忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

折々通信No.95 うつぎ咲く堤で

f0137096_18261295.jpg
       うつぎ咲く波打ちながら咽(むせ)ながら 

    5月も最終の日曜日になりました。大型連休明け頃から夏日

    が続いて、玉川上水堤の草木の花も駆け足で開花。

    数日後には開花するだろうなァと気にしつつ、バラめぐりな

    どしている間にエゴノキの花もクマミズキ、ナンジャモンジャ

    とも呼ばれるイヌザクラも、見頃を逃してしまいました。

    開花のサイクルが狂って、追いついていけないこの頃ですが、

    数日前、上水堤にただ一本植わっているヤマボウシ(山法師)

    を訪ねたら、一位橋付近で本種のウツギ(別名:卯の花)が真っ

    盛りでした。

f0137096_18292742.jpg
    純白の小花をたわわにつけた花房が風に任せて大波小波。

    「卯の花匂う垣根に…」と唱歌に謳われているような香りは

    ないのですが、近づくと咽るような匂いに包まれます。

f0137096_18311505.jpg
    玉川上水堤の商大橋~桜橋にかけて、新堀用水際にウツギと

    桑の木が多く残っているのは、水車や洗い場跡と関わりがあ

    るのかもしれません。どちらも暮らしと結びついている樹木で

    すから。古くからの土地の人の話では、桜橋上流に清水水車が

    あったそうです。桑の実も熟れはじめて…。

f0137096_18323010.jpg
    豆ランプのようなエゴノキの花は殆ど落花していましたが、茂

    った枝葉の間に数輪ずつ留まっていて、見納めを。例年なら数

    千、数万の豆ランプに出会う時期なのに。

f0137096_18342143.jpg
    「たしか平櫛田中彫刻館の生垣の辺り…」と、お目当てのヤマ

    ボウシの花を探したのですが、それらしき花も樹も見当たりま

    せん。商大橋~一位橋辺りの新堀用水際を行ったり来たりして

    みたのに、かなりの老大木のヤマボウシの姿がありません。

    十数年来、毎年楽しみにしてきたヤマボウシが消えてしまった

    衝撃で、いよいよ認知症かしら…そんな思いに駆られながら

    堤をつぶさに探索してみると、朽ちた切り株が目に入りました。
    直径50~60㌢、枯死したのか倒木の危険から伐採されたのか?
    玉川上水流域で唯一本のヤマボウシが姿を消してしまいました。
    
 

f0137096_18394798.jpg
    上の画像は昨年撮ったものです。庭木や街路樹として植栽されて
    いるヤマボウシとハナミズキのハーフみたいな花を。
f0137096_18405841.jpg
     このヤマボウシは自生していたとも、近隣の住民が植えたとも伝
     えられ、どちらとも決めつけがたい存在でした。ファンも少なく
     なく、名物的存在でした。せめてひこばえ(孫生え)でも残せなか
     ったのかしら・・・?

f0137096_18421927.jpg

     ヤマボウシの近くでスイカズラ(吸い葛、忍冬)の銀(白)と金(黄)の
     ツーショットが撮れました。
     咲き始めは銀で、時間が経つにつれ金色に変わる一日花。
     甘い香りがヤマボウシの切り株の近く辺りにも漂っていました。  
     しかし、新規Exciteブログの作成投稿には悩まされます。
   
    

   


    

   






[PR]
by love-letter-to | 2017-05-28 18:49 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.94 バラ香る庭先で

f0137096_22521974.jpg
         薔薇に酔ひダージリンティをもう一杯 

    まだ初夏なのに、5月第3日曜日の今日、東日本を中心に全国

    各地で今年の最高気温になりました。館林市では35℃を超す

    猛暑日ですって!地球の回転軸が狂ったのかしら?

    数日前、知人から教わって国分寺市内、恋ヶ窪駅近くにあるバ

    ラ屋敷を訪ねました。個人宅ですが、MyGardenと称してバラの

    季節だけ公開されています。テラスや庭先のガーデンパラソル

    の下で、コーヒー紅茶にシフォンケーキなども楽しめます。

f0137096_22533532.jpg
    恋ヶ窪駅から国分寺市役所方面へ徒歩2~3分、最初の路地を入

    った辺りからバラの香りが漂って、個人宅のバラ園ではかなりの

    規模です。地植え、鉢植え、バラ垣やアーチ、トーテムポールなど、

    数えたことが無いそうですが200株くらいあるかしら?

    この家の奥さまが10年ほど前から一人で育ててきたそうです。

f0137096_22560832.jpg
    奥さまの知り合いだという女性によると、バラの栽培や剪定など

    の講習会に熱心に通われ、近隣のバラ園にもまめに足を運んでい

    たそうです。直接お話をしたかったのですが、期間中に開いている

    ローズ・カフェの応対に忙しくしておられたので、遠慮しました。

    花の色や姿から、手をかけておられるのが伝わってきました。

f0137096_22573584.jpg
    住まいの壁面にデザインされたウェルカムコーナー。ピーターラ

    ビットやエンゼル、眠り猫などガーデニングオーナメントの使い方

    にもセンスが!

f0137096_22585112.jpg
     テラスやウッドデッキ、庭先に設けられたローズ・カフェでは、コー

     ヒー、紅茶が300(各アイスは350)、カフェラテ400円、ジ

     ュース450円、シフォンケーキ400円で。

    バラの香りに包まれながら飲んだコーヒーは格別でした。

    6月9日まで9:30~17:30公開中。雨の日は休み。

      国分寺市戸倉1-2-21 清水邸

f0137096_00074432.jpg


[PR]
by love-letter-to | 2017-05-21 20:32 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.93 母の日に

f0137096_11070843.jpg

        母の日はモノよりも感謝の言葉を

    5月第二日曜日の今日は「母の日」。母の日を前にして実施された

    あるアンケート調査によると、母親たちはモノを貰うよりも、感謝の

    言葉や共に過ごす時間が一番嬉しいとの結果でした。

    15年ほど前、86歳で逝った母も花や衣類、好物をプレゼントする

    より、毎週の定時電話や手紙を喜んでいたように思います。

    息子夫婦から貰う立場になった現在、毎年、私の趣向や日常に備え

    たギフトを届けてくれ、共に食事をするのを楽しみにしています。

    今日は竹の子とグリーンアスパラを使った五目ずしが好評でした。

f0137096_02041577.jpg

     5月半ばを迎え、上水堤も滴る緑に卯の花(ウツギ)が咲き始めま

     した。行き交う人々にお辞儀をしているように揺れて…。「卯の花

     匂う垣根に…」と、唱歌に歌われているウツギの仲間のマルバウ

     ツギは、散房状につけている花の直径1520ミリぐらい。5枚の

     花弁を星型に開き、黄橙色の花芯部分が鮮やかです。



f0137096_02054075.jpg
ガクアジサイ(額紫陽花)に似たガクウツギ
(額ウツギ)も真っ盛り

       です。年々殖えているように見えます。ウツギと名がつき、茎や葉

       も似ていますが、ウツギとは類縁関係がないそうです。

       故牧野富太郎博士によると、ガクの名の由来はガクアジサイの省

       略で、分類学的にはアジサイの仲間でだそうで、紛らわしい。同属

       種にヤマアジサイ、コアジサイが。津田塾キャンパス南側の堤にコ

       アジサイも数株ありましたが、壁面の崩落で消えてしまいました

f0137096_02070746.jpg


      緑の匂いというか青臭さが漂う上水堤で、甘く優しい香りが漂って
      きました。何かしら?目を凝らすと、スイカズラ(
忍冬)が葉陰に、長い
      嘴をパックリ開いたような姿の白い花が、ペアで並んで咲いていま
      した。スイカズラ(吸蔓)でした。

      朝開いた直後は純白で、時間が経つにつれ黄色くなり、夕方にはし
      ぼんでしまう一日花。白を銀、黄色を金に見立てて、金
銀花とも呼ば
      れます。和名は吸蔓、冬にも葉が落ちないことから
忍冬(にんどう)
      も。蔓性の常緑樹です。

f0137096_02091994.jpg

     上水沿いでも“オレンジ侵略者”と呼ばれるナガミヒナゲシ(長実雛
     罌粟)の群落が目立ってきました。シャーベットトーンのオレンジ色が
     魅力的ですが、繁殖力が旺盛で、開花後にたちまち結実して、カプ
     セルセル状の実の中に何と1000~2000個もの微粒の種子を蓄え
     ており、せっせと飛散させるそうです。
     空き地一面がオレンジ色に染まるほど繁殖しているのも見かけます。

     群生していると、とてもきれいですが、自生野草や作物にも悪影響を
     及ぼす報告が次々。対策に乗り出す自治体も。

f0137096_02174083.jpg





[PR]
by love-letter-to | 2017-05-14 22:19 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.92 風も緑に

f0137096_18274644.jpg
         風薫りエメラルド色に包まれて 

     5月最初の日曜日。大型連休も今日で終わりますね。連休中、北海道

     北見市などでは31℃を超す真夏日を記録したそうですが、全国的に

     天候の激しい崩れもなく、行楽には絶好の連休でした。

     毎日サンデー族の私は人ごみを避けて、都の薬用植物園など近隣を

     ブラブラテクテク。園内の藤も満開で、撮影する人やベンチで語らう

     姿を避けてカメラを向けると、立川市のごみ焼却場の煙突が藤棚と

     エメラルドグリーンの額縁に納まって、印象派の絵のようで…。

f0137096_18310829.jpg
     藤棚の下ではモチツツジも満開!モチツツジの名は、葉や萼など
     に腺毛があって ネバネバする事に由来するそうです。淡いピンクの
     可憐な
ツツジでした。

f0137096_18321689.jpg
    「あへん法」や「麻薬及び向精神薬取締法」により栽培禁止されて
     いるケシ(ソムニフェルム種)やアツミケシなど、栽培試験区の公開が
     始まっていましたが、訪ねた日はまだチラホラ程度で残念!
今月19
     まで公開され
るそうです。     
         
f0137096_18341164.jpg
    同じケシ科でもヒナゲシやアイスランドポピー、紋付きヒナゲシ、
    花菱草は満開で、五月の風に群舞していました。真っ赤な花びらに黒
    い紋様のあ
る紋付きヒナゲシは、栽培禁止種のアツミケシに一見似
    ており、素人には
判別でき にくいけど、園芸店ではピエロと呼ばれ、レ
    ディーバード・
ポピー(テントウムシ) の愛称も。
f0137096_18383384.jpg
     玉川上水沿いでは、茜屋橋付近で宝鐸草(ホウチャクソウ)の群生
     が連休半ばくらいまで見頃でした。翡翠色の筒型の花の先を開き
     加減にして、通常は2連。3連、4連もあり、その姿は風薫る季
     節に相応しく、癒されました。

     
f0137096_18420176.jpg
      憲法記念の日には友人と横浜へ。「キングタワー」の愛称で知
      られる神奈川県庁本庁舎の知事室や旧議場(大会議室)、旧貴賓
      室(第3応接室)が公開中で見学してきました。
      昭和3年竣工、外壁の煉瓦やフロアのタイルは横浜で製造され、
      正面玄関からの階段の手すりは大理石。壁面や天井のレリーフ
      など、さすが国登録有形文化財の風格が!

     
     
f0137096_18455184.jpg
    上は日本大通りや山下公園、象の鼻パーク、運河パーク他、市内
     里山エリアでも開催中の「緑化よこはまフェア」のフラワーフェ
     ス会場で、花花花で埋まっていました。同フェアは6月4日まで
     開催中だそうです。
f0137096_19510238.jpg



















[PR]
by love-letter-to | 2017-05-07 18:55 | 折々通信 | Comments(0)