忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

道草ノート:捨て猫ホームレス その⑪と続PEIの花

f0137096_1041413.jpg

   土用に入ると市街地はアスファルト道路の照り返しやエアコンから吐き出され
   る熱風で、吾輩捨て猫ホームレスはまさに“熱いトタン屋根の上の猫”。
   しかし、玉川上水堤やその分水の沿いはグリーンのスクリーンのお陰でしのぎや
   すいんだ。小平市内には新堀用水及び新田開拓時代に設けられた小川分水と
   その末端の分水がまだ姿を留めており、せせらぎも見られて時折り鴨たちが泳い
   でいることも。250年以上もの寿命を保っている分水は歴史的遺産でも。

   分水の水路は風の通り道にもなっているんだ!吾輩たちの目から見ると、風の
   通り道であることがよく分かるんだぞ。立て込んできた住宅地でも通気口になって
   いると思う…とソクラテスならぬ捨て猫ホームレスの知恵袋を披露しちゃった!
   ところで今回は上水の初夏から盛夏にかけて目を楽しませてくれるノアザミの花と
   ヤブジラミとの捨て猫ホームレスの仲間たちのおしゃべりを…。
f0137096_1125264.jpg
f0137096_11181251.jpg

             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      モグラさんのプリンスエドワード島の旅で出会った野草最終回を
f0137096_1123286.jpg
f0137096_11243375.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-07-31 11:28 | 小平の原風景求めて | Comments(2)

道草ノート:捨て猫ホームレス その⑩と洗濯干し

f0137096_242013.jpg
   真夏日、熱帯夜続きで吾輩捨て猫ホームレスも仲間もバテぎみだが、
   昔むかしの新田時代の姿をとどめる短冊型農地を見ると、弾んでくるんだ。
   里芋畑、大豆畑、その向こうに茄子と胡瓜畑…と短冊のような地割が。
   畑一枚一反ごとの目印として、境界線に植えられたというお茶の木も
   まだ健在なんだ!小平市内では本当に一握りの存在になってしまったけどね。
   
      今回は動物の名前がつけられた野草とのおしゃべりに続いて、モグラさん
     の訪ねてきた『赤毛のアン』の故郷、プリンスエドワード島の洗濯物干し
     風景を。ロープに止めた洗濯物が“絵”になっていたそうだ。

f0137096_3103639.jpg
f0137096_3125967.jpg

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0137096_3294395.jpg
f0137096_3312183.jpg
f0137096_357389.jpg
f0137096_15123180.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-07-23 03:34 | 小平の原風景求めて | Comments(0)

道草ノート:捨て猫ホームレス その⑨とPEIの花

f0137096_1475488.jpg

   吾輩捨て猫ホームレスの仲間たちにとって、梅雨どきは最も
   苦手なシーズンだが、今年の梅雨は陽性タイプだそうで、降るときは降るが
   さ~と晴れ上がりジメジメしないので助かっているよ。
   しかし、梅雨前後に開花するホタルブクロの花が吾輩たちのお気に入りの
   保存樹林から消えてしまったように姿を見せなかった。
   で、しょうがないから昨年の保存フォルダから引っ張りだして…仲間たちと
   去年の思い出話をしてみたんだ。心ない人に盗掘されたのかな?
f0137096_14523587.jpg
f0137096_14283092.jpg

   今回もモグラさんの訪ねた『赤毛のアン』の故郷プリンスエドワード島の
   花シリーズからライラックとクラブアップルの花を。
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0137096_1436461.jpg
f0137096_14363826.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-07-16 14:25 | 小平の原風景求めて | Comments(4)

道草ノート:捨て猫ホームレス その⑧とPEIの花

f0137096_9451866.jpg

    ニャニャ~ン!いつの間にか農地が消えて、吾輩捨て猫ホームレスの
    仲間も驚く勢いで野草の楽園になってしまっていた。
    “雑草”だなんて呼んでは失礼だが、この辺りでは最近見かけなくなった
    キツネアザミが元気を取り戻していた!この野草の楽園もきっと、近い将来
    コンクリートジャングルになるんだろうね。
    吾輩ソクラテスいや捨て猫ホームレスの目算では1ヘクタールくらいの広さ
    かな。
f0137096_1025829.jpg
f0137096_1052723.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    今回もモグラさんのプリンスエドワードの旅から、『赤毛のアン』物語の
    舞台キャベンディッシュの草木の花を…。
f0137096_10115111.jpg
f0137096_1013459.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-07-09 10:13 | 小平の原風景求めて | Comments(4)

道草ノート:捨て猫ホームレス その⑦とPEIの花

f0137096_12574111.jpg

   吾輩捨て猫ホームレスが前々からとても気になっていた古いお屋敷の前を
   通りかかって、シャッター式の門扉の外から拝見。
   学園東町のこの付近一帯も大正10年頃から始まったドイツの学園都市構想に
   ならって進められた『小平学園』建設地の一角で、その当時分譲した三角屋根
   付きの家ではないか…と。20年ほど前にモグラさんが訪ね歩いた頃には4~5
   軒の三角屋根の家が残っていたそうだが、現在はこのお屋敷1軒だけに。
   門扉は固く閉まり、人も住んでいないようだ。建設当時はモダンな洋風建築で
   下目板造りの平屋なんだ。最後の1軒も消えてしまうのではないかと吾輩捨て
   猫ホームレスの仲間たち.
f0137096_13261438.jpg

f0137096_1329274.jpg

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   今回もモグラさんのプリンスエドワード島の花を。まだ蕾だったけどリンゴの花
   と日本ではゴゼンタチバナと名づけられている仲間らしいBuncherryの花。
   『赤毛のアン』の著者モンゴメリが好きだった花で、群生地で数輪咲いていた
   そうです。
f0137096_13394392.jpg
f0137096_13401055.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-07-02 13:30 | 小平の原風景求めて | Comments(0)