忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

折々通信No.77 春隣り

f0137096_17385497.jpg
       庭先の陽射し弾んで枝垂れ梅
     まだ寒中ですが、1月最後の日曜日は冷え込みも底から脱したように、
     明るい陽射しに恵まれました。何よりも温かい陽射しが嬉しく感じる
     日々。少し遠出もしたくなりました。
     上水堤で中央公園付近に差し掛かると、甘い香りが漂ってきました。
     もしかして…と、粕谷家の梅林に立ち寄ってみたら、パラソル状に仕
     立てられた枝垂れ梅2本が七八分咲きになっていました。例年より2
     週間ぐらい早めでしょう。
f0137096_17425161.jpg
     粕谷家は上水本町一帯の旧家で、2本とも先々代が手塩にかけて育て
     たそうです。10日ほど前には1~2輪が走り咲きしていただけなのに、
     昨日はてっぺんから枝先にかけて、開花が進んでいます。屋敷内には
     紅白梅の古木や蕾の時は黄緑色の品種など20本あまり。母屋の裏側に
     も数本の梅古木がある梅屋敷で、ここ10数年、楽しませてもらってい
     ます。昨年、ばっさり剪定された幹からも小枝を伸ばして初々しい花を。
f0137096_1750374.jpg
     梅林の南側の畑地には蕗の薹もポツリポツリ姿を。キク科のフキ(蕗)
     の蕾で、まだ地表に現れたばかりで、半ば土に埋もりながらも“おく
     るみ”代わりの苞葉を剥いで、薄緑色の花を覗かせています。早春の
     使者のお目見えです。このところ雨水が乏しく、地面がカラカラに乾
     いて、気の毒ですが…。
f0137096_17511383.jpg
     隣地のお宅の見事な枝ぶりの白梅は満開でした。そして早くも蜂が蜜
     と花粉集めに群がっていました。まだ時候は行ったり来たりするもの
     の「春隣り」の季節なんですね。
f0137096_17531134.jpg
     中央公園・じゃぶじゃぶ池脇の休憩所では、西寄りに回った陽射しが
     ベンチに扇形のシルエットを浮かび上がらせていました。
     自動販売機で缶コーヒーを買って、ひと休み。日の入り時刻が伸びて
     きたのを感じます。節分・立春も間近ですね。
f0137096_17534859.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-01-29 17:54 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.76 陽だまりに鼓動

f0137096_2027186.jpg
         大寒や陽射しの中に鼓動聞く
     大寒に入り厳しい冷え込みが続いておりましたが、1月第4日曜日の
     今日は日中の気温も10℃を上回りました。久々にウォーキングシュー
     ズを履いて近隣散歩に。4日ぶりかしら。
     もしかして富士山が望めるのではないかと、都立武蔵国分寺公園の高
     台へ立ち寄ってみましたが、空全体に半透明の膜をかけたように、靄
     がかかって、奥多摩方面の山並みですらぼんやり。でも、武蔵野池の
     噴水は陽射しにキラキラ。手前の枯れ芒と好対照でした。黙した大地
     の鼓動を耳にし、目にしたよう。
f0137096_20303216.jpg
     同公園から崖線を下った真姿の池や湧水・お鷹の道も歩きたかったの
     ですが、初場所千秋楽の白鳳と稀勢の里の結びの一番とテニス全豪オ
     ープン4回戦・錦織×フェデラー戦が気にかかり、早々に引き上げて
     しまいました。上は帰り間際に撮った枯れ芒群生です。サヨナラして
     るみたいでした。
f0137096_20314564.jpg
     引き上げようとして多喜窪通りへの階段を見上げたら、2歳児ぐらい
     の男児とママさんが階段の下へ。男児が30段以上もある階段を上れ
     るかな?と見守っていたら、1,2段のところで抱っこをおねだりし
     たようです。
f0137096_20333883.jpg
     都立多摩総合医療センター~小平団地間のバスで、小平団地バス停で
     下車。あかしあ通りを北へ歩いていると、並木のニセアカシアの根元
     に、ハコベがもう開花していました。明日からまた大寒本来の寒さが
     戻って来るというのに、ハコベは柔らかな緑色の葉を茂らせ、白い小
     花を沢山開花させていました。例年より2週間ぐらい早いのではない
     でしょうか。
f0137096_2036044.jpg
     小平団地内ではあちこちに水仙も開花。内側の覆輪も真っ白な水仙も
     見かけました。日本水仙の園芸種でしょうか。とても清楚で芳香を漂
     わせていました。陽だまりには春遠からじを感じた一日でしたが…。
     今日はこの辺で。稀勢の里が初優勝!おめでとう!
f0137096_20371370.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-01-22 20:38 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.75 寒厳しくとて

f0137096_20191045.jpg
         寒木立耳を澄ませば四十雀
     1月第3日曜日の今日は、今冬一番の強い寒波の影響で日本海側から
      関西、東海地方にかけても大雪に。2㍍を超す積雪で、屋根に積もっ
     た雪が崩れ落ちたり、除雪作業中に命を落としたり、ことに年老いて
     豪雪地方で暮らすのは大変だと胸が痛みます。新潟の限界集落に別荘
     を持つ友人の話では、雪下ろしを頼むと1日2万円はかかるそうです。
     小平でも日中の気温は4℃。朝は戸外の水道菅が凍って、路面も粉を
     振りかけたように凍っていました。こんな日は日向でも底冷えがして、
     上水堤を歩く姿も少なく、野鳥の声や羽ばたきがクリア-です。
f0137096_202592.jpg
     寒波が押し寄せる数日前には、上水堤の貫井橋付近でオオイヌノフグ
     リが開花していました。今月3日に歩いた時にも数えるほどですが、
     コバルトブルーの4弁の花びらを広げていました。
     オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)だなんて気の毒な名前ですが、春に
     先駆けて開花。オオバコ科の越年草で全国至る所で見られ、瑠璃唐草、
     天人唐草、星の瞳などファンタジックな別名も。
f0137096_2027829.jpg
     回田町の駐車場のヘリにはホトケノザ(仏の座)も、例年より2週間以
     上も早く開花していました。年明けから温かい日が続いていたので、
     仏様の台座に似た葉の上で浮かれだしたように見えました。
     でも、オッとどっこい、季節はそうそう簡単に冬から春へギアチェンジ
     してくれません。アップダウンの激しい年になりそうです。
f0137096_20291185.jpg
     上水沿いの民家の庭でもロウバイが香り、小金井公園・梅の園の素心蠟
     梅(そしんロウバイ)も満開に。半透明でツヤのあるクリームイエローの
     花びらがまるで蝋細工!臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くことから蝋梅、
     あるいは蠟梅と。冬の花で、上品な香りは冬の厳しさを和らげてくれます。
f0137096_20303235.jpg
     フェンスに遮られて上手く撮れなかったのですが、休耕地ではナズナ(薺)
     も草丈が40㌢前後になって、白い小花をわんさか開花。春の七草の一つ
     で、三味線のバチに似た実も結んでいました。その実の姿から別名ペンペ
     ングサ、シャミセングサ(三味線草)と。ネーミングが何とも巧みで…。
f0137096_2033625.jpg
     ノゲシも路傍の脇や上水堤でも開花していました。ノゲシ(野芥子)は、葉
     がケシに似ているだけで、ケシとは全く別種でキク科ノゲシ属の一種。
     別名のハルノノゲシと呼ばれることが多いようです。花はそっくりで葉の
     棘が鋭く、ごわごわしているのはオニノゲシ。市街地では越年化している
     のか、最近は季節を問わず咲いているのを見かけます。
f0137096_20344472.jpg
     これからしばらく極寒の日が続いて、上水ウォークもさぼりがちになりま
     すが、厳冬期でないと見られない花やシーンもあり、ボチボチと…。
[PR]
by love-letter-to | 2017-01-15 20:39 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.74 初尽くし

f0137096_19124475.jpg
        喜寿にして田んぼで書初め初体験
    年明けて2回目の日曜日、日中の気温も7℃しか上がらず、午後から
    冷たい雨も降ってきました。明日は成人の日。雪にならないといいけ
    ど…。
    「田圃で凧揚げをして、書初めをしませんか」と、紙匠・吉田徳雄さ
    んから誘われ、正月二日、八王子小比企町の磯沼牧場で行われたイ
    ベントに参加してきました。例年、三が日は近くの神社に初詣するく
    らいで、寝正月に近い過ごし方をしてきた私には初体験ばかりでした。
f0137096_19202534.jpg
    年末年始ダイヤのバス電車を乗り継いで、京王線山田駅から徒歩7~
    8分、なだらかな小比企丘陵の南斜面に広がる磯沼牧場へ午前10時
    にたどり着いた時は、5~6組の親子やアウトドア愛好家たちが和凧
    に絵や字を書いていました。「北側に山を背負っているから、ここは
    温かいんですよ」と、牧場主の磯沼正徳さん。
f0137096_19232931.jpg
    磯沼牧場では市街地にある牧場のロケーションを有効活用して、牧場
    体験、牛やヤギ、ヒツジなどとのふれ合い教室など様々なイベントを
    実施しており、書初め・凧揚げ会も今年で3回目。立川駅南口で和紙
    と書道用品専門店を開いている吉田さんの指導で、凧に絵を描いて尻
    尾と糸をつけて、磯沼家の田圃で凧揚げを楽しんだ後、長い巻紙に参
    加者で書初めをしようという催しでした。
f0137096_19275134.jpg
     この日のランチはミルク雑煮と聞いて、牛乳と餅のミスマッチな取り
     合わせが不安でしたが、磯沼家の田畑で採れた糯米でついた餅に大根
     とネギ、絞りたての牛乳を使ったミルク雑煮も、マイルドで信じられ
     ないほど美味でした。ダッチオーブンで煮込んだチリコンカーン、炭
     火焼のフランクフルト、ビーフの燻製の炙り焼き…いずれも初体験の
     味でした。特にマシュマロを炭火で少し焦がした味は忘れられません。
f0137096_19301290.jpg
     北野街道と湯殿川沿いにかけて広がる田圃は、電線に遮られない新春
     の青空が広がって、凧揚げに最高!
     半紙大の手づくり凧でも、よく上がりました。「凧揚げ日和だ!」と、
     吉田さんも目を細めていました。
f0137096_19312576.jpg
     約1時間、凧揚げを楽しんだ後、大きな筆で参加者が一字ずつ「あけ
     ましておめでとう…」と、書初めに挑戦しました。吉田さんが用意し
     た巻紙は長さ20㍍あまり。田圃に長々と。 
f0137096_19453553.jpg
     墨をたっぷりつけた筆の重さ5~6キロにもなり、膝で支えながら字
    を書くそうで、幼児たちはパパやママに支えてもらいながら、字を書
    く体験をしました。
f0137096_19352447.jpg
      自然の中で日本の伝統である書道を体験するのが狙いだそうです。
      墨の香りが正月晴れの空に広がって行きました。
      またとない経験をした2017年の初体験でした。
f0137096_1936891.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-01-08 19:39 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.73 新年早々

f0137096_23591485.jpg
        初春や運気取り込む年であれ
    近年になく温かく穏やかで、澄み切った青空の元旦を迎えました。
    元旦早々、朝寝坊をしてしまい目が覚めたらもう初日は高々と上って、
    今年も初日の出を見逃してしまいました。この調子では運気も取り逃
    がしてしまいそうですが、酉年は商売繁盛、運気も取り(酉)込める年
    とされています。
    上は昨年末に訪ねた石神井公園前の土鈴工房「鈴蔵」の酉年土鈴です。
    お多福のお面をつけた土鈴やヒヨコ連れの土鈴、松竹梅をボディに描
    いた土鈴など、いずれも掌に乗るサイズで、降るとチロチロと素朴な
    音色がこぼれます。土鈴はよく鳴ることから「良く成る」に通じる縁
    起物として好評です。
f0137096_032666.jpg
       子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支の土鈴。

f0137096_014796.jpg
    土鈴工房「鈴蔵」の主・藤沼万治子さんが御岳神社の参道入り口近く
    の旧家の蔵を借りて、土鈴展示館を開設して20数年。その間、藤沼
    さんは石神井の自宅から毎日、御岳まで 電車を乗り継いで通ってい
    ました。片道約2時間。気が遠くなりそうです。
    同居していたご主人の両親が高齢で要介護状態になり、昨春、展示館
    は閉館しましたが、縁あって 自宅近くに土地を求めることができ、工
    房を開設。一部蔵造りになっている工房は雛祭りなどのイベントには公
    開するそうです。
f0137096_0164026.jpg
    工房には3000点以上の土鈴コレクションの収納・展示できるスペース
    も設けてありました。

        明日も好天だそうですから、歩き初めをしたいと…。
f0137096_018116.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-01-01 23:19 | 折々通信 | Comments(0)