<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

f0137096_15453466.jpg
   神鳴月(かみなりづき)とも呼ばれる6月も最後の日曜日。一昼夜以上も降り続いた
   大雨が上がり、今朝は木々や草の葉にもクリスタルな輝きが!
   明日の6月最終日は、一年の上半期の最後の日で、地元小平神明宮でも輪越しの
   祓いや茅の輪くぐり行事が催されます。「輪越し=夏越し=和し=なごし」とされ、お
   祓いをされた人は千年(ちとせ)の命が延ぶとか。
   雨上がりの小平団地の芝生では、古今和歌集にもモジズリ (文字摺り)の名で詠ま
   れているネジバナが、ほっそりした茎に桃紅色の花を捩らせながら立ち上がってい
   ました。平安の昔と変わらぬ姿で。
f0137096_15495727.jpg
   茎丈は10~20㌢、その上部に米粒大の桃紅色の花を螺旋状につけて咲いている
   姿はいじらしく、もっと捩じれて咲いている花がないかと芝生を這いずり回りました。
   ネジバナもラン科で日本全土に広く分布して、日当たりのいい草地などで身近に見
   られるそうですが、咲いていても気づかれにくい存在でしょう。
f0137096_1552283.jpg
   米粒大の一つ一つの花はマクロレンズで撮ると、ラン科の代表的な花シンビジュー
   ムに似ており、5弁がピンク、唇弁が白で縁がフリル状になっています。
f0137096_15534577.jpg
   団地の芝生は日当たりがよく、踏み荒らされることもなく、定期的に草刈りがされて
   いるので、ネジバナの他にも草丈の低い草花も住み心地がよさそうです。
   アヤメ科のニワゼキショウも、径1センチ足らずの花を芝生のあちこちで開花。よく
   見かけるのに咄嗟に出てこない名前の由来は、サトイモ科に属するセキショウ(石
   菖)の葉と似ており、庭などによく見られるからだそうです。
f0137096_15542486.jpg
   薄紫色と濃い赤紫色の二種があり、どちらも草丈は10~20センチ。花は一日でし
   ぼんでしまいますが、5~7月にかけて次々と開花。花の後には艶のある直系3~
   5ミリの紫褐色の実(蒴果)ができ、熟するとポンと紙玉鉄砲のように種子を弾けて
   飛ばす習性から各地に広く分布しています。
f0137096_15584919.jpg
   とんがり帽子に白い羽飾りを廻らせたようなユーモラスな姿のヘラオオバコも、様
   々な姿を見せてくれました。白いピラピラしたのが雄蕊で、カプセル状の花序の下
   方から次第に上へ付けていくので、日が経つにつれ表情が変わって行くのも愉快
   です。芝生のコメディアンではないかしら?
f0137096_15593510.jpg
   ヨーロッパ原産の帰化植物で、江戸時代に渡来したオオバコの仲間で。根元に輪
   生して広がっている根生葉が細長く箆型であることからヘラオオバコ (箆大葉子)
   と命名されたそうです。草丈は30~50センチ、一株から十数本の花穂が立ち上が
   り、揃って風にユラユラ。まるでフラダンスをしているようでした。

   午後3時前後から空が怪しくなってきたので、道草散歩を切り上げて急いで帰宅し
   ました。帰り着くなり大粒の雨が!まだしばらくは大気の不安定な状態が続きそう
   です。

       ♪♪♪ 古楽器ツィターで忘れられない一夜を・河野直人コンサート ♪♪♪
   弦楽器のルーツと言われるツィターを駆使して、古典からポップ、日本の抒情歌まで
   幅広い演奏で活躍している河野直人さんのニューアルバム「Ziter in the Sky」
   発売記念コンサートです。
f0137096_1635061.jpg
f0137096_1651873.jpg
   世界屈指のツィター奏者・河野保人さんを父に持つ直人さん自作の「カサブランカの
   恋人」「小径の散歩」他、一世を風靡したツィターの名曲「第三の男」、日本の抒情歌
   「浜辺のうた」他。ギターやウクレレで世界の音楽巡りをしているキヨシ・コバヤシさん
   との絶妙のコンビで、タヒチアンメロディなどもまじえて。
f0137096_16271312.gif

[PR]
by love-letter-to | 2014-06-29 16:11 | 道草フォト575 | Comments(0)
f0137096_1317414.jpg
   梅雨が明けたのかしら…と思わせるような日が続いているうち夏至も過ぎて、6月
   も第四日曜日に。サッカーワールドカップで日本代表は決勝トーナメント進出に、
   わずかな望みを残しておりますが…。関東地方でも再び前線が活発化して梅雨は
   後半戦に。大気の状態は非常に不安定で断続的に豪雨が!
   梅雨晴れの上水堤ではオカトラノオが優美な曲線を描いて、風とスィング。壮観な
   群舞に命の洗濯ができました。
f0137096_13223547.jpg
   早咲きタイプはもう茎の付け根付近の小花は咲き終わっていますが、遅咲きの花
   穂は鮮やかなロングシュートのような放物線を見せています。
f0137096_1324364.jpg
   オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、北海道~九州にかけて 山麓の草地など
   群生しているそうですが、ここ玉川上水堤の商大橋~桜橋にかけての右岸にも近
   隣では貴重な群生が見られます。
f0137096_1327074.jpg
   草丈80~100㌢の茎先に10~20㌢の花穂を弓なりにつけます。花径5ミリ程度
   の5弁の花が基部から末端部まで100個以上数えきれないほど、開花させていき
   ます。その姿が虎の尾に似ているとかで、名称に。仲間にはヌマトラノオ、ノジトラ
   ノオ、サワトラノオなどがありますが、丘虎の尾が断然素敵!
f0137096_13283047.jpg
   小花の数が多いだけに蝶や蜂も入れ替わり立ち代わり訪れて、密の採集に励ん
   でいます。上はスジグロチョウとキチョウでしょうか。
f0137096_13291458.jpg
   蜂とセセリ蝶仲間のキマダラセセリではないかと。
f0137096_13314747.jpg
   オカトラノオの群生の所々には、葉も花も同じ若草色のトウダイグサも梅雨晴れの
   陽を受けていました。1㍍近いノッポの茎の先端で5枚の長楕円型の葉が輪生。そ
   の中央部に盃状の花のようなものを多数つけています。
   盃型の花に見えるのは苞葉が変化したものだそうで、その中心部に花弁や萼が退
   化した極小の花序を抱いています。花と葉が同系色の黄緑色であるのも ユニーク
   で、花とは見えない花です。その名前の由来は、岬に立つ灯台ではなく昔の照明で
   ある燈台(灯架台)に見立てて名づけられたそうです。
f0137096_13365944.jpg
   オカトラノオの群生と競うように、自生野草保護・観察ゾーンではノカンゾウ(野萱草)
   も咲き始めました。ユリ科の多年草で早朝に開花して、夕方にはしぼんでしまう一日
   花です。開花したばかりは黄色ですが、時間を追うにつれ赤味を増して橙色に。幻
   想的というか牧歌的な景観を楽しませてくれます。
f0137096_13373120.jpg

   ・・・・一冊一冊がオンリーワン!八王子手づくり絵本の会35周年記念展・・・・
f0137096_14411358.jpg
   目をキラキラ輝かせ、時間が経つのも忘れた子どもの頃に、連れ戻してくれるような
   絵本が277冊も!八王子市の児童文学講座がきっかけで誕生した「八王子手づくり
   絵本の会」35周年記念作品展が今月25日から、八王子駅北口の東急スクェア11階、
   学園都市センターギャラリーで開かれます。手描きの絵に文字も手書きして、様々な
   意匠で製本した手づくり絵本は、本の原点であり、理想の絵本でしょう。
f0137096_1444366.jpg
   “35年生”から“1年生”まで20人が出品する277冊は、いずれも思わず抱きしめたく
   なるような絵本ばかり。岩手・陸前高田市の「奇跡の一本松」がモニュメントになるま
   でを絵本にした新作「ひとりじゃないよ」、旅情を掻き立てる旅行記など…、30日まで
   10~17時(最終日は16時まで)、入場は無料です。手に取って頁をめくったり、腰か
   けて読める席も用意されています。
f0137096_18554068.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2014-06-22 13:38 | 道草フォト575 | Comments(8)
f0137096_16372555.jpg
   久しぶりの青空で迎えた6月第三日曜日!このところ、梅雨の晴れ間を見計らって
   上水堤へ。一昨日でしたか、小松橋に差し掛かった途端、ゴロゴロとトロッコでも近
   づいて来たような音がして、雨粒がパラパラ。数分後にはドラム缶をひっぱたくよう
   な音に変わり、土砂降りに。
   幸い、都営津田町アパート の階段下に逃げ込むことができましたが、大気の変化
   のすさまじさに立ち往生。30分ほど雨宿りしてしまいましたが、上水堤に戻ると、新
   堀用水際でホッとしたような姿のホタルブクロに出会いました。
   それで気が付いたのですが、この付近の新堀用水に水が戻り、おしゃべりでもして
   いるようなせせらぎの音が!
f0137096_1643491.jpg
   昨年の8月半ば過ぎから、台風の直撃で朝鮮大学校付近の新堀用水に亀裂が生
   じて、改修工事のために通水がストップされていましたが、今春から水が再び流れ
   るようになり、せせらぎの音が甦ってきました。せせらぎに呼応するように、提灯に
   似てふっくらとした花を揺らせていたホタルブクロ。提灯花とも呼ばれる姿が見られ
   る上水堤はいち早く夏の装いに。上は津田町アパート内の敷地と自生野草保護ゾ
   ーンで出会ったホタルブクロです。コバンソウ(小判草)もいつの間にか黄金色から
   褐色になって、季節は早足で…。
f0137096_16455837.jpg
   落雷や竜巻も伴うゲリラ豪雨が頻発している昨今、雨宿りさせてもらった津田町ア
   パート内に住んでいるという女性は、私が手にしていたカメラを見て、変わり咲きア
   ジサイや白い小花がレース模様のように開花していたニワナナカマドを指さして、
   「ねえ、花嫁さんのブーケに似ているでしょ。今が見頃よ、撮っていけば」などと、世
   話を焼いてくれました。花好きな友人が植えたそうですが、その女性は体調を崩して
   おり、先のことは分からないからと、独り言のようにぶつぶつ。雨宿りも“多生の縁”
   ですね。
f0137096_1648303.jpg
   雨上がりのナツツバキも、フリル状の花びらの周囲に雨滴が光って水晶の珠のよう!
   夏に椿に似た花を咲かせることから夏椿。シャラノキ(娑羅樹)の別名で呼ばれるこ
   ともありますが、釈迦が入滅したときに近くに生えていたことで有名な「沙羅双樹」は、
   全く別の熱帯樹・インドボダイジュだそうです。
f0137096_16505532.jpg
   一位橋下流の新堀用水沿いでは、自生種のヤマボウシが満開でした。 かなり古木
   ですが、高さ4~5㍍の木全体を覆うほど白い花が圧巻でした。
   ヤマボウシは 本州から九州に分布するミズキ科の落葉亜高木で、朝鮮から中国に
   も分布。本来は山地の谷あいなどに生育。中国名では「四照花」と称され、木いっぱ
   いに花が咲いた時に四方を照らす様を表現しているそうです。最近、ヤマボウシが
   墜落した軽飛行機と見誤られて、秋田県警に通報されたことがありました。そのくら
   い山中では目立つこともあるようです。
f0137096_16533564.jpg
   4枚の白い花びらに見えるのはハナミズキと同じく総苞です。中央の球体に見える
   のが花の集合体で、坊主頭に見えることから山法師の名前がつけられたとか。
f0137096_16551999.jpg
   街路や民家の庭でよく見かけるヤマボウシに比べて、総苞がおしゃもじ型で風情も
   かなり違うと思うのですが、その違いを認識してくれる方が少ないのは残念です。
   栽培種の庭木と違って貴重な存在で、上水堤でもこの1本しか棲息してないとか。
f0137096_16563235.jpg
   上は庭木のヤマボウシです。自生種に比べて総苞が菱型に近く、空飛ぶ座布団み
   たい。
f0137096_16584943.jpg
   商大橋下流の堤を下って歩くと、自生野草保護ゾーンではキンミズヒキやノアザ
   ミが咲いて、草原を分け入るような気分になりました。車の走行がひっきりなしの
   五日市街道に接しているとは思えないほど、上水堤には自然がまだ息づいてい
   ます。
f0137096_1659225.jpg


   ・・・・・命の再生や森の妖精で知られる人形作家・吉川潔さんの作品展・・・・・
f0137096_2115112.jpg
   小平市にお住まいで、木で人肌の優しさを感じさせる人形作家、吉川潔さんの作
   品展が6月19日(木)~7月1日(火)、立川駅北口のたましんギャラリーで開かれ
   ます。多摩信用金庫本店ビルの9階で10~17時、入場無料です。
f0137096_217751.jpg
   慶応義塾大学経済学部在学中から絵を描き始め、絵本の挿絵やイラストの作品
   展活動を続けた後、プラハ国立芸術大学へ留学。人形、舞台美術を学んで帰国
   後、吉川さんは劇団「飛行船」で数々の人形や舞台美術、演出を手掛ける一方、
   創作人形作家として、「森のなかま」としてファンタジックな妖精たちを多数制作し
   てきました。単なる愛らしさだけでなく、心の安らぎを求めて40数年になるそうです。
f0137096_2175395.jpg
   3・11東日本大震災以後は鎮魂や祈りを表現してきましたが、現在は生きること、
   命の再生をテーマに水彩や油絵など平面・立体・人形を出展するそうです。
   人形劇団に関わっていた15年余、その人形や舞台装置で化学物質を含む素材
   を少なからず 使ってきた反省から、木や土など自然素材にこだわるようになった
   とのこと。そんな吉川さんの想いを込めた作品はほのぼのとして、安らぎと今ある
   幸せ、明日への力をみなぎらせています。
[PR]
by love-letter-to | 2014-06-15 17:03 | 道草フォト575 | Comments(0)
f0137096_1523285.jpg
   関東甲信越も真夏日から一気に梅雨入りして、6月も第二日曜日に。今朝は薄日が
   射してきたように見えたのですが、気象の変化が目まぐるしく断続的に強い雨が降っ
   て…ここ数日で平年の6月の雨量を上回る大雨を記録しています。
   梅雨を先導するように咲き始めたドクダミ。 ドクダミは毒を矯める・止めるの意で、全
   草を乾燥させたものは生薬として消炎や利尿材に。葉は化膿止めに使われるなど様
   々な薬効があるので十薬(じゅうやく)の別名もありながら、「殖え過ぎて困る」「あの異
   臭が嫌い」 などと、歓迎されない花の一つでしょう。 でも、気取らなさや清潔感が好き
   というファンも。
   我が家では隣家との境に、いわゆるドクダミと八重のドクダミが混在して、どちらも花
   盛り。異臭のせいか虫も寄って来なくて、双方が競い咲いています。
f0137096_15291638.jpg
   花弁状の白い苞が数段に重なって開花している八重のドクダミは、“白衣の天使” と
   名付けたくなるほど、清楚です。20 年ほど前に、ある絵画グループ展の会場の隅に
   飾られていたのに惹かれて、終了後に数輪分けて頂きました。花瓶に挿しておいたと
   ころ、茎の下部から髭根が伸びてきたので、キッチンの軒下に植え替えてやりました。
   手入れもせず放置していたのに、翌年の梅雨入り前後から“白衣の天使”が姿を!バ
   レリーナにも見えて、異臭も気にならないほど素敵です。
f0137096_1530730.jpg
   年を追うごとに株が殖え、そのうち一重のドクダミも姿を現して、八重は駆逐されるの
   ではないかと危惧していましたが、今年も健在です。一重と八重のハーフのような花
   も現れて、なかなかドラマティックです。いずれも白い花びらに見えるのは総苞で、花
   弁状に変化したものだそうです。今朝は雨に打たれてぐっしょりしていますが、梅雨に
   似合う花だなァと思います。もう少し若かったら、花粉を採取して遺伝子の変化を追っ
   てみたいところですが…。It’s too late!
f0137096_15323013.jpg
   西からの低気圧が近づかないうちにと、駆けつけた上水堤ではアジサイが虹色に近
   づき始め、ビヨウヤナギが長い蕊を目立たせていました。花径5~6㌢ほどの山吹色
   の花の中央部に長い雄しべが多数直立している姿が美しく、葉が柳の葉に似ている
   ことから美容柳の和名に。白楽天の『長恨歌』に玄宗皇帝が楊貴妃を追慕するくだり
   に、『未央の柳』が登場し、長安の都の未央宮にあったことから未央柳と書くことも。
   以前はフランス人形の睫毛に似ていると思っていたのですが、最近は制服姿の女子
   高生まで、長~いつけ睫毛をカールさせてアイメイクばっちり。素顔でも可愛いのに…。
f0137096_15332491.jpg
   可愛いといえば、ムラサキシキブの花も今が旬です。花径5ミリ前後の淡い小花が十
   数個房咲きになって、葉陰に。秋に紫色の実をつけている姿も魅力的ですが、花もキ
   ュート!
f0137096_1537125.jpg
   元小川水衛所跡のエリアに植わっている桑の木に、今夏は実をつけていました。一
   昨年からの大規模な改修工事で、昨年は実をつけていませんでしたが、元気を取り
   戻したようです。かつては水衛所で食されていたのか、とても大きな実をつける桑の
   古木です。大人の親指の先ぐらいもあり、来年はジャムにできるくらい拾ってみたい!
f0137096_15385540.jpg
   水衛所跡から少し下った辺りで、目の前にポトリと落ちてきたのは栗の雄花穂でした。
   細長いモール状で長さは20㌢以上ありました。上水堤には山栗がかなり植わってい
   ますが、老木化しているのか次第に実は小さく少なくなっています。でも、人目につか
   ないところで花を咲かせているのですね。
f0137096_15435245.jpg
   商大橋~桜橋にかけての右岸・五日市街道側の堤では、梅雨入り前後から夏至にか
   けての風物詩にもなっているオカトラノオがそろそろ開花。放物線を描くような花序に
   小花を付け根から開花させつつありました。 虎の尻尾のような花穂をつけることから
   オカトラノオと名称されていますが、優美な曲線を描いている花穂の群生を見ると、玉
   川上水の貴重な存在を再認識させられます。開花ピークはこれから1~2週間かしら?
   上はノビルの花とツーショット。
f0137096_15431331.jpg
   津田3丁目アパートの敷地内では、蛇の目傘を広げたようにマツバギクが咲いていま
   した。松葉のように棒状の葉で、キクをイメージさせる花を咲かせるので松葉菊と称さ
   れていますが、キクの仲間ではありません。南アフリカ原産の多肉植物で葉は肉厚で、
   冬咲きもあるそうです。花の大きさは2~5㌢で、ピンク、白、オレンジ、黄色、紫、赤な
   ど多彩な色があり、花びらの表面には金属のような光沢があります。日の光を受けると
   花びらを開き、夜になると閉じます。そろそろ青空が恋しい!
f0137096_23401778.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2014-06-08 15:44 | 道草フォト575 | Comments(0)
f0137096_1562425.jpg
   今日から6月、最初の日曜日を迎えました。先週半ばからいきなり真夏の暑さに!
   東京都心では今日も午前中から32℃を上回り、35℃を超す猛暑を記録した地域も。
   日本列島を発達した高気圧が覆い被さって、全国的に異常な暑さが続いている状態
   だそうです。夏本番は如何なることになるやら…。
   毎年、梅雨入り前後になると、樹木や垣根などにからまりながら純白の筒状の蕾を開
   くスイカズラ (吸葛 )。開花すると鳥の嘴に似た花が甘い香りを漂わせて、折々に旅し
   た野山を思い出させてくれます。開花早々は目が洗われるように真っ白ですが、時間
   が経つにつれてクリーム色から黄色に変化する一日花です。白を銀に、黄色を金に見
   なして金銀花だなんて、素敵なネーミングですね。
f0137096_15115147.jpg
   花の筒状部分に蜜を蓄えており、甘い物の乏しかった時代には花の口から蜜を吸って
   いたことから、吸葛の名称に。冬でも葉を青々と茂らせていることから忍冬(ニンドウ)と
   も呼ばれて、親しまれています。
f0137096_15122685.jpg
   茜屋橋~貫井橋にかけて、立木を覆い尽くすほどスイカズラがからまり、金銀の花を
   輝かせていました。このところ暑さでも疲れもみせずに!
f0137096_15151240.jpg
   もう膝丈から腰丈ほどに伸びた下草のところどころに、濃いピンクの可憐な花をつけて
   いたのはナワシロイチゴ。種籾から苗を育てる苗代の時期に熟するので苗代苺と名づ
   けられたそうですが、近年は田植えの時期も 早まって、季節感がずれていますね。別
   名はサツキイチゴとかサオトメイチゴ、ワセイチゴと呼ばれて食べられるそうです。一度
   食べてみましたが、甘くておいしい苺を食べなれている現在の嗜好には不向きでした。
f0137096_15183280.jpg
   いろりの里の近くにある保存樹林では、黄色い小花をつけたニガナが咲き乱れていまし
   た。一昨年から昨年にかけて雑木の伐採・剪定された効果抜群!見違えるほど下草の
   生育がよくなっています。針金のように細い茎を多数に分岐して、その先端に直径1~
   2センチの黄色い5弁の花を沢山開花。風になびかせて小花を右左に揺らせていると、
   何処か山里を訪ねた気分に。こういう時間が大好き!若い頃は見向きもしなかった野
   の花が遊び相手になります。保存樹林も定期的な管理が大切ですね。
f0137096_15224230.jpg
   ニガナはキク科の多年草で、茎や葉に苦味のある白い乳液を含むので、苦菜の名前
   に。苦いけれど食べられるそうですが、食べてしまうより、景観として愉しみたいです。
   よく見ると雄蕊の先端がゼンマイのようにカールして、何と可愛い友だちよ!
f0137096_15253273.jpg
   伐採された切株には二種類の茸がニョキニョキ。一種はシメジに似ていて、もう一種
   は毒々しい赤い茸でした。こういう茸の菌類が草花の生育環境にプラスするのかも…。
f0137096_1526124.jpg
   桜橋から商大橋にかけては、下草の茂みからノビルの花穂が覗いていました。ちょっ
   と、とぼけた表情ですが、花は小さな水晶のかけらみたい。ムカゴの塊の周りに10~
   20輪つもけます。まだ1輪か2輪しか開花していませんでしたが、ここ数日の暑さで今
   日あたりは満開になっていることでしょう。下は昨年撮影したノビルの花です。紫水晶
   のアクセサリーみたいでしょう?ニラ仲間特有の匂いからは信じられないほど、素敵!
f0137096_15265412.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2014-06-01 15:29 | 道草フォト575 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30