<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0137096_14172274.jpg
           ななかまど燃え補陀洛(ふだらく)の山仰ぐ
   秋の長雨が降り続いていた先週末、2泊3日で奥日光・中禅寺湖畔を訪ねてきまし
   た。夏の行楽と秋の紅葉の狭間の生憎のシーズンですが、この時期に通い続けて
   10年。日本でのフライフィッシング発祥の地と云われる奥日光に 鱒釣りのメッカを
   築き、かつては30~40棟も立ち並んでいた外国大使館や外国人別荘の中でも中
   心的存在で、ひと際スケールの大きかった日英混血の実業家 ハンス・ハンターの
   西六番別荘地。その跡地の公園で開かれるハンター忌(9月24日)に参加してきま
   した。
   8月半ばから晴れた日が殆どないということでしたが、3日目は朝から青空が広がり、
   男体山も久しぶりに全容を見せました。湖畔のナナカマド(七竈)の葉が色づき始め
   実はもう真っ赤に。
   補陀落(ふだらく) は観音菩薩の住処、あるいは降り立つとされ、日光という地名は
   補陀落~二荒(ふたら)~二荒(にこう)~日光となったという説があります。
   中禅寺湖は海抜約1240㍍、日本で一番高いところにある湖です。男体山の高さ
   は約1000㍍。晴れていても雲や霧の流れが絶えず、瞬時に見えなくなることもしば
   しばです。
f0137096_14282995.jpg
   25日中禅寺湖でのワカサギ漁解禁(9月20日~10月31日)になって初めての日曜
   日で、久々の晴天とあって朝7時の開始時刻には100艘以上の釣り船が湖へ。
f0137096_1429177.jpg
   湖岸から見ると色とりどりの釣り船が静止したままで、点々とまるで絵に描いたよう。
   定められた漁区域内でひたすらワカサギを釣っているそうです。2011年の東日本大
   震災・東電原発事故以来放射性物質が国の基準値を超えて、禁漁・持ち帰り禁止が
   続いておりましたが、本日のモニタリング調査では持ち帰りも可能ということでした。
f0137096_14334916.jpg
   今年の7月1日にリニューアルオープンした「イギリス大使館記念別荘」も訪ねてみま
   した。菖蒲が浜、千手が浜まで望める一等地に幕末・明治初期に活躍した英国の外
   交官アーネスト・サトウ(1927~1990)が、明治29年(1872)に自分の山荘を建て、
   好きな登山や植物の採取を楽しんだとか。日記によると、いろは坂にバスなど通って
   なかった時代に、ひんぱんに往復しています。後に英国大使館別荘になり、平成20
   年(2008)まで利用されていましたが、栃木県に寄贈され改装工事を終えて公開。湖
   水に面した木造2階建てはできるだけ往時の姿を再現。素朴な外観が周囲の4景観
   に溶け込んで見えました。
f0137096_14383984.jpg
   1、2階とも広縁からの眺めはイングランドの湖水地方を偲ばせて、気象により刻々と
   変わる眺めをのんびりと楽しみたい雰囲気でした。家具調度も大使館別荘時代と ほ
   ぼ同じだそうです。
   2階のダイニングでは紅茶4種とスコーン2種のセットなどが楽しめます。訪ねた日は
   週末でツアー客が続き、楽しみにしていたアフタヌーンティーは諦めたのが残念!次
   回には楽しみたいと。
f0137096_1441418.jpg
   アーネスト・サトウの履歴や日本各地の旅での記録、幅広い交流史が展示され、その
   旺盛な好奇心と多彩な活動に驚きました。彼を魅了した奥日光をはじめ日本の素晴ら
   しさを見直しました。きっと、そういう人が多いはずだと…。
f0137096_14431687.jpg
   低公害バスで千手ヶ浜へ向かう途中で見た小田代ヶ原は、湿原状態で草紅葉もやっと
   色づき始めた状態でしたが、1~2週間後には見頃を迎えそう。バス内のアナウンスで
   は鹿の食害対策として設けた電気柵を効果でワタスゲ、リンドウなど自生植物も復活し
   てきているそうです。
f0137096_14491673.jpg
   ハンス・ハンターが鱒釣りの拠点にしていた千手ヶ浜の「東京アングリング・エンド・カン
   ツリー倶楽部」跡へは、低公害バスの終点から徒歩10分ほど。
   外山沢川にかかる木橋と吊り橋を渡ると、湖面に向かって開けた草地が見えてきまし
   た。途中、「熊に注意」の立札が下がり、辺りは怖いほど神秘的な雰囲気です。
f0137096_145215.jpg
   「東京アングリング・エンド・カンツリー倶楽部」のクラブハウスは3年前に全焼してしま
   いましたが、後継管理人の伊藤誠さんが「仙人庵」と称する住まいを再建。今やクリン
   ソウの聖地として知られるようになった敷地内に、5~6月は3万人も訪れたそうです。
f0137096_14551176.jpg
   火災で重体に迫った伊藤さんも元気になられて、クリンソウの管理や敷地内の整備に
   勤しんでおられました。
f0137096_1458502.jpg
   昭和22年(1947)9月24日、64歳で他界して69年、地元の有志やハンター氏の足
   跡に関心のある仲間で続けられてきた「ハンター忌」も10回目を迎えました。
   例年通り「西六番別荘地」跡に残る暖炉の焚口に花を供え、中禅寺湖に花びらを流
   すセレモニーも終えました。終日降っていた雨も、その間だけ止んで、参加者は「奇
   跡的!」と。
f0137096_14595710.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2016-09-26 15:01 | 折々通信 | Comments(0)
f0137096_20434669.jpg
        彼岸花彼岸を待たず満開に
   9月も第三日曜日を迎え、夕方6時にはもう日が落ちて、時の過ぎるのが一段と早
   く感じられる候になりました。秋雨前線の影響で不安定な天候の日が続いておりま
   したが、一昨日、小平霊園を訪ねましたら、正門近くの彼岸花が もう満開状態でし
   た。明日の敬老の日が彼岸入りですが、玉川上水堤の彼岸花もここ数日がピーク
   ではないかと。
f0137096_20471417.jpg
   彼岸を迎える頃に開花することから彼岸花とされ、真っ赤な6枚のリボン状の花弁
   をカールさせた6個の花が複雑に絡み合って、燃え盛る炎さながら。
f0137096_20501116.jpg
   墓地付近に多く見られ、毒々しくも見えることから「死人花」とか「地獄花」とされる
   地方も多く、私も 「毒花だから触ってはダメ」と聞かされて育ちました。一方、お釈
   迦さまが法華経を説かれたときに、天がこの花を降らせたことから 「天上花」ある
   いは「曼珠沙華」とする正反対の説もあります。いずれにしても記録的な猛暑が各
   地で観察される近年は、彼岸花の開花も早まっているようです。
f0137096_20531216.jpg
   玉川上水・久右衛門橋下流の堤で赤紫色のゲンノショウコが数輪咲いていました。
   白花種もあり、どちらも古くから下痢止めの妙薬に使われ、効能がよいことから「現
   の証拠」と。以前は堤のあちこちに自生しておりましたが、出会うことが少なくなって
   残念です。赤紫も白花も花が終わった後につけるロケット状の実が弾けると、神輿
   の屋根の形になって、とても面白かったのに。
f0137096_2055131.jpg
   中央公園付近の南岸には、ショウジョウソウ(猩々草)も花をつけていました。トウダ
   イグサ科の多年草で、ポインセチアと同じく茎先の小葉(苞葉ともいう)が猩々の顔
   のように赤くなることが名前の由来。赤色化した葉に目が奪われて目立ちませんが、
   葉の上につけている黄緑色の小さな粒々が花です。黄色の蕊を覗かせています。
   猩々は猿のような赤い顔、赤い髪をした中国の伝説上の妖怪で、日本では能のほ
   か各種芸能に登場します。なお、ポインセチアはトウダイグサ科の常緑低木で、猩
   々木とも呼ばれるそうです。
f0137096_2121771.jpg
   小平市立四中南側の上水堤では、真っ白な綿毛のボンボンに出会いました。竹製
   耳掻きの頭についているフアフアの刷毛にそっくり。ダンドボロギクの綿毛でした。
   草丈1メートルあまり、多数に分岐した茎の頭にタンポポの綿毛のような冠毛を。
   その綿毛のボンボンが風に吹かれて、崩れて飛散寸前の姿も。ダンドボロギクは
   キク科の一年草で雑草の類ですが、1933年に愛知県の段戸山で発見されたの
   で、その名前が付けられたそうです。
f0137096_214241.jpg
   冠毛は非常に繊細で直ぐ飛散してしまうので繁殖力は旺盛、森林伐採地や山火
   事の跡にはびこることが多く、アメリカでは Fire Weed (火の草)と呼ばれている
   とか。しばらく立っているとくしゃみが止まらくなり、目もちかちか。花粉症の方は要
   注意かもしれません。
f0137096_21165363.jpg

   このところ、仲秋の名月も十六夜も見えない日が続いて残念ですが、今宵は立待
   月とか。
[PR]
by love-letter-to | 2016-09-18 21:04 | 折々通信 | Comments(0)
f0137096_2116815.jpg
         新涼や風とスイング雁草(かりがねそう)
   9月第二日曜日の今日、やっと残暑から解放されました。身も心も蘇った気分で、赤
   いウォーキングシューズで玉川上水堤へいそいそ。喜平橋下流右岸で風とスイング
   しているカリガネソウ(雁草)に出会うことができました。
   初秋の風は“色なき風”と称されますが、カリガネソウに出会うたびに、ちょっと変わっ
   た5弁の花は、新涼の風の色ではないかと思う私です。青紫というか 藍色というか、
   ヴェネチアングラスのブルーのようでも。
f0137096_2125475.jpg
   草丈は1メートル前後、葉腋の上部で枝分かれして弓なりになった柄の先端に、青紫
   色の5弁の花がモビールのように揺れて、球形の蕾もキュートです。
   下弁には白い絞りを施したような模様が特徴。シソ科の多年草とされていますが、ク
   マツヅラ科だという説も。花冠から細長い雄蕊と雌蕊が弧を描いてユラユラ。揺りかご
   みたいでもあり、ゴンドラにも見えて造物主の妙にサプライズです。
   雁草という優雅な名前は、このユニークな花の姿からと言われますが、別名はホカケ
   ソウ(帆掛草)。 山地に生える多年草で、優雅な花のイメージとは裏腹にかなり強い異
   臭があります。焦げ臭い臭いです。
f0137096_21275892.jpg
   都営津田町アパートの敷地内で、ハナトラノオ(花虎の尾)の写真を撮っていたら、住人
   の女性が腕に抱えていた花束を差し出して「この白い花の香りをかいでごらん」と、話し
   かけてきました。「蘭かしら?」 見たことのない花に驚くと、「ほれ、葉はミョウガそっくり
   でしょ。ハナミョウガよ。きれいでしょ。よかったら差し上げます」と言って、切り取ったば
   かりのハナミョウガを私にプレゼントしてくれました。折角だから頂いて、その場で写真
   も撮ってみました。蘭に似た花の径は4~5㌢。ミョウガとは思えない甘い香りが。
f0137096_2130338.jpg
   もう5~6年以上前に殿が谷戸庭園でハナミョウガを見たことがありましたが、白と紅色
   の縞模様が鮮やかな花だった記憶があります。図鑑によるとハナミョウガ(花茗荷)は、
   ショウガ科ハナミョウガ属の多年草で、中国、台湾、日本に分布。葉が茗荷に似て目立
   つ花を咲かせる事が名の由来だそうです。食用にする茗荷の頭から白いほっそりとした
   花をつけている姿もみたことがあります。
f0137096_21343085.jpg
   上は同アパート敷地内で出会ったハナトラノオ(花虎の尾)。晩夏から秋口に優しいピン
   クの花穂を群れ咲かせています。北アメリカ東部原産で、日本へは大正時代に入り、丈
   夫でよくふえるため急速に広まり、ポピュラーな宿根草の一つに。
f0137096_21384889.jpg
   四角錐の花茎の角に沿って唇弁型の花を整列して付けていることから、カクトラノオとも
   呼ばれます。性質が強く、地下茎を伸ばして広がるので野生化して、上水堤でも小桜橋
   ~茜屋橋に群生も見られます。
f0137096_21414338.jpg
   上水堤では歩く先々で ミズヒキソウが花穂を繁茂しています。赤と白の米粒にも満たな
   い蕾を点々とつけて。その姿から祝儀袋や熨斗紙に使われる紅白の水引に見立てられ
   たミズヒキソウ(水引草)ですが、繁殖力が旺盛で日陰を好む野草や背丈の低い草花に
   とっては侵略者みたい。実は我が家の家屋の北側にも繁茂しています。私のズボンの
   裾や靴底にくっついて帰った種から発芽したようです。
   可憐に見える花穂も強靭で、ちょっと引っ張ったくらいでは切れません。根も深く張って
   抜くのも一苦労です。「どうしたもんじゃろのう」と NHK朝ドラのヒロイン・小橋常子とと
   姉ちゃんの口癖を繰り返しています。
f0137096_2144186.jpg
   その水引草は今が開花期。よく目を凝らして見ると、粒状の蕾が開いて4弁の紅白の花
   に蕊も認められます。2~3㍉の花をカメラに撮るのに汗だくになりましたが…。
f0137096_21455238.jpg
   上水堤でも彼岸花が咲き始めました。今月7日に茜屋橋で1輪、今日11日には鎌倉橋
   付近で5~6輪、中央公園南側のフェンス際にも1輪咲いて、秋を感じる一日でした。
f0137096_2146316.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2016-09-11 21:47 | 折々通信 | Comments(0)
f0137096_16293396.jpg
           薮蘭や開かずの雨戸十数年
   9月最意初の日曜日を迎えました。東北、北海道を襲った迷走台風10号で、河川が
   氾濫。行方不明者や孤立した集落が岩手県内に800戸以上もあると伝えられ、救出
   活動が続いております。東京近郊でも日中は蒸し暑い日々が続いて、新涼が待たれ
   る候。玉川上水堤ではヤブラン(薮蘭)が薄紫色の花穂を林立させて秋色に。
   上水堤を週に1~2回 歩くようになって10年あまり。その間、門扉や雨戸が閉まった
   ままの家が目立つようになりました。老夫婦や一人暮らしで手が回らないのかしら?
   それとも寝込んだり、病院か施設に入っておられるのかしら…と、身につまされるこの
   頃です。
f0137096_16345648.jpg
   人が住んでいる気配のない家の軒先にも元気で、こんもり葉を密集させているヤブラ
   ンは日陰・日向、湿潤・乾燥いずれにも強いラン科の常緑草で、上水堤でも下草やフェ
   ンスの足元に大小の群落をなしています。
   10~30㌢近くもある花茎には、花径4~5㍉ぐらいの薄紫色の花をたくさんつけて穂
   状に。花被片は6枚、花柱の周りに 6本の雄蕊が黄色の葯を。花が終わるや否や薄
   緑色の実になり、秋が深まるれて濃緑色から黒に変化していきます。黒い実をつけた
   まま越冬している姿もよく見かけます。
f0137096_16381517.jpg
   このところ鎌倉橋から上流の中央公園付近にかけて、カナカナカナと甲高い蜩の鳴き
   声を耳にすることが多くなりました。ケケケケとけたたましく聞こえることもあります。午
   後3時を回ったナと時報の合図でもあります。そろそろ引き上げようかと足元を見たら、
   下草の所々にキツネノマゴ(狐の孫)も開花していました。
   草丈10㌢ほどの頂部に淡い桜色をした唇型の花が一つ二つ。マッチ棒の頭くらいの
   大きさですが、その存在をアピールするかのように咲いています。
   上唇は白色で下唇の内面だけが薄紅色をしており、狐とは関係ないイメージですが、
   毛の密生している花穂の間から覗いている小さな花が、子狐を連想させたのかも知れ
   ません。
f0137096_1641739.jpg
   先月半ばから相次いだ台風や移動性低気圧により、激しい雨に見舞われることも多か
   ったせいか 上水堤に茸類がニョキニョキ。中央公園付近の新堀用水沿いには大小の
   傘を広げた茸の一団が。茸図鑑を調べても名前が特定できませんでしたが豊作です。
f0137096_16414145.jpg
   上水沿いの下草の間にはホットケーキ大の傘を広げた茸も。
f0137096_16422117.jpg
   鎌倉橋近くのフェンスの下では茸のパレードに出会いました。これら茸が放出する菌類
   が上水の植生と関わって、自生野草を守っているのかもしれません。
f0137096_16525749.jpg
   数日前に訪ねた昭和記念公園の北部ゾーンにある「トンボの湿地」では、頭から胴体
   まで真っ赤なショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)に出会いました。猩々は中国の伝説上の
   動物で、それを題材にした能楽などで真っ赤な貌に赤い装束をつけて演じられること
   から、大酒呑みや 緋色のものを指すことが多いようですが、ショウジョウトンボも真っ
   赤でした。
f0137096_16533077.jpg
   赤とんぼと呼ばれるアキアカネは尾の部分だけが赤いけど、ショウジョウトンボは目
   玉まで赤くて、群れて飛ばないそうです。オスは単独で池の縁に縄張りを堅持し、縄
   張りの縁に沿って力強く哨戒飛行。他のオスが飛来すると 20㌢ほどの位置関係を
   保ちながら、にらみ合い低空飛行を見せるとか。警戒心が強く戦闘的なトンボだと、
   湿地の管理をしているボランティアが話しておりました。
f0137096_16471219.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2016-09-04 16:54 | 折々通信 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30