忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

道草ノート:捨て猫ホームレスその⑲

f0137096_22144899.jpg

     蔓珠沙華(梵語で赤い花)とも言われる彼岸花も色褪せてきて、
     秋の気配が濃厚に。吾輩捨て猫ホームレス。心地よい風に誘われるまま
     玉川上水堤を彷徨していると、一段と風の音が騒がしい一角に出くわした。

     クマザサが一面に広がり、葉ずれの音が姦しい!
     文献によると玉川上水が開削される以前、この辺り一帯は茅薄の生い茂る
     原野だった。

     江戸・明暦初期に始まった新田開拓で、一番手こずったのは地表を覆った
     アズマザサやクマザサの根を掘り起こすことだったそうだ。とにかく笹類の
     根は強固な上に、耕作を怠るとたちまち繁茂してしまう。

     そういう意味ではクマザサ(隈笹)の広がった一角は、武蔵野の原風景かも…。
     今回は吾輩捨て猫ホームレス仲間と清楚でロマンティックな野の花との
     おしゃべりを。
f0137096_22223076.jpg
f0137096_2223051.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-09-27 22:25 | 小平の原風景求めて | Comments(4)

道草ノート:捨て猫ホームレスその⑱

f0137096_19481783.jpg

     明20日は秋彼岸の入りだが、今夜から明日にかけて台風13号が
     関東沿岸にも接近するそうで、吾輩捨て猫ホームレス仲間も安全な
     場所へ…と。そこで思い出したのが旧家の庭先で見かけたお稲荷さ
     んだ。
     屋敷稲荷と呼ばれ屋敷の守護神として祀られてきたそうだ。稲荷は
     非常に怒りん坊の神で、命を奪われることもあるが、祀っていると屋敷を
     守ってくれると信じられてきたそうだ。
     また、稲荷は百姓の神・作神とも言われ農耕神として信仰され、近世
     以降に流行して普及したとも。今夜は吾輩たちも屋敷稲荷の近くへ避難
     することにしようと仲間たち。

     今回は吾輩たちと縁の深いヌスビトハギと彼岸花とのおしゃべりを。
f0137096_1957184.jpg
f0137096_19574715.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-09-19 20:00 | 小平の原風景求めて | Comments(2)

道草ノート:捨て猫ホームレスその⑰

f0137096_19172725.jpg

    空気が乾いて吾輩捨て猫ホームレス仲間たちの道草歩きも、
    足の向くまま気の向くままに楽しめるようになってきた!

    その昔、東国の軍勢が鎌倉へ通ったとされる鎌倉古道。その
    道しるべ跡の名残りだという二ツ塚付近で、豪壮な門に出会った。
    ホームレスの分際、いやホームレスの特権?でくぐらせてもらった。

    この付近の有力者屋敷らしい門構えだ。大家門あるいは大屋門とも
    称され、小平市内の青梅街道や五日市街道筋でも時折り見かける。
    建物は今風に建て替えられても、切り妻風屋根のついた大家門が往時
    を。このお屋敷内は女性専用のアパートが数棟建っており、「男性の
    立ち入り禁止」の張り紙が!
    で、吾輩捨て猫ホームレスは急いで退散、自由に蔓を伸ばしている
    蔓性植物たちとおしゃべりを。
f0137096_19583446.jpg
f0137096_195907.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-09-12 20:01 | 小平の原風景求めて | Comments(4)

道草ノート:捨て猫ホームレスその⑯

f0137096_21201858.jpg

    相変わらず夜になると雷雲が活動的になり
    激しい雨が降って、一時的に冠水する街路が
    目立つよね。吾輩捨て猫ホームレスの仲間も危うく溺れ
    そうになったとか。こういうゲリラ的な豪雨も地球温暖化
    によるヒートアイランド現象だろうか。

    で、五日市街道の山家橋下流付近に馬頭観世音が建っている
    のを思い出したんだ。
    この馬頭観世音は文化2年(1805)に造立され、昭和初期までは
    喜平橋のたもとにあったという話だ。隣に金剛像と三猿を浮き彫りに
    した庚申塔も。吾輩捨て猫ホームレスの仲間たちの安全を祈願して
    きたけど、道行く人たちは目に入らないらしい。
    今回は参内傘とも呼ばれるツルボとナンテンハギとのおしゃべりを。
f0137096_212238100.jpg
f0137096_21234218.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2008-09-05 21:24 | 小平の原風景求めて | Comments(0)