忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:折々通信( 98 )

折々通信No.88 花曇り

f0137096_20224986.jpg
           一票を住みよい街に花曇り  

     4月第2日曜日の今日は、小平市の市長選と市議補欠選挙の

     投票日でした。投票場の市立第一中学校は校庭の桜が見事な

     ので、お花見がてらと思っていたのですが、朝からの雨が止

     みそうで止まぬまま、投票場へ。

     小平に住んで半世紀余り。緑地も多く住んでよかったと思っ

     てきたのですが、ここ数年は畑地がいつの間にか消えて、戸

     建て住宅群やマンションに。見慣れた景色が失われて戸惑う

     ことがしばしばです。望むことは住みよい街にが第一。でも、

     花曇り状態でしょうね。

f0137096_20512906.jpg
     投票場の体育館の入り口付近は、落ちた花びらがモザイク模
     様になっていました。
f0137096_20525717.jpg

マンホールの蓋も落花で桜色に。

f0137096_20541645.jpg

      まだ初々しさを残した落花も。足元のアートを見るよう。

f0137096_20553812.jpg
     同中学の用務員さんはお花好きという評判で、校門前には素
     晴らしいチューリップの植え込みが!こんなチューリップに
     迎えられて入学したり、新学期のスタートを切れるのは幸せ
     ですね。     

f0137096_20571056.jpg
     仲町公民館跡に、今月開園した「ゆりのこ保育園」。今年4月
     市内に開園した私立認可保育園7円の一つで、0歳~2歳児38
     明の小規模保育園だそうです。
     3連ドーム屋根に円筒形のお部屋も見えて、アニメファンタジー
     に登場するような園舎です。待機児問題が解消するといいけど…。

    

f0137096_20595363.jpg


     道々でオオイヌフグリより一回り小さいタチイヌフグリに似
     ているけど、萼や茎葉が肉厚で毛深いフラサバソウらしき野
     草に出会いました。フラサバソウは4枚の花弁が淡いブルー
     ですが、白に見えたのは土壌か天候のせいでしょうか。
     フラサバソウはヨーロッパ原産のゴマノハクサ科の外来種。
     明治元年に長崎で確認されたそうですが、近年は急増して急
     増して全国的に見られるそうです。時代の変化は止めどなく
     です。     
f0137096_21455681.jpg





[PR]
by love-letter-to | 2017-04-09 21:35 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.87 桜の開花遅々ながら

f0137096_11532569.jpg
          独り来て小江戸の桜一分二分
    4月を迎え、最初の日曜日。桜の開花宣言から10日余りになり
    ますが。その間の気象の変化と気温のアップダウンの激しいこと!
    桜の開花も遅々として、サクラへのイメージが今春は変化を。
    これまでの私は、桜にもっとゆっくり咲いて欲しいと思ってきま
    したが、今春の開花は少々もどかしい。
    予定していた桜見物も冷たい雨で、見送られてしまいました。
    で、先月30日、独りで川越へ向かってみました。小江戸めぐりの
    ツアーやスタンプラリーが実施されており、川越の人出は“花盛り”。
    でも、「川越大師」とも呼ばれる喜多院境内の桜もまだチラホラで、
    江戸初期様式で再現移築されたという多宝塔が、幻のように見えました。
     
f0137096_11570953.jpg
     喜多院境内でも「春まつり」が始まっていましたが、花見茶屋も
     花見の宴会も閑散として、サクラ色のまつり提灯が寒そう。    
f0137096_12030563.jpg
     でも、庫裏と寺務所敷地内の枝垂れ桜の古木は、満開でお花見気
     分を満たしてくれました。あふれるように花をつけた枝越しに、
     多宝塔が堂々として、差し掛かる枝垂れが優雅で、奥ゆかしさも。
     庫裏から渡り廊下でつながる客殿と書院には、徳川三代将軍家光
     の誕生の間、家光公の乳母・春日局の化粧の間が、江戸城紅葉山
     (皇居)の別殿から移築されています。    
    
f0137096_12304368.jpg

      ・・・ツィター界の第一人者 河野保人・直人さんによる・・・
      ♪♪「華麗なるツィターの夕べ」コンサートへのお誘い♪♪

      まだツィターという弦楽器を知る人が少なく、河野さんも演
      奏家として活動を始めて日の浅い頃から、地元国分寺市内で
      始めたコンサートも33回目に。演奏家として作曲家、ツィター
      の研究者、資料と楽譜・楽器のコレクターとしても貴重な存在
      です。
f0137096_12105222.jpg
投稿の方法が変更になり、大変戸惑いながら投稿。
全く利用者泣かせのブログです。
f0137096_12142090.jpg




[PR]
by love-letter-to | 2017-04-02 12:41 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.86 紫木蓮の合掌

f0137096_22562396.jpg
           紫木蓮千を超す花大合掌
     稀勢の里の劇的な優勝で春場所も幕を閉じましたが、冷たい雨
     や所によっては雪が降り、桜の開花は遅々としています。この
     時期に降る雪は名残り雪と呼ばれるそうですね。この名残り雪
     で、登山講習会に参加していた高校生が雪崩に襲われ、痛まし
     い死傷事故が起きてしまいました。
     小平団地東門辺りに聳えている木蓮(紫木蓮)の大木も、千を超
     すと思われる花を早々と開花させながら、寒空に震えていまし
     た。それにしても寒い!
f0137096_22381177.jpg
     木蓮は辛夷と違って6枚の花びらを全開させず、合掌した手の
     ような姿を保って咲いています。蘭の花に似ているので古くは
     木蘭(もくらん)と呼ばれ、その後、蓮の花にも似ているとかで
     木蓮と呼ばれるようになったそうです。白い花をつける白木蓮
     はモクレンの仲間ですが、木蓮(紫木蓮)とは別種だとか。
f0137096_22425327.jpg
     私の記憶だと小平団地の入居が始まって52~53年、その当時、
     この紫木蓮が植えられとしたら、樹齢はそれ以上でしょう。
     樹木図鑑などによると、紫木蓮の樹高は通常3~5㍍で、そん
     なに大木にならないので、庭木や街路樹として好まれるそうで
     すが、同団地の紫木蓮は現在、10~15㍍。5階建て団地の最上
     階を超しています。樹形も素晴らしい紫木蓮です。
f0137096_22443182.jpg
     この紫木蓮の近くで菜の花も花盛り。寒戻りに耐えて。気温が
     低い方が花は長持ちしますが、昨日今日は真冬並みの寒さで、
     風も冷たくって、酷な春です。明日からは気温が上がって、桜
     の開花も一気に進むことでしょうが、気が揉める候でも。
f0137096_22455977.jpg
     小平団地の西側、あかしあ通り沿いには毎年、3月半ばに開花
     する桜があります。大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カン
     ヒザクラ)との交雑種・大寒桜ではないかと思われるのですが、
     今春も早々と咲いて、数日前にはもう散り始めていました。
f0137096_22464571.jpg
     染井吉野よりピンクが濃いめの可憐な花をつけます。
f0137096_22491339.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-03-27 22:49 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.85 片栗や春蘭、菫と

f0137096_21142245.jpg
          片栗や短き命たぎらせて
     まだ陽気は不安定ながら、早々と東京の桜の開花宣言がされ、3
     月も終わりに近づきました。
     彼岸の中日、出先からの帰りに殿が谷戸庭園に立ち寄ってみると、
     園内でカタクリの花が見頃を迎えていました。国分寺崖線の傾斜
     を活かした庭園の一角で、カタクリが薄紫色の花びらを反り返ら
     せていました。小さな炎にも見えて。
     10㌢余りの草丈のささやかな群落ですが、花径3~4㌢、俯き加
     減に開花して、6枚の花びらを反り返らせています。開花して3
     ~4日の短い命を輝かせて。
f0137096_21185042.jpg
     群生しているようで、個々に存在感をアピールしているカタクリ
     の花。草丈が小さいので跪いてレンズを向けないと、その魅力が
     捉えられません。二輪が寄り添って開花しているカタクリにはカ
     メラマンが群がっていました。私も遠慮がちにツーショットを。
f0137096_2121549.jpg
     カタクリの花は英語では、Dogtooth violetと呼ばれるそうです。
     反り返った花びらが犬歯に似ているから。なるほどと思いますが、
     春の妖精とか春の儚い命(Spring ephemeral)と称して、ポエジー
     な表現をする日本の詩歌の方が素敵ですね。反り返った花弁の基
     部に濃紫色の紋様があります。
f0137096_21234471.jpg
         開花寸前と蕾の姿も。
f0137096_2126135.jpg
     カタクリの近くにキクザキイチゲも(菊咲一華)数株開花しており
     ました。菊の葉に似た切れ込みの多い葉をつけ、茎の頂部に白い
     頭花を一輪咲かせていました。主に関東の山野に自生するアズマ
     イチゲ(東一華)の花に似ていますが、葉が全く違います。
     アズマイチゲはキク科の多年草であるのに対して、キクザキイチ
     ゲはキンポウゲ科の多年草。薄紫色の頭花をつける種も。
f0137096_2128763.jpg
     同じ日、玉川上水堤では鷹の橋~小松橋にかけてシュンラン(春蘭)
     も立ち上がって、瑞々しい淡いグリーンの花弁を開いていました。
f0137096_21291422.jpg
     密生した葉の根元には落ち葉が積もって、保温の役割をしてきたよ
     う。シュンランは日本を代表する野生ランでシンビジウムの仲間。
     里山や人里に近い山地の雑木林などに自生し、上水堤でも数多く
     見られましたが、堤の崩落で路肩に自生している株は激減してい
     ます。
f0137096_21334661.jpg
     久右衛門橋下流の津田塾キャンパス南側付近の堤では、タチツボス
     ミレ(立壺菫)の小さな群生が散在しております。薄紫の花をあちこ
     ち向けて開花。
     菫は花の形が大工さんが板や丸太に線を引く時に使った道具・墨入
     れに似ていることから、スミイレがスミレに転じたとか。横から撮
     ると、墨入れの形に。
f0137096_2135017.jpg
     以前は薄紫色の絨毯を敷き詰めたようなタチツボスミレの群生も見
     られたのですが、最近は小さなクッション程度かしら。
     このところ近親者の不幸が重なり、心に余ることが続いて、野の花
     歩きも不定期になっておりますので、タイトル通り折々に更新を。
f0137096_21354490.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-03-22 21:38 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.84 野の花とハーブの押し花展

f0137096_19195351.jpg
     道端や空き地などに咲いている野の花、ラベンダーやセージなど
     ハーブの押し花を楽しんでいる「花ごころの会」の作品展が3月
     16日(木)~21日(火)、京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターAB
     館5階の連絡ブリッジギャラリーで開かれています。
     多摩市落合の自宅で、押し花を教えている金子幸子さんと仲間の作
     品展で、足元にもこんな愛らしい花が咲いているのか?1点1点が
     ドラマティックでメルヘンの世界に誘ってくれます。「春が来た」
     と、心の扉も開いてくれそうです。
     会期が残り少なくなりましたが、野の花の魅力に魅せられることで
     しょう。上はスミレやハルジョオンなど野の花の押し花で創作した
     「春が来た、里に来た」という題名の作品です。
f0137096_19252585.jpg
     自宅で栽培しているラベンダーやセージなどハーブの花で創作した
     「ハーブ畑に春が来た」も。近づくとラベンダーの香りが漂ってき
     ます。
f0137096_19323241.jpg
     金子さんは職場の先輩から「こんなことやっているのよ」と、作品
     を見せられたとき、「道々に咲いている花も、押し花にしたら表情
     が違ってくる!」と驚き、先輩の教室に3年ほど通って、花の採取
     や乾燥方法、作品作りの手ほどきを受けて、ありふれた道端の草
     も絵の具になると、絵心に目覚めたとか。
f0137096_19343183.jpg
f0137096_1935727.jpg
f0137096_19361244.jpg
f0137096_19364953.jpg
     花だけでなく、茎や枯れ葉の一枚一枚違う色合いでファンタジーに
     登場するようなシーンを表現したり、花の表情の豊かさを見せてく
     れます。
          野の花とハーブの押し花展―春が来た―
     ◇3月16日(木)~21日(火)10~18時(最終日17時まで)
     ◇京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターAB館 5階連絡ブリッジギャラリー
     ◇京王線聖蹟桜ヶ丘駅東口下車◇押し花「花ごころの会」主催、入場無料
         ◇問合せ☎090・1557・0436 金子幸子さん
f0137096_19462060.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-03-18 19:39 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.83 芽柳ゆらら

f0137096_18192959.jpg
          芽柳や風のタクトで右ひだり
     3月第2日曜日。東日本大震災から6年という月日が経ち、
     昨日11日は政府主催の追悼式をはじめ、被災地各地でも慰
     霊と復興への祈りを込めた集いが開かれました。
     防波堤や土地の嵩上げ、高台移転などハード面の復興が進む
     一方で、まだ12万人以上が避難生活を強いられ、復興への思
     いも様々であると各メディア。改めて大震災と原発事故被害の
     甚大さを知らされました。それでも未来に向けて歩んで行かな
     ければ…と、一歩外に出かければ、柳は萌木色に。芽を吹いた
     ばかりの枝垂れ柳は芽柳と呼ばれて、その繊細な美しさに見惚
     れました。まるで風がタクトを振り、右へ左へゆらゆらと。
f0137096_18225165.jpg
    上は小川上宿緑地の北側の児童公園で出会った芽柳です。遊具
    のてっぺんに届きそうなくらい、長々と幾筋もの糸を垂らして
    いました。
f0137096_18254534.jpg
    立川通りに沿って流れる小川分水・彫刻の谷緑道では早咲きの
    桜がもう満開に。カンヒザクラとオオシマザクラとの種間雑種
    と考えられる栽培品種の大島寒桜でしょうか、3~4本の早咲
    き桜があります。河津桜より色が薄いピンク色でした。
f0137096_1835586.jpg
    足を伸ばして「森田オープンガーデン」にも立ち寄ってみまし
    た。まだ準備中と言った状態でしたが、クロッカスが敷地のあ
    ちこちに。地表すれすれに花びらを開けて、パラボラアンテナ
    のように陽光を花芯部に集約させているみたい。
    黄色がまず咲いて、青紫や白、紫の斑入りなどが開花するそう
    です。雌雄の蕊がサフランのそれと同じく、紅がかった濃い黄
    色ですが、料理には使えないとのこと。鑑賞用で花サフランの
    別名も。アヤメ科サフラン属です。
f0137096_18282581.jpg
    アヤメといえば5月の連休頃から咲きますが、どうみてもアヤメ
    に見える花も咲いていました。ネットで検索すると早咲きのアヤ
    メもあるみたい。めん処「松根」が閉店して寂しくなりましたが、
    オーナーの森田さんが自家用カフェにして、お茶飲み友だちとお
    しゃべりの場にしているそうです。「今度、お茶飲みに来て!」と
    言われました。寒中にたっぷり施肥をしているので、もうしばら
    くすると、花々がどっと咲いて楽しませてくれることでしょう。
f0137096_18312628.jpg
    バスの車窓から青梅街道沿いの旧家で、白木蓮が今にも開花しそ
    うでしたので、今朝、小平団地内の白木蓮も開花しているのでは
    ないかと、訪ねてみたら、もうチョイ。でもコブシ(辛夷)は開き
    切っておりました。
f0137096_18322560.jpg
    今春は、確かに花の開花は例年よりスピードアップしています。
f0137096_18334374.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-03-12 18:35 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.82 やよい月に

f0137096_17542094.jpg
        満作や遊行の境地ほど遠く 
     3月最初の日曜日。昨日今日の温かさで、まず咲くから
     満作あるいは万作と呼ばれるマンサクが玉川上水・商大
     橋上流の一角でも、満開状態になりました。
     細い紙っぺらのような花弁が4枚、捩れて開花。3~4
     個集まって樹木全体にびっしり花をつけることから、豊
     作の意で満作と名付けられたという説も。
     満作が咲くと、やっと春が来たと思う一方で、心を乱さ
     れることも多く、年相応に穏やかな暮らしをと思いつつ、
     程遠い日々です。
f0137096_1801516.jpg
     遊行とは…、五木寛之著「林住期」、鎌田実さんの著書
     「遊行を生きる」によると、古代インドの法典では人生
     を「学生(がくしょう)期」「家住期」「林住期」「遊行期」
     の4つに区切り、これを「四住期」と称して、「遊行期」
     は人生の締めくくりの時期、死への準備期だそうです。
     「遊行期」に至ると、しがらみや煩悩から解き放たれて
     自由になれる時期でもあるそうです。
     満作の花を仰いでみると、4枚の花弁はあっち向き、こ
     っち向きして、遊行しているようにも。
f0137096_184076.jpg
     あかしあ通りの車道と歩道との境界石周囲にも、春が来
     たよと、ナズナ(薺)が花首を振っていました。市街地の
     舗装道路上は輻射熱で温まりやすく、道草の開花が早い
     そうです。春の七草の一つで、その果実が三味線のバチ
     に似ていることから三味線草とか三味の花、ペンペング
     サとも。もう茎の下方ではバチに似た果実も。
f0137096_1865746.jpg
     ホトケノザ(仏の座)と外来のオランダミミナグサも、あ
     かしあ通りで開花。オランダミミナグサはヨーロッパ原
     産ナデシコ科の越年草。草丈はハコベより少し大きく20
     ㌢程度。全草に繊毛が目立ちます。
     渡来した江戸時代当時、国交のあったのはオランダだけ
     で、在来種に葉の形がネズミの耳に似ているミミナグサ
     (耳菜草)があり,それに似ていることが名前の由来。
     外来の方が繁殖力が勝り在来種の方は各地で減少してし
     まったとか。
f0137096_1895655.jpg
     歩く道々で沈丁花の甘い香りも漂ってくるようになりま
     した。民家の庭先や道路の植え込みでも、赤紫色の蕾が
     ほどけて、淡いピンクの小花が薬玉のよう!
     中国南部原産で、日本では室町時代頃にはすでに栽培さ
     れていたとされます。ジンチョウゲ科の常緑低木で、香
     木の沈香に似た香りを放ち、丁子に似た花をつけること
     から沈丁花と。
     杉花粉も最盛期。本当に今春の花粉の飛散量は多く、行
     き交う人もマスクをかけている人が増えました。悩まし
     い季節でもありますね。
f0137096_18134839.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-03-05 18:17 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.81 古都の春

f0137096_1641824.jpg
         春風や我が心にも吹き荒れて 
    2月最後の日曜日の昨日は、団体列車の旅に初参加。このところの気
    温のアップダウンの激しさと花粉症で、心の中まで春の嵐が吹き荒れ
    た状態でしたので、気分転換に古都鎌倉の旅に参加してみました。
    私の場合、花粉症による発疹は3~4年に1回重症化します。今春は
    5段階の4程度の重さで、頬から額、上瞼まで湿疹が出て我慢できな
    いほど痛痒くなりました。
    旅の前日、朝9時過ぎに行きつけのクリニックに駆け込んだのです
    が、風邪と花粉症患者が多くて、受付番号は29番。土曜日の診察は
    医師が一人しかいなくて、しかも午前中のみ。正午に落ち合う約束
    があり、受診できないまま帰宅してしまいました。
    昨年処方された塗り薬で応急処置をして、マスクとメガネ、帽子姿
    で鎌倉へ。幸い、日中は温かく風も穏やかで、北鎌倉~極楽寺~由
    比ヶ浜~若宮大路~鶴岡八幡宮へ。鎌倉は年中縁日のような賑わい
    でした。

f0137096_1645459.jpg
    北鎌倉商店街では様々なつるし飾りが店頭に提げられていました。今
    年で7回目、イタリアンのレストランや古民家カフェなど100店舗以
    上が「北鎌倉吊るし飾りのある街」イベントに参加しているそうで
    す。3月20日頃まで。

f0137096_16461563.jpg
    手持ちの小物を吊るしたり、コースターやトランプなども吊るされ、
    「これなら私にもできそう!」と。

f0137096_16474588.jpg
    女性の側から離縁のできない江戸時代まで、「駆け込み寺」とか「縁
    切り寺」として、女人救済の役割を果たしてきた「東慶寺」。中門ま
    での狭く険しい石段は、男子禁制のためとか。
    その本堂の入口に開祖者・北条時宗夫人の覚山志道尼の遺徳を讃えた
    歌碑、その傍らに、白梅の古木が密やかに。
    東慶寺は今から約720年前、弘安8年(1285)に開創された尼寺でし
    たが、明治以降は縁切りの寺法は廃止され、尼寺の歴史も明治35年
    (1902)に幕を閉じました。

f0137096_164935100.jpg
    3年後 明治38年から新たに円覚寺派の禅寺として今日に。北鎌倉駅か
    ら4~5分。駅に近いせいか老若男女、外国人観光客も境内に押し寄
    せて、カメラとケイタイで自撮りしている姿の多いこと!でも本堂を
    お参りされる姿は少なく、やっと古刹の雰囲気が撮れました。

f0137096_16522881.jpg
    北鎌倉から鎌倉駅へ。江ノ電に乗り換えて極楽寺へ。由比ヶ浜や長谷
    駅から比べると、この日の乗降客は少なく、極楽寺境内でも一人旅の
    気分を味わえました。紫陽花の時期は込み合うそうです。
    江ノ電の線路をはさんで向かい側の高台に建つ成就院を経て、緩くカ
    ーブした極楽寺坂を下ると10分足らずで、由比ヶ浜へ。景色は一変し
    て潮の香りと砂浜を洗う波の音、近寄って来るウィンドサーファーが
    カッコいい!
f0137096_16534298.jpg
    浜を散歩する男女、家族連れも多く、もう鎌倉の海は春の波。
f0137096_16553560.jpg
    傍らには若布を干している光景も見られ、シラス漁も行われている
    とのこと。海水浴シーズンには“芋を洗う”ような由比ヶ浜で、若布の
    簾に出会ったのは新鮮な驚きでした。

f0137096_1718057.jpg
    由比ヶ浜から30分余りで若宮大路の一の鳥居へ。源頼朝が鎌倉に幕
    府を開き、その宗社であり、守護神として800年余。鎌倉のシンボ
    ルでもある鶴岡八幡宮境内へ。正面の舞殿と本殿へ向かう参拝客の
    中で、春らしい着物でバッチリ決めた若い女性たちにカメラを向け
    たら、OKのサイン。着物女子も古都鎌倉の春をシンボリックに。
f0137096_13371970.jpg
        由比ヶ浜で拾った貝殻です。
f0137096_13422167.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-27 16:58 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.80 春一番の後で

f0137096_17374754.jpg
     2月も第3日曜日に。ここ一週間で春一番も吹いて、空から降ってくる
     のが雪から雨に替わる「雨水」の候に入りましたが、首都圏は今年に入
     って雨らしい雨が降らず、上水堤もカラカラ。歩くと土煙がもうもう、
     靴もズボンの裾も土埃で真っ白になってしまいます。
     花粉も舞い始めたようで、目は痛痒くなり頬には湿疹、風邪も引いてダ
     ウンしてしまいました。
     で、今回の折々通信は旧知の下川明子さんの「創作人形展」のご案内を。
     明子さんは日の出町平井の自宅で、創作人形工房「木綿(ゆう)の声」を
     開設しておりますが、その人形の素晴らしさが伝わり、今回、羽村市生
     涯学習センターの展示室で一挙公開されることになりました。
     上はここ1年かけて制作した最新作「しらうめ保育園児」です。
f0137096_17434199.jpg
     羽村市立保育園の園児たちのスナップ写真に創作意欲を掻き立てられ、同
     園と保護者から許可を得て制作に取り掛かったそうですが、まずスニーカ
     ーの素材に悩み、服飾材料店やホームセンター、古着屋などを探し歩いた
     けど、適当な材料がなくて断念しかけた時、100円ショップでジッパー付
     きの鉛筆入れが使えそうで、靴底も樹脂粘土で何とかなりそうだと、スイ
     ッチがはいったとか。
     何気ない表情やしぐさを人形にするため、写真から園児一人一人をスケッ
     チして、頭に設計図を描いてから粘土で頭を造り、ボディを造り、衣服も
     手縫い…気が遠くなりそうな工程を経て出来上がった園児たち。会場では
     右端の男児のような赤い日除け帽をかぶって展示されるはずです。
f0137096_17483185.jpg
     糸が好き、布が好き、手仕事が大好きな下川さんは、洋裁師の仕事をして
     いたそうですが、子育てに一段落した頃、創作人形作家の与勇輝(あたい・
     ゆうき)さんのピエロ出会い、その虚ろな表情に自分の分身ではないかと。
     井戸端会議のようなおしゃべりが苦手で、内向するタイプの下川さんと私
     は妙に波長が合って、ある会合で出会って以来30年余になります。上は
     初期に創った下川さんのピエロ作品4体と「旅人」と題した若者像。煙草
     ラークのCMからイメージして、根無し草のように世界を旅する青年像を。
f0137096_17505112.jpg
     2歳で実母を亡くして、明子さんは淋しかった幼少期を埋めるかのように、
     幼児や母子象の作品も数多く創っています。上は赤いニット帽に赤いセータ
     ー着て頬杖をついている「日だまり=右」と「思いきり遊んだ後で」。
f0137096_17514759.jpg
    ほのぼのとした母親やお祖母ちゃんの温もりを題材にした作品。
f0137096_1814292.jpg
     かと思えば、粋な着物を着て膝を崩した女性坐像「矢車草」、ゴージャスな
     ファッションを身にまといアンニュイな雰囲気を漂わす女性像「まどろむ」な
     ど、異色の作品も。明子さんのどこにこんな色っぽさが潜んでいるのか…?
f0137096_1841799.jpg
     機械文明や発展に背を向け、厳しい戒律を守り、アメリカ開拓時代の暮らし
     を続けるアーミッシュの子どもたちを題材にした微笑ましい作品も。麦藁帽
     子も麦藁で手作りして。
     下川さんの創作人形は前からだけでなく、背後や横から見ても自然体で細部
     まで神経が行き届いており、見る人に語りかけてくるようです。30年余かけ
     て制作した60体が展示されるそうです。作品の大きさは30~60㌢ぐらい。

     会場の「羽村生涯学習センターゆとろぎ」へは、青梅線羽村駅東口から徒歩
     8分。入場無料。問い合わせは042・570・0707.
f0137096_18152671.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-19 18:07 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.79 花は咲けども

f0137096_22404013.jpg
           近在に花は咲けども春寒し
     2月第2日曜日の今日も「早春賦」の歌詞通り、春は名のみで、 風
     の寒さが身に凍みる一日でした。3月並みの温かさで立春を迎えたの
     に、その翌日からドーンと冷え込んで、日本海側では中国、近畿から
     東北にかけて豪雪に見舞われております。
     その間、旧友を訪ねて五日市線武蔵引田へ。拝島~武蔵五日市間は、
     日中30分に1本の電車しかなく、ホームで長々と待つことになりまし
     た。駅周辺にはコンビニもなく、ホームの端から端まで行ったり来た
     り。南側に広がる畑地の真ん中に紅梅でしょうか、この寒さの中でも
     満開状態でした。百草園など近在の梅も見頃を迎えているとのこと。
     自宅から小平駅までのバスの車窓、小平から拝島までの電車からも河
     津桜が咲いているのを目にしました。
f0137096_2244179.jpg
     伊豆河津桜も見頃を迎え、河津桜まつりも始まったそうですが、多摩
     地域でも最近、河津桜が目立つようになりました。早咲きでピンクの
     色が鮮やかですから、植栽が進んでいるのかしら?
     上は自宅近くの個人宅で撮った河津桜です。まだ幼木ですが立春早々
     から開花しました。
f0137096_22445366.jpg
     そして桜草も。冷たい北風にもめげず…。
f0137096_22462182.jpg
     玉川上水堤でも、小桜橋~茜屋橋間にアセビが開花。小さなランプ型
     の花をつけた房をたわわにつけていました。馬酔木と書いてアセビ、
     ツツジ科の常緑低木です。
     枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでおり、馬が食べると酔
     払って足がなえることから「足癈(あしじひ)」と呼ばれ、次第に変
     化して「あしび」そして「あせび」となったそうです。
f0137096_22472465.jpg
     近世までは馬が主要な陸上交通手段で、山路や街道筋にもアセビが多
     く自生していたそうです。万葉集にも「「わが背子に わが恋ふらくは 
     奥山の あしびの花の 今盛りなり」など、大伴家持の3首が。
f0137096_2250357.jpg
     茜屋橋下流左岸にはウグイスカグラもチラホラ、小さなラッパ型のピン
     クの花を。5月頃に赤く熟する実は鶯の大好物で、神楽を舞うように
     群がることから鶯神楽の名前になったそうです。
     花径は1㌢にも満たないけれど、赤く熟した実はナツグミをの半分くら
     いで、甘酸っぱくて美味しい実です。鶯ならずとも野鳥たちの大好物ら
     しく、熟れるや否や彼らに食べられてしまうようで、なかなかお目にか
     かれません。
f0137096_22525484.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-12 22:53 | 折々通信 | Comments(0)