだ気温差の激しい時

    期ですが、街路には紅白のハナミズキや八重桜、ツツジも燃え出し、

    ヤマブキや白山吹、梨の花も真っ盛り。まさに百花が競い咲く季節!

    花に誘われ足の向くまま歩いてみました。

    小川2丁目、鷹の街道・山王住宅バス停付近から北へ。青梅街道に達

    する通りは拡幅整備され、両側の住宅地でも建て替えが進んでいる

    ようで、見知らぬ街に来たような錯覚に。新しく植えられたらしいハ

    ナミズキの幼木にも、ピンクの花が風に踊っていました。

f0137096_22471594.jpg
     付近の旧家の敷地には、2階の屋根を超すようなハナミズキの大木が
     白い花をわんさかつけて。

f0137096_22485885.jpg
    鷹の街道から青梅街道辺りまで広がっていた農地と栗林にも、建設計
    画の立札が掲げられていました。商業施設ができるとか。下草が生い
    茂る畑地には母子草が!路傍で見かけるより草丈が大きく、モワモワ
    した球状の頭花も大きく見えました。
    母子草はキク科の一年草で、スクランブルエッグのような頭花は小さ
    な筒状の花の集まりだそうです。

f0137096_22505440.jpg
      青梅街道を渡り、、無人の原野だった小平の開拓の祖・小川九郎
      兵衛が最初に鍬入れをしたとされる辺りの畑に、チューリップや
      矢車菊が色とりどり。ちょっと見頃を過ぎていましたが。    
f0137096_22531138.jpg
    玉川上水堤では、府中街道・久右衛門橋下流でチゴユリの群落
    が開花期を迎えていました。草丈は20㌢前後、その名のように
    小さくあどけない花を俯けて開花。膝を追ってカメラを向けてい
    ると、「3輪も花をつけている。あそこに!」と、通りかかった女性
    から声をかけられました。
    見ると笹の葉に似た二枚の葉の付け根から3本の花柄を伸ばし
    て、その先にそれぞれ6枚の花弁を開いていました。  

   

f0137096_22574221.jpg

    その女性は玉川上水と野川の野草を観察しながら、スケッチして観察

    記録をメモしているそうです。小さなスケッチブックには、とても克明な記
    録と色鉛筆や水彩で描いた花や茎、葉の特徴などがぎっしり。

    スケッチブックは4~5冊もあるそうです。「チゴユリは昨年より開花が4~
    5日早い」と、言っていました。










[PR]
by love-letter-to | 2017-04-23 22:58 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.89 風光る

f0137096_23193497.jpg
          守りたき緑の遺産や風光る

 4月も半ば、第3日曜日に。久しぶりに快晴サンデーを迎えたような

       気がします。初夏のような陽気に誘われて玉川上水へ。

       染井吉野はもう葉桜になりましたが、新緑が眩しくて、花に負けない

       ほどカラフルです。芽吹き始めは茶っぽく、くすんでいたケヤキも鮮

       やかな黄緑色に。緑白色だったクスノキも黄緑色に。前を行く人たち

       は新緑の中へ溶け込んで行くよう!この時節は風光る候とも。

f0137096_23255032.jpg
      新緑と一口に言っても若緑、浅緑、薄緑、萌黄、薄萌葱、若苗色、若菜

      色、若葉色、柳色…と、日本の伝統色には様々な美しい表現が。

      そんな豊富な新緑に出会える玉川上水は、歴史的遺産だけでなく、

      “緑の遺産”も有しており、次代へ受け継がなければと思います。

f0137096_23274211.jpg
      旧小川水衛所跡の橋から水路を眺めると、老銀杏の枝先が流れに

      垂れかかり、幼葉が舞っているようでした。

f0137096_23302598.jpg
      鎌倉橋から下流の桜橋にかけては、堤の緑の中にフデリンドウが!

      草丈5~10センチ、花の大きさは3~4センチ前後で、まだ落ち葉

      も残る堤でコバルトブルーの花を。7~8輪も開花している株もあ

      れば、1~2輪の小さな株もあり、小鳥の雛が嘴を開いて餌をねだ

      っているような姿にも見え、清楚で愛らしい。

f0137096_23314581.jpg
     フデリンドウ(筆竜胆)はリンドウ科の越年草で、花冠の先は5つの

     長い裂片と5つの短い裂片(副片という)に分かれて、上向きに開

     花。コバルトブルーの花は日が照らないと開かす、花を閉じている

     姿が筆先に似ていることから、その名前がつけられたという。上水

     堤の貴重な宝石のような存在です。

f0137096_23342345.jpg
     桜橋上流右岸の自生野草観察ゾーンでは、ニリンソウの群落が開

     花して、見頃に。大きい群落になると、畳3~4枚分に白い5弁の清

     楚なお花畑に。近隣では数少ないニリンソウのサンクチュアリでし

     ょう。

f0137096_23353677.jpg
     ニリンソウ(二輪草)はキンポウゲ科の多年草で、その名のように

     一茎に二輪の花をつけますが、川中みゆきのヒット歌謡の歌詞のよ

     うに、まず一輪が咲いて、少し遅れて二輪目が開花。

     白い花びらに見えるのは萼で、通常は5枚ですが、6~7枚つけてい

     る例も殖えてきました。

f0137096_23375701.jpg
     ニリンソウの群落から1キロ余り下流・小桜橋~茜屋橋にはイチリン

     ソウの群落も3ヵ所ほどあります。同じキンポウゲ科の多年草です

     が、頭花は4~5倍くらい大きく、葉も3つに大きく分かれ2回羽状

     に分裂して切れ込みが深くニリンソウとは違います。同じ場所に咲

     いてないので、比較できないのが残念!

f0137096_23405154.jpg
     イチリンソウの群落の近くで、白花タンポポにも出会いました。日本

     在来種であり、本州関東以西、四国、九州に分布し、西の方ほど多い

     そうです。



[PR]
by love-letter-to | 2017-04-16 23:42 | 折々通信 | Comments(0)