<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

折々通信No.81 古都の春

f0137096_1641824.jpg
         春風や我が心にも吹き荒れて 
    2月最後の日曜日の昨日は、団体列車の旅に初参加。このところの気
    温のアップダウンの激しさと花粉症で、心の中まで春の嵐が吹き荒れ
    た状態でしたので、気分転換に古都鎌倉の旅に参加してみました。
    私の場合、花粉症による発疹は3~4年に1回重症化します。今春は
    5段階の4程度の重さで、頬から額、上瞼まで湿疹が出て我慢できな
    いほど痛痒くなりました。
    旅の前日、朝9時過ぎに行きつけのクリニックに駆け込んだのです
    が、風邪と花粉症患者が多くて、受付番号は29番。土曜日の診察は
    医師が一人しかいなくて、しかも午前中のみ。正午に落ち合う約束
    があり、受診できないまま帰宅してしまいました。
    昨年処方された塗り薬で応急処置をして、マスクとメガネ、帽子姿
    で鎌倉へ。幸い、日中は温かく風も穏やかで、北鎌倉~極楽寺~由
    比ヶ浜~若宮大路~鶴岡八幡宮へ。鎌倉は年中縁日のような賑わい
    でした。

f0137096_1645459.jpg
    北鎌倉商店街では様々なつるし飾りが店頭に提げられていました。今
    年で7回目、イタリアンのレストランや古民家カフェなど100店舗以
    上が「北鎌倉吊るし飾りのある街」イベントに参加しているそうで
    す。3月20日頃まで。

f0137096_16461563.jpg
    手持ちの小物を吊るしたり、コースターやトランプなども吊るされ、
    「これなら私にもできそう!」と。

f0137096_16474588.jpg
    女性の側から離縁のできない江戸時代まで、「駆け込み寺」とか「縁
    切り寺」として、女人救済の役割を果たしてきた「東慶寺」。中門ま
    での狭く険しい石段は、男子禁制のためとか。
    その本堂の入口に開祖者・北条時宗夫人の覚山志道尼の遺徳を讃えた
    歌碑、その傍らに、白梅の古木が密やかに。
    東慶寺は今から約720年前、弘安8年(1285)に開創された尼寺でし
    たが、明治以降は縁切りの寺法は廃止され、尼寺の歴史も明治35年
    (1902)に幕を閉じました。

f0137096_164935100.jpg
    3年後 明治38年から新たに円覚寺派の禅寺として今日に。北鎌倉駅か
    ら4~5分。駅に近いせいか老若男女、外国人観光客も境内に押し寄
    せて、カメラとケイタイで自撮りしている姿の多いこと!でも本堂を
    お参りされる姿は少なく、やっと古刹の雰囲気が撮れました。

f0137096_16522881.jpg
    北鎌倉から鎌倉駅へ。江ノ電に乗り換えて極楽寺へ。由比ヶ浜や長谷
    駅から比べると、この日の乗降客は少なく、極楽寺境内でも一人旅の
    気分を味わえました。紫陽花の時期は込み合うそうです。
    江ノ電の線路をはさんで向かい側の高台に建つ成就院を経て、緩くカ
    ーブした極楽寺坂を下ると10分足らずで、由比ヶ浜へ。景色は一変し
    て潮の香りと砂浜を洗う波の音、近寄って来るウィンドサーファーが
    カッコいい!
f0137096_16534298.jpg
    浜を散歩する男女、家族連れも多く、もう鎌倉の海は春の波。
f0137096_16553560.jpg
    傍らには若布を干している光景も見られ、シラス漁も行われている
    とのこと。海水浴シーズンには“芋を洗う”ような由比ヶ浜で、若布の
    簾に出会ったのは新鮮な驚きでした。

f0137096_1718057.jpg
    由比ヶ浜から30分余りで若宮大路の一の鳥居へ。源頼朝が鎌倉に幕
    府を開き、その宗社であり、守護神として800年余。鎌倉のシンボ
    ルでもある鶴岡八幡宮境内へ。正面の舞殿と本殿へ向かう参拝客の
    中で、春らしい着物でバッチリ決めた若い女性たちにカメラを向け
    たら、OKのサイン。着物女子も古都鎌倉の春をシンボリックに。
f0137096_13371970.jpg
        由比ヶ浜で拾った貝殻です。
f0137096_13422167.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-27 16:58 | 折々通信 | Comments(0)
f0137096_17374754.jpg
     2月も第3日曜日に。ここ一週間で春一番も吹いて、空から降ってくる
     のが雪から雨に替わる「雨水」の候に入りましたが、首都圏は今年に入
     って雨らしい雨が降らず、上水堤もカラカラ。歩くと土煙がもうもう、
     靴もズボンの裾も土埃で真っ白になってしまいます。
     花粉も舞い始めたようで、目は痛痒くなり頬には湿疹、風邪も引いてダ
     ウンしてしまいました。
     で、今回の折々通信は旧知の下川明子さんの「創作人形展」のご案内を。
     明子さんは日の出町平井の自宅で、創作人形工房「木綿(ゆう)の声」を
     開設しておりますが、その人形の素晴らしさが伝わり、今回、羽村市生
     涯学習センターの展示室で一挙公開されることになりました。
     上はここ1年かけて制作した最新作「しらうめ保育園児」です。
f0137096_17434199.jpg
     羽村市立保育園の園児たちのスナップ写真に創作意欲を掻き立てられ、同
     園と保護者から許可を得て制作に取り掛かったそうですが、まずスニーカ
     ーの素材に悩み、服飾材料店やホームセンター、古着屋などを探し歩いた
     けど、適当な材料がなくて断念しかけた時、100円ショップでジッパー付
     きの鉛筆入れが使えそうで、靴底も樹脂粘土で何とかなりそうだと、スイ
     ッチがはいったとか。
     何気ない表情やしぐさを人形にするため、写真から園児一人一人をスケッ
     チして、頭に設計図を描いてから粘土で頭を造り、ボディを造り、衣服も
     手縫い…気が遠くなりそうな工程を経て出来上がった園児たち。会場では
     右端の男児のような赤い日除け帽をかぶって展示されるはずです。
f0137096_17483185.jpg
     糸が好き、布が好き、手仕事が大好きな下川さんは、洋裁師の仕事をして
     いたそうですが、子育てに一段落した頃、創作人形作家の与勇輝(あたい・
     ゆうき)さんのピエロ出会い、その虚ろな表情に自分の分身ではないかと。
     井戸端会議のようなおしゃべりが苦手で、内向するタイプの下川さんと私
     は妙に波長が合って、ある会合で出会って以来30年余になります。上は
     初期に創った下川さんのピエロ作品4体と「旅人」と題した若者像。煙草
     ラークのCMからイメージして、根無し草のように世界を旅する青年像を。
f0137096_17505112.jpg
     2歳で実母を亡くして、明子さんは淋しかった幼少期を埋めるかのように、
     幼児や母子象の作品も数多く創っています。上は赤いニット帽に赤いセータ
     ー着て頬杖をついている「日だまり=右」と「思いきり遊んだ後で」。
f0137096_17514759.jpg
    ほのぼのとした母親やお祖母ちゃんの温もりを題材にした作品。
f0137096_1814292.jpg
     かと思えば、粋な着物を着て膝を崩した女性坐像「矢車草」、ゴージャスな
     ファッションを身にまといアンニュイな雰囲気を漂わす女性像「まどろむ」な
     ど、異色の作品も。明子さんのどこにこんな色っぽさが潜んでいるのか…?
f0137096_1841799.jpg
     機械文明や発展に背を向け、厳しい戒律を守り、アメリカ開拓時代の暮らし
     を続けるアーミッシュの子どもたちを題材にした微笑ましい作品も。麦藁帽
     子も麦藁で手作りして。
     下川さんの創作人形は前からだけでなく、背後や横から見ても自然体で細部
     まで神経が行き届いており、見る人に語りかけてくるようです。30年余かけ
     て制作した60体が展示されるそうです。作品の大きさは30~60㌢ぐらい。

     会場の「羽村生涯学習センターゆとろぎ」へは、青梅線羽村駅東口から徒歩
     8分。入場無料。問い合わせは042・570・0707.
f0137096_18152671.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-19 18:07 | 折々通信 | Comments(0)
f0137096_22404013.jpg
           近在に花は咲けども春寒し
     2月第2日曜日の今日も「早春賦」の歌詞通り、春は名のみで、 風
     の寒さが身に凍みる一日でした。3月並みの温かさで立春を迎えたの
     に、その翌日からドーンと冷え込んで、日本海側では中国、近畿から
     東北にかけて豪雪に見舞われております。
     その間、旧友を訪ねて五日市線武蔵引田へ。拝島~武蔵五日市間は、
     日中30分に1本の電車しかなく、ホームで長々と待つことになりまし
     た。駅周辺にはコンビニもなく、ホームの端から端まで行ったり来た
     り。南側に広がる畑地の真ん中に紅梅でしょうか、この寒さの中でも
     満開状態でした。百草園など近在の梅も見頃を迎えているとのこと。
     自宅から小平駅までのバスの車窓、小平から拝島までの電車からも河
     津桜が咲いているのを目にしました。
f0137096_2244179.jpg
     伊豆河津桜も見頃を迎え、河津桜まつりも始まったそうですが、多摩
     地域でも最近、河津桜が目立つようになりました。早咲きでピンクの
     色が鮮やかですから、植栽が進んでいるのかしら?
     上は自宅近くの個人宅で撮った河津桜です。まだ幼木ですが立春早々
     から開花しました。
f0137096_22445366.jpg
     そして桜草も。冷たい北風にもめげず…。
f0137096_22462182.jpg
     玉川上水堤でも、小桜橋~茜屋橋間にアセビが開花。小さなランプ型
     の花をつけた房をたわわにつけていました。馬酔木と書いてアセビ、
     ツツジ科の常緑低木です。
     枝葉に「アセボチン」という有毒成分を含んでおり、馬が食べると酔
     払って足がなえることから「足癈(あしじひ)」と呼ばれ、次第に変
     化して「あしび」そして「あせび」となったそうです。
f0137096_22472465.jpg
     近世までは馬が主要な陸上交通手段で、山路や街道筋にもアセビが多
     く自生していたそうです。万葉集にも「「わが背子に わが恋ふらくは 
     奥山の あしびの花の 今盛りなり」など、大伴家持の3首が。
f0137096_2250357.jpg
     茜屋橋下流左岸にはウグイスカグラもチラホラ、小さなラッパ型のピン
     クの花を。5月頃に赤く熟する実は鶯の大好物で、神楽を舞うように
     群がることから鶯神楽の名前になったそうです。
     花径は1㌢にも満たないけれど、赤く熟した実はナツグミをの半分くら
     いで、甘酸っぱくて美味しい実です。鶯ならずとも野鳥たちの大好物ら
     しく、熟れるや否や彼らに食べられてしまうようで、なかなかお目にか
     かれません。
f0137096_22525484.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-12 22:53 | 折々通信 | Comments(0)
f0137096_20194337.jpg
           節分草あちこち向いて丈3寸
     2月最初の日曜日。昨日の立春は三月並みの陽気でしたが、空気が
     カラカラに乾いております。予報では今日の午後から雨が降るとの
     ことで期待していたのですが…空振り(降り)のようですね。
     今月早々、セツブンソウ(節分草)が開花していると聞いて昭和記念
     公園・こもれびの丘を訪ねてみました。例年なら2月半ばから開花
     するのに、もう満開でした。…と言っても、緩やかな傾斜地にポツ
     リポツリ氷片を散らしたようで、カメラを地に置いたり、腹這いに
     なって撮っている人が見られました。さらにあっち向き、こっち向
     きで草丈も10㌢余り。小さな春です。傍らの松ぼっくりが巨大モニ
     ュメントに見えました。
f0137096_20214098.jpg
     セツブンソウはキンポウゲの仲間で、節分の頃から開花するので節分
     草と。花径2~3㌢、純白の花びらに見えるのは5枚の萼です。本来
     の花弁は退化して花芯部を取り巻いている黄緑色の玉:蜜源(ネクター)
     になっているとか。居合わせた節分草に詳しいカメラマンから教わり
     ました。秩父など石灰岩地帯に自生しているそうで、自生地とは趣が
     違うとも。
f0137096_2023215.jpg
     この日はNHKのロケ隊も来ており、午後6時過ぎからの首都圏ニュー
     スで節分草の開花が伝えられました。
f0137096_20243389.jpg
     同公園のガイドボランティアさんに薦められて、花木園付近のフクジュ
     ソウ(福寿草)も訪ねてみました。まだ開花し始めたばかりでしたが、
     林床のあちこちに大小の群生が輝いて。
f0137096_20255518.jpg
     元日草、朔日草とも呼ばれ古くから親しまれてきた福寿草ですが、学名
     はAdonis amurensisで「アムール川流域の」アドニスです。アドニス
     はギリシャ神話に登場するイノシシの牙に突かれて 死んでしまった青
     年の名前に由来するとか。欧州産の原種は血のように赤い花だそうです。
     花の名前の由来はドラマティックで、古代史やギリシャ神話に由来する
     ことも多く、人との関わりも面白いです。福寿草は全草有毒とのこと。
f0137096_20274138.jpg
     福寿草の近くにはスノードロップの大小の群生も。直訳すれば雪の雫。
     その名のような姿をしているヒガンバナ科の球根植物です。ヨーロッパ
     ~コーカサス地方原産で、和名はマツユキソウ(待雪草)。
     ヨーロッパでは古くから親しまれており宗教との関わりも深く、神話や
     伝説も多く、キリスト教では2月2日の聖燭節(キャンドルマス)の花と
     されているそうです。
f0137096_20284730.jpg
     花は外側に大きめの花びらを3枚、その内側に小さな花びらも3枚。内
     側の花びらは重なり合って筒状になり、緑色の斑をつけるのが特徴です。
     気温が極端に低くなったり、夜になると外側の花びらを閉じて温度調節
     をするそうで、植物に備わったメカニズムに関心してしまいます。
f0137096_20295665.jpg
     花木園では紅梅も白梅も咲き香っていました。今春は南方から運ばれて
     くる大気の影響で、気温の上がる日が多く、ことに関東東海など太平洋
     岸は花の開花が早いとのこと。でもまだまだ寒戻りに要注意ですね。
f0137096_20304045.jpg
     水鳥の池では番らしい鴨が二羽、気持ちよさそうに日向ぼっこを。

      ・・・・東京農工大学科学博物館・友の会サークル作品展・・・・
f0137096_20333022.jpg
     明治時代に農商務省農務局蚕病試験場に設置された「参考品陳列場」
     からはじまって、蚕の育成や養蚕業に関わる貴重な道具や資料を数多
     く所蔵している東京農工大学科学博物館で、繊維と手仕事に関わる伝
     統技術を受け継ぎ、伝えようと「友の会」サークルが発足して36年。
     「絹」「織物」「藍染」「型絵染め」「ひも結び」「レース」「組ひも」
     「手紡ぎ」「紬瑠かご」「わら工芸」の10サークルで活動しており、
     1年間の活動を通して出来上がった作品の展示会です。
f0137096_20352193.jpg
     2月11日(土)まで10時〜17時(入場は16時半まで。月曜の明日は休館、
     最終日は14時で終了)。JR東小金井駅西口から徒歩7~8分、入場無料。
     手仕事の素晴らしさと綿や羊毛、草木の蔓、藁など自然繊維が生活に
     大きな役割を担ってきたか、資源の乏しい日本で使い捨てやゴミ減量
     問題も考えさせられる展示会です。
f0137096_20432342.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2017-02-05 20:44 | 折々通信 | Comments(0)

忘れ得ぬ人々&道草ノート折々


by love-letter-to
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31