忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

道草ノート:捨て猫ホームレスその36

f0137096_2152217.jpg
 
     定額給付金の支給などが盛り込まれた第二次補正予算案が紆余曲折の末、
     どうにか国会で成立したそうだが…支給されると景気浮揚につながるのか?
     吾輩捨て猫ホームレスには関係ないニャンと思いつつも、この冷え込んだ
     世相にうんざり。

     今日は桜橋下流にある八左衛門橋から山家通りへ。かねてから気にかかって
     いた同橋の北側にある小さな祠について、近くの人から耳にするチャンスが!
    
     八左衛門橋はこの付近旧小川新田山家集落の旧家で、組頭を務めた滝島八
     左衛門が架けたそうで、滝島家は明治3~5年に玉川上水に通船された際に、
     小平市域に5軒あった船持ちの1軒で橋のたもとに茶店も設けていたそうだ。

     現在、JOMOガソリンスタンドのある場所にその茶店があり、茶店の横の祠に
     2体の観音像が。1体には天保4年建立と彫られている。
     ガソリンスタンドが設けられた時に10メートルほど東寄りの現在地に移転され
     たそうだ。話をしてくれた人によると「きっと船の運航と道行く人の安全を祈願し
     て観音さまを建てたのでしょう」とのこと。

     観音像の目にマジックインキで落書きした人がいるのは、吾輩捨て猫ホーム
     レスには悲しいけれど…。今回は道端の雑草の類のスズメノカタビラとテイカ
     カズラの種とのおしゃべりを。
f0137096_22253074.jpg
f0137096_22261544.jpg

         
[PR]
by love-letter-to | 2009-01-27 22:41 | 小平の原風景求めて | Comments(2)

道草ノート:捨て猫ホームレスその35

f0137096_1615049.jpg
       今日20日から一年中で最も冷え込みの厳しい大寒に。吾輩捨て猫ホーム
       レスなる身の上。覚悟はしていたが、景気の冷え込みの方が深刻なようだ。
        昨日は4月半ばの陽気に誘われて青梅街道へ。しばらく見ないうちに街道
       筋にもあちこちで変化が!

       不景気をよそに旧家の建て替えが目立った。あまりにも豪壮なお屋敷
       に見とれていると、はて?新装された蔵の壁面に取り付けられているの
       は大八車の車輪ではないか!
       江戸の昔から農作物や重量のある荷物の運搬に活躍してきた人力台車
       の車輪でオール木製。一人で八人分の仕事(運搬)ができるから代八車
       とも書くそうだが、見事な用途の美に吾輩捨て猫ホームレスはしばし見と
       れた!

       大正時代にリヤカーが考案され取って代わられるまで、輸送手段の主役
       を務めた大八車に久しぶりの会えた街道筋の旅。今回は上水堤で開花し
       始めた日本水仙とドライフラワー化した軍配形のオニドコロの殻莢とのお
       しゃべりを。
f0137096_1724210.jpg

f0137096_173231.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2009-01-20 17:14 | 小平の原風景求めて | Comments(0)

道草ノート:捨て猫ホームレスその34

f0137096_10272034.jpg
       
       年が明けたと思ったら、もう小正月を迎える時期に。15日の小正月には
       なまはげやどんど焼きの行事が行われたり、小豆粥を食べる風習も。
       年末年始の家事労働に追われた女性たちが骨休めや気分転換をはか
       るために寄りあったりお出かけして、女正月と言う地方もあるそうだ。
       
       吾輩捨て猫ホームレスにとってもニャンとも厳しい寒中。しかし太陽が上
       れば日中の陽だまりを求めて歩くと、八左衛門橋下流の馬頭観音が真
       新しい晴れ着をつけて稲穂を抱いていた。

       堤にポツンと立っている小さな野仏だが、きっと近くに心ある人がいるん
       だね。ほのぼのとして、“派遣村”の人々が事故にあったり、健康を損な
       わないようにお願いを!

       今回は早々と目ざめたアセビと冬木立の下で出会ったオブジェとのおし
       ゃべりを。
f0137096_11371126.jpg
f0137096_11374529.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2009-01-13 11:40 | 小平の原風景求めて | Comments(6)

道草ノート:捨て猫ホームレスその33

              玉川上水観察会へのお誘い
         今月17日(土) に玉川上水の冬鳥や冬の花と花芽などを観察して
         歩く観察会があります。小平ユネスコ協会の主催で9:30分に上水
         本町地域センター集合。『玉川上水四季さんぽ』の著者で小平で生
         まれ育った画家・写真家の鈴木忠司さんをメイン講師に、植物観察
         や郷土史のベテランと一緒に中央公園~いちい橋付近をゆっくりと
         歩きます。参加費は300円ですが資料代と鈴木さんの手打ちうどん
         も賞味します。自家菜園の薬味も!

         以上の紹介を致しましたが10日で定員に達しましたので、申込みは
         締め切らせて頂きます。ご協力有難うございました!

         
f0137096_11595190.jpg
         100年に一度と伝えられる経済不況・雇用悪化の深刻さの中での丑年
         明けを反映してか、元日の初詣客は全国的に例年より大幅に多かった
         とか。政治も貧困だから苦しい時の神頼み…なんだろうね。

         吾輩捨て猫ホームレスも近隣の3社へ。ところが元日は確かにお参り
         する人の列が長かったけれど、二日三日には人がたまに訪れる程度。
         氏神さまと地域の人々の結びつきが希薄なせいだろう…と吾輩捨て猫
         ホームレスの仲間たち。

         でもね、熊野宮では神殿前の夫婦欅にお神籤の花が咲いていたよ!
         大吉、中吉、小吉、吉などの白い花が。神社によっては半吉、末吉、
         末小吉もあるらしい。勿論吉凶を占うのだから凶札も。吾輩のお札は
         ニャロメだ!ということにしておこう。

         初詣帰りの道々にはもうノビル(野蒜)やハコベ(繁縷)が萌えだしてい
         たっけ。市街地では正月から咲き始める蒲公英も!今回は新年らしく
         扇型をした棕櫚の幼葉と南天の赤い実とのおしゃべりを。
f0137096_12423934.jpg

f0137096_1243730.jpg
         
         
[PR]
by love-letter-to | 2009-01-06 12:45 | 小平の原風景求めて | Comments(10)