忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.141 花も緑も急ぎ足

f0137096_22350945.jpg
      金蘭やそこそこの幸せ末永く

    四月も半ばに入り、第三日曜日に。それにしても、今春は花も緑
    
も急ピッチで、桜を追いかけるように梨の花やハナミズキ、藤も
    
開花。公孫樹や欅も芽吹いたと思ったら、刻々と若葉色に。
    
玉川上水のキンラン(金蘭)も、今月12日には開花しておりました。
    昨年より10日早く、今日明日が見頃ではないかと…。
美しさと気
    品を備えたキンランは上水のプリンセスでしょう。

f0137096_22382285.jpg
    今春のように急いで開花すると、先行きが案じられますが、上
    
水路のキンランの開花株は昨年と同じ程度に見えました。ただ、
    
水路際で開花している株も多数あり、数年後には水路壁の崩落
    
で、その命が危ぶまれます。
f0137096_22404346.jpg
    もう花期は終わりかけていますが、ニリンソウも立ち去り難い魅
    力が
あります。まず一輪が咲き、少し遅れて二輪目が開花。二輪
    が同
時に開花していても、二輪目はやや小さく控えめなのがヒッ
    ト歌謡の
歌詞の通りです。
f0137096_22435318.jpg
    あるグループホームで、歌の時間に最もリクェストの多いのは「二
    
輪草」の歌だとか。認知症の方々も歌詞はバッチリ記憶しておられ、
    情感を込めて歌われるそうです。
f0137096_22452952.jpg
    例年なら4月下旬に開花するフデリンドウ(筆竜胆)も、早々とコバ
    
ルトブルーの宝石のような花を。数輪が寄り添って咲いていても
    
草丈が4~5㌢で、周囲の枯れ草に埋もれて目につきにくいのです
    
が、「ここに咲いているよ」と、サインを送ってくれるような気がし
    
ます。
f0137096_22472353.jpg
    コバルトブルーの花は陽が射すと開き、曇ると閉じて筆先のような
    
姿になることから筆竜胆。パラソルを折りたたんだようにもみえま
    
す。一輪だけの小さな株もあれば、十数輪も開花させる株も。
f0137096_22491460.jpg
   野草だけでなく、ケヤキやクヌギ、コナラなど上水堤の樹木も花盛
   
りでした。高木で若葉と同系色の花なので見逃しがちですが、なか
   
なか見事です。上はケヤキの花です。
f0137096_22510946.jpg
   久右衛門橋辺りで頭上高く、見事な花房を垂らせていたのはクヌギ
   
の花。雄花穂で雌花は付け根近くでちんまりと開花しているそうで
   
すが、肉眼では見えませんでした。
f0137096_22524507.jpg
   桜橋で出会ったのはコナラの雄花穂。ケヤキやクヌギより繊細な花
   
穂で、舞子さんの簪みたいです。雌花は付け根につけているそうで
   
すが、肉眼ではとても無理。コナラの実・どんぐりからは想像できな
   
い花穂です。
f0137096_22543087.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-04-15 22:55 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.140 京の旅

f0137096_02470827.jpg
        雨もよし花見小路ぶらり旅

    4月第二日曜日の今日はお釈迦様の誕生を祝う灌仏会。花祭りと

    も呼ばれます。初夏並みの陽気から一転して、ここ数日は三月初

    旬に戻ったよう。福井県内では雪も降ったそうです。

    先週は二泊三日で幼馴染みと京都駅近くのホテルで落ち合い、

    彼女の案内で石塀小路やねねの道、花見小路、祇園街の路地歩

    きをしてきました。昨夜帰宅したばかりです。

    前日まで行楽日和が続いていたのに、京都では生憎の小雨模様。

    でも、「雨なら雨で楽しみ方があるわ」と、心強い彼女。喜寿を超し

    ても早足で、背筋のばして闊歩。かつて大石内蔵助が通い詰めた

    四条通り・一力茶屋の前で、舞子さんに出会いました。

f0137096_02535651.jpg

    お座敷に向かう姿に雨コートを羽織り、真っ赤な蛇の目傘をさした
    
後ろ姿は絵になりました。カメラで撮ってもいいかと、舞子さんに話
    しかけている観光客も。

f0137096_02554291.jpg

    祇園のシンボル八坂神社から東大路通りを少し南下すると、石畳
    
を敷き詰めた細い路地「石塀小路」に差し掛かりました。
    
緩やかな坂道になっており、その両側に町屋が連なっております。
    
町屋の石垣が石塀に見えることから「石塀小路」と、呼ばれるよう
    
になったとか。

f0137096_02572117.jpg

    さすが京都!京都の風情が凝縮されたような小路です。町屋入口
    
にかかっている簾や暖簾、石畳のしつらえも憎い!です。

f0137096_02591888.jpg

    「石塀小路」を上りきると、「ねねの道」と呼ばれる広い石畳みの通
     りに。東山区有数の観光スポットで、外国人観光客もいっぱい!
    
豊臣秀吉の正室寧々が晩年を送り、終焉の地とされることから「ね
    
ねの道」と名付けられたそうです。

    舞子さんの衣装を着た青い目の女性にも出会いました。アゼルバイ
    
ジャンから訪れたそうです。カメラも撮らせてくれました。

f0137096_03032161.jpg
   「ねねの道」から少し坂道を上った処にある友人お奨めの食事処「無
   
碍山房」で、昼食「時雨膳」を頂きました。

   京都を代表する老舗懐石「菊乃井」の離れで、昨年、オープン。山房を
   
イメージした数寄屋造りの建物で、気軽に和食を楽しめるようにと、
   
昼食と甘味喫茶のみの食事処です。

f0137096_03051899.jpg
   枝垂れ桜はもう終わりかけていましたが、手入れの行き届いた庭を眺
   
めながら頂いた時雨弁当は月替りで、長芋羹にうすい豆のジュレ掛け
   
の先付など八品に、竹の子ご飯と香の物。友人の計らいでおつくり付
   
きを。揚げ海老真丈の煮物椀が特に美味しかった!
f0137096_03071687.jpg
   食事の後は祇園・花見小路と花街の路地を散策。小雨が降ったり止ん
   
だり。縁切り神社として知られる「安井金毘羅宮」で、悪縁を断ちたい、
   
別れたい、不倫相手が奥さんと別れて欲しい…などなどと書かれた絵
   
馬、形代の夥しい量に言葉を失いました。
f0137096_03085838.jpg
   縁切り、縁結び碑(いし)と呼ばれる巨石の回りも、願い事を書いた形代
   
で埋まり、石碑が見えないくらい。

   願いを書いた形代を手に、碑の下部に空いている穴をくぐり、もう一度
   
くぐって戻って来ると願いがかなうとか。傘寿に近い私たちに知らない
   
世界がありました。

f0137096_03104402.jpg
   そんな神社の一隅でも、レンタル着物の振袖姿でスマホで写真を撮り合
   
っている若い女性たちがいてびっくり!

   今週は上水ウォークはお休みしましたが、二輪草や筆竜胆も開花中です。

f0137096_03123588.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-04-09 03:15 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.139 飛花落花

f0137096_22184423.jpg
        飛花落花踏み迷いつつ家路へと

    4月最初の日曜日、エプリルフールサンデーを迎えました。ここ
    
一週間は初夏並みの陽気が続きましたが、桜は持ちこたえてく
    れま
した。昨日、友人とランチしたカフェでは、「今年の桜はきれ
    いだ
った。名所に行かなくても、行く先々で楽しめた」と、常連客
    たち
が話しておりました。

    帰途、立ち寄った小平市中央公園総合グランド沿いの歩道は、落

    花でピンクに染まって…。

f0137096_22213084.jpg
    国分寺駅南口近くにある都立殿ヶ谷戸庭園では、ヒトリシズカが
    
開花していました。20センチ前後の花茎の先端に光沢のある4枚
    
の葉を広げ、その真ん中から楚々とした白い花穂を。

    ブラシのような花穂は3㌢前後で、白拍子(歌舞を演じた遊女)

    あった義経の愛妾・静御前の姿に見立てられ、「一人静」の名称に。

f0137096_22242967.jpg
    ヒトリシズカの近くにはイチリンソウ(一輪草)も咲いていました。
    
ボランティアガイドさんの話では「1~2週間は早く開花しており、
    
皆さんラッキーですね」と、ガイドツアーの参加者に解説を。
    
菊の葉に似た切れ込みの深い葉をつけ、一茎に一輪だけ白い花
    
をつける一輪草。同じキンポウゲ科の二輪草より一回り大きな花
    
をつけ、葉の形もかなり違います。
f0137096_22263449.jpg
    一輪草の花はをバックから撮ると、淡いピンクがかって愛らしい。
f0137096_22274308.jpg
    イチリンソウを撮っていると、中高年のグループから「エンレイソ
    
ウも咲いていますよ」と教えてくれました。手のひらよりも大きな
    
葉を三枚広げた中心部に、ちょこんとくっついているのがエンレ
    ソウの花でした。

    大きな葉ばかり目について、花を見逃すところでした。上高地の
    
明神池付近の湿地帯で見たことがありますが、近隣で目にする
    
のは初めてです。ユリ科の多年草で、濃い紫色の花の径は1㌢に
    
も満たないので、ゴミがくっついているように見えて…。

f0137096_22304140.jpg
    エンレイソウには深山エンレイソウと白花エンレイソウがあり、こ
    
れらの仲間は毒草ですが、 使い方しだいでは薬にもなり、食べ
    
物を吐き出させる効果があるそうです。

    昔は食べ過ぎや食あたりになった人に、根を煎じて飲ませたらし
    
く、命拾いするから「延齢草」の名前がつけられたとの説があり
    
ます。

f0137096_22323908.jpg
    上は練馬区立武蔵関公園のひょうたん池で。桜を愛でる人を桜
     
人と称することもあるそうですが、ボートを漕いでいた男性の
    
桜人は「桜は一人で心静かに見るのが最高」とか。

       桜を追って、野の花も開花ラッシュを迎えました。

f0137096_22341959.jpg





[PR]
# by love-letter-to | 2018-04-01 22:37 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.138 枝垂れ桜や薄墨桜

f0137096_22445990.jpg
        南無大師風のままなる花枝垂れ

   都内の桜満開で迎えた三月最終日曜日。小平市内のソメイヨシノも
   明日か明後日には満開になることでしょう。
   
春分の日に雪が降り、春は足踏みするかと思っていましたが、冷え込
   みに耐えた根性が桜の開花を早めたようです。
   
枝垂れ桜は例年、ソメイヨシノより数日早く開花するので、もしかして
   …と、小金井駅近くにある古刹金蔵院へ。連雀通りか
ら野川に下る急
   坂の途中にある境内に、枝垂れ桜が今を盛り
と咲き誇っていました。
   本堂の脇に立つ弘法大師像が花枝垂
れ越しに。公文書書き換え問題
   などで揺れる昨今を、忘れるよ
うなひとときでした。

f0137096_22492102.jpg
   数年前に訪ねた時は訪れる人の姿に会いませんでしたが、昨年、テレ
   ビの旅番組でこの金蔵院の枝垂れ桜が紹介されたそ
うで、昨日は訪
   れる人が絶えませんでした。金蔵院は真言宗豊
山派の寺で、正確な開
   山時期は不明ですが、永禄年間当時の
住職・堯存(ぎょうそん)が1566
   年(永禄9年)に遷化したとの
記録が残っており、それ以前の開山だと推
   察され、小金井市で
現存する最古の寺院だといわれています。

   卒寿を超していると思われる母親に付き添い、この枝垂れ桜の下で老
   母の写真を撮っている姿も。老母はカートを押していまし
たから、ご近所
   にお住まいかしら。

f0137096_22534098.jpg
   小金井公園正門入口より30㍍ほど東側にある北関野八幡神社にも、枝
   垂れ桜の古木があります。間口2~3間ほどの参道の奥
まったところに
   小さな社があるので、土地の人以外は殆ど知る
人もない無人社です。
   でも石灯籠脇に立っている枝垂れ桜は見
応えがあります。

   ただ、両側に民家とビルが迫り、撮影には不向きです。何とか工夫して、
   その枝垂れ桜を撮ってみました。

f0137096_22562144.jpg
   同神社は享保9年(1724)の創建とも享保14年(1729)の創建ともされ、
   小金井公園一帯・かつての関野新田の鎮守社だった
とのこと。
   
大戦に備えて小金井防災緑地造成の為、昭和18年当地に移転させら
   れたそうです。
f0137096_22590185.jpg
   小金井公園の桜の園は、花見客で混雑しているので、ちょっと離れた
   位置に植えられている岐阜・根尾谷の「薄墨桜」の子孫樹を
訪ねてみ
   ました。
   
凡そ1500年前、根尾谷に隠れ住んでいた皇子が第26代継体天(
   位507531)となって、村を去るとき植えられたと伝わ
るエドヒガン
   の種子から育てた若木で、散り際に淡い墨色にな
ることから薄墨桜と。
   2005年に同公園みんなの原っぱの一角に。

   ソメイヨシノより一足早く満開を迎え、初々しい花を咲かせていました。

f0137096_23021215.jpg
   帰途立ち寄った小平団地東門近くの紫木蓮の大木も、5階建ての団地
   建物を超す高さで、半円形を描く枝張りに数えきれない花を。

   近隣でもお花見を楽しめますね。

f0137096_23040139.jpg





[PR]
# by love-letter-to | 2018-03-25 23:05 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.137 春一気

f0137096_19100701.jpg
        片栗の小さな群落希望の灯

   弥生三月も第三日曜日を迎えました。昨日、東京でもソメイヨシ
   
ノの開花が伝えられ、異例の速さで春が進んでいます。先週来、
   
気温の高い日が続いてシュンラン、カタクリ、レンギョウ、コブシ、
   
モクレン、ユキヤナギなどなど一気に開花して、地球環境の異変
   
も感じています。

   玉川上水・茜屋橋下流左岸でカタクリの小さな群落が今春も、ほ
   
ぼ暦通りに開花してホッとしました。崩落が進んでいる崖っぷち
   
に、かろうじて留まり、俯き加減に花びらを翻らせている姿には、
   
「来春も」と願わずにはいられません。
   
二輪のカタクリのうち一輪は開花寸前で、下向きの蕾の先を解き
   
かけていました。

f0137096_19142648.jpg

   カタクリはユリ科の根茎植物で、種からも発芽するそうですが、
    
地中深いところにある鱗茎から葉が一枚出た後、7~8年もかけ
   て
二枚目の葉が出揃うと花をつけます。迷彩模様の葉も独特!
   
春のお彼岸頃の陽射しと気温が開花に適し、雑木林が葉を茂ら
   
す頃には、姿を消して、翌春まで休眠するそうです。そのためス
   プリングエフェメラル(春のはかな
い命)だと。

f0137096_19182364.jpg

   嬉しいことにカタクリの近くには、この付近では希少な山野草キク
   
ザキイチゲが例年になく沢山咲いていました。
   
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、菊に似た葉をつけた茎に
   
花を一輪つけることから菊咲一華と。白い花と薄紫の花をつけた
   
キクザキイチゲも、早春の淡い命スプリングエフェメラルです。

f0137096_19202115.jpg

   白い花も薄紫色も花びらに見えるのは萼片で、薄紫の萼片は少し
    
縮れています。花冠は4~5㌢前後です。
   
ことに白の菊咲一華は、今にも崩れ落ちそうな崖っぷちに群生し
   
ており、先行きが危ぶまれます。安全な場所に移植できないもの
   
でしょうか?

f0137096_19222479.jpg

   1.5キロほど上流の小松橋~鷹の橋にかけては、落葉を掻き分け
   
てシュンランの花が立ち上がってきました。
   
日本を代表する野生ランで、北海道から九州にかけて広く分布し
   
ているそうですが、武蔵野の雑木林にも古くから自生して、春を
   
告げてきました。

f0137096_19241631.jpg

   茂らせた葉や落葉と同系色で目立ち難いけど、花茎が伸びるに
   
つれて、淡い黄緑色の下唇弁に濃紅色を刷いた花があちこちに。
   
シュンランも上水堤では日当たりのいい崖っぷちに自生している
   
株が多く、壁面の崩落につれ減少しています。
   
「そこは危ないよ」と声を掛けてやりたくなります。

f0137096_19262601.jpg
    津田塾キャンパス南側の堤ではタチツボスミレも咲き始めまし
    
た。まだポツリポツリですが、細い花首をもたげて薄紫の花を。
     
スミレって意外とタフで、古木の根っこや石積みの用水壁の隙
     
間にも、転々としてマイホームに。
f0137096_19293292.jpg
   スミレが点在している辺りで、繁茂しているハランの根元付近
    
を覗いてみたら、ハランの花が開花寸前でした。
   
地上には姿を見せないけれど、王冠のような形で八角の独特
    
な花をつけます。ニホンオカトビムシの媒介で実も結ぶとか!
    
10年ほど前、友人に教えてもらうまで、年中青々とした葉を密
    
集させているハランが、花をつけることを知りませんでした。

   村岡桃花さんや成田緑夢選手、新田佳浩選手が金メダルに輝
   
いた平昌パラリンピックも今日で閉幕。不屈の闘志と猛練習の
   
姿に打たれた10日間。三選手が口にしていた「自分に勝つ」と
   
いう言葉は、今の私に最も響く言葉です。明日から気温が低下
   して不順な天候が続くそうで、開花した野の花にも頑張れと!

f0137096_19393558.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-03-18 19:42 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.136 あの日から7年

f0137096_00051286.jpg
      言葉には尽せぬ思ひ木五倍子(きぶし)咲く

   三月第二日曜日というより、「3・11」。未曽有の大震災・巨大津波に
   
加えて福島第一原発事故を経験。あの日から7年の月日が経ちま
   
した。繰り返される報道では防潮堤建設や鉄道・道路の復旧、土地
   
の嵩上げ・区画整理などハード面の整備は進んでいるとされる一
   
方、まだ避難生活を続けている人が7万2000人以上も。

   原発の廃炉作業はまだ緒についたばかりで、避難指示制限が解除
   
された地域でも、戻りたくても住宅再建の目途が立たず、暮らして
   
行く上で必要な地域の再生は程遠い…と。言葉に尽せぬ思いが伝
   
わってきて、居ても立ってもいられる気持ちで上水路へ。
   
数日前までの真冬並みの寒さが一気に緩んだせいか、小松橋付近
   
ではキブシが早々と細長い花穂を揺らせていました。

f0137096_00083802.jpg
   キブシは果実に含まれるタンニンが、黒色染料の五倍子(ぶし)の
   
代用になるところから和名は木五倍子と書いてキブシ。藤に似た
   
花穂からキフジとも呼ばれるそうです。7年ほど前には腰丈くらい
   
の若木でしたが、成長が早く、3㍍を超して花房を沢山提げていま
   
した。
f0137096_00103018.jpg
   一位橋~桜橋間の自生野草観察ゾーンでは、落葉の間からアマナ
   
もラッパ型の花を開いて、春が来たよ!と。
   
淡いピンクの花径は3㌢ぐらい、草丈は5~6㌢。地面すれすれに開
   
花しているので、目立ちにくいのですが、6枚の花びらの裏側に赤
   
紫色のストライプが入っており、開花するとストライプがうっすらと
   
透けて見えるのが何ともお洒落です。例年並みの開花です。
f0137096_00130112.jpg
   ユリ科チューリップの仲間で、地下の球根(鱗茎)が甘くて食べられ
   
ることから甘菜と命名されたそうです。陽が陰ると花を閉じてしま
   
うので、晴天の日でないと見つけるのは困難です。周囲の野草が
   びて来る頃には消えてしまう、春のエフェメラルの一種です。
f0137096_00145006.jpg
   玉川上水と新堀用水の路肩では、カンスゲ(寒菅)も纏のような花
   
穂を掲げて、威勢よくワッショイ、ワッショイとばかりに。
   
山地の樹下に生える多年草で、冬でも青々とした葉を茂らせてい
   
るので、寒菅と。
f0137096_00164553.jpg
   春先に花茎を伸ばし、先端のヒラヒラした薄黄緑の穂が雄小穂で、
   
その下部に褐色あるいは黄褐色の雌小穂をつけているのですが、
   
雄小穂に比べて貧弱で目立ちません。雌小穂は長さ1~2㌢ぐらい
   
でしょうか。
f0137096_00182926.jpg
   堤のあちこちで、クサボケも朱赤の豆ランプを灯し始めました。名
   
前に“クサ”とつき、草程度の背丈ですが、バラ科の低木で、叢状に
   
出る枝はよく分岐して、地面を這ったり、斜めに立ち上がって繁殖
   
するそうです。

   2~3週間後には辺りを赤く染めるほど、沢山の花を楽しませてくれ
   
るでしょう。寒さが厳しく長かった今冬ですが、寒さに耐えていた分、
   
開花スピードがアップしてきたのを感じた2018年3月11日。自然の力
   って凄いですね。

f0137096_10472140.jpg
 
   上の左は大震災発生数日後、新聞に掲載された被災地の写真で、雪
   の降りしきる瓦礫の中を、僧侶が裸足で合掌しながら歩いている姿
   に感銘を受けました。まだ収容されてない遺体の冥福を祈っている
   のでしようか。
   右は発生から12日目、気仙沼海岸を訪ねた埼玉県在住のカメラマン
   が撮った画像です。たどり着くのに一昼夜かかったと聞いております。
   東日本大震災の記憶を風化させないために、マイファイルに保存して
   ある2枚です。


f0137096_00211892.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-03-11 22:25 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.135 春本番に向けて

f0137096_23502899.jpg
        蕗の薹一日一読十笑を

   三月最初の日曜日。今月に入るなり春一番も吹いて、四月半ばの陽
   
気に。ハコベやホトケノザ、アセビなど春先に咲く草木の花が一気に
   
開花。昨年から目星を付けていた上水路の路肩に、蕗の薹も幾重も
   
の葉をほどいて蕾を覗かせていました。劇的な春の訪れを目や鼻、
   
肌でも感じてきました。でも、杉花粉も相当に飛散しているようです。
   
ところで、日本医師会が提唱している「がんばらない健康法:健康の
   
ための一十百千万」をご存じですか?

   ◇一読:一日一回新聞雑誌、本などの文章を読み、認知機能を刺激。
   
◇十笑:一日十回は笑いましょう。免疫力が高まり癌予防に。

   ◇百吸(ひゃっきゅう):一日百回、深呼吸を。肺機能を高め、自律
    
神経の安定化、ストレス解消に。
   ◇
千字:日記、手紙、メモなど一日千字書いて認知機能を高めます。
   ◇
万歩:歩くことはメタボ予防、記憶力向上、認知予防に効果的。
    
無理のない範囲で毎日歩きましょう。

f0137096_23545942.jpg

   以上、無理なくできそうですので、お試しを。上はあかしあ通り
   
沿いで出会ったホトケノザ。葉が仏さまの台座に似ていることか
   
ら、和名は仏の座。赤紫色の唇弁花が可愛くユーモラスです。

f0137096_23563536.jpg

   「緑なす繁縷(はこべ)は萌えず…」と、島崎藤村の『千曲川旅情
    
の歌』ではと謳われているハコベも、今春は2~3週間遅れて開
   
花したと思ったら、たちまち緑のカーペット状に。白い花の径は
   
5~6ミリ、5枚の花びらからなっていますが、1枚の花びらが
   
付け根まで二つに深く裂けているので10枚に見えます。

f0137096_23585549.jpg

   中央公園の対岸にある粕谷園・農業体験みのり村の一角では、河
   
津桜も見頃を迎えていました。伊豆河津町でも例年より2週間ほ
   
ど開花が遅れていたそうですが、ここ数日がピークだそうです。
   
オオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑種であると推定されて
   
いる河津桜は、染井吉野より濃いピンクの花で、開花時期が早い
   
と人気で、小平市内でも植えている民家が増えてきました。

f0137096_00011077.jpg

   上水沿いの民家ではアセビも一気に開花して、鈴型の小さな花の
   
房を提げています。

   かつては峠道や街道筋にも多く、往来する馬が食べると酒に酔っ

   たようになったということから和名は馬酔木に。人が食べると足

   がしびれることから、“あししびれ”と呼ばれ、アシビになった

   説もあるそうです。地方によってアシビ、アセボなどの別名も。

f0137096_00050880.jpg
   鎌倉橋に差し掛かった時でした。上水を見下ろすと、水際にアオ
   
サギが立っているではありませんか!これまで何度か水辺を滑空
   
している姿を見かけたことがありましたが、羽を休めている姿に
   
出会うのは初めてです。

   餌になる魚を待っているのか、同じ姿勢を保ったまま4~5分も

   佇んでいました。もう少し近づいてカメラを向けようとした一瞬、

   身を翻らせて下流方向に飛び去ってしまいました。羽を広げると

   かなりの大きさでした。

f0137096_00072725.jpg
   アオサギの去った後には、マガモの群れが4~5羽。中に黄色い
   
嘴に頭部が美しい緑色の雄が一羽。オシドリもそうですが、雄の
   クールビューティに目を見張りました。この2羽は番かしら?

f0137096_00091224.jpg

   やがて雌雄2羽は並んで、下流方向へ。そろそろ繁殖期ですね。

   まだ冬戻りする日もあるとの予報ですが、春本番を迎える日も

   間近ではないかしら?その日に向けて一十百千万健康法を!

f0137096_00103431.jpg






[PR]
# by love-letter-to | 2018-03-04 23:48 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.134 秋川渓谷雛めぐり

f0137096_21575366.jpg
        あきる野路古民家茶屋に送り雛

   早いもので二月最後の日曜日を迎えました。平昌五輪も氷上や雪上
   
での17日間に亘る熱い闘いを終えて、今日閉幕。日本は金メダル4個、
   銀5個、銅4個。過去最高のメダル数で多くの感動と元気勇気を!
   
会期中、風邪気味で外出を控えておりましたが、「秋川渓谷雛めぐり」
   
に。武蔵五日市駅から小中野付近まで約2㌔、檜原街道筋の店舗やウ
   
インドーに段飾りや吊るし雛が飾られていました。

   かつて街道筋の中心部で、呉服・和装小物屋を営んでいた古民家がリ

   ノベーションされ、街の活性化の拠点として再スタート。「体験茶や」と

   称する1階土間に、70年前とされる七段飾りが展示されていました。

   近くの老舗菓子処のものだそうで、とても品格のあるお顔でした。

f0137096_22015030.jpg
   2階建ての外観は築130年の古民家当時とほぼ同じですが、地場産の
   
杉や桧材を使って、漆喰壁も塗り直して耐震工事も施したとか。
   
抹茶やコーヒーで一服でき、昼食もできる「体験茶や」も、呉服屋さん
   
当時の間取りながらも、斬新で和室の良さをと落ち着きを。
f0137096_22042732.jpg
   江戸時代は炭問屋で、夏場にソーメン作りを始めた製麺業老舗「寿美
   
屋」の店内には、若夫人が嫁いで来るとき実家から贈られたという内
   
裏雛が飾られていました。送り雛と云うそうで、京都周辺には多いと
   
聞いていましたが、五日市にも送り雛の風習が近年まであったそうで
   
す。送り雛は夫婦円満、末長く幸せにと願って、内裏雛や御殿雛、翁媼
   
姿の高砂人形を贈ることが多かったそうです。
f0137096_22064204.jpg
   父親の時代から床屋をやっていると云うヘアサロン・ハヤシの駐車場
   
には、娘が結婚して家を離れて以来30年ぶりに飾ったという七段飾り、
   孫の初節句に贈った内裏雛に、知人から寄せられた吊るし雛などが

   わっていました。伊豆稲取「雛の館」に出品している方の作品だとか。
f0137096_22083990.jpg
   店主で画家の林利照さんが描いた歌麿風美人画、和紙造りのボンボリ、
   
畳表を加工した簾なども。「お雛さまを見るのは何十年ぶりかしら、気
   
持ちが癒される」と、夫の介護に追われている老婦人もいるそうです。
f0137096_22105373.jpg
   五日市郷土館の敷地内に移築復元されている「旧市倉家住宅」内には、
   
明治、大正、昭和30年代までの七段飾りや豪華な御殿造りの御殿雛、
   裏雛など4050組も展示されて壮観!。いずれも地元から寄贈さ
れた
   そうで、薪炭や木材供給地として栄えていた当時の暮らしの一端
が偲ば
   れて…。
f0137096_22131969.jpg
   五日市郷土館内には、江戸時代のお雛様を代表する享保雛の中でも、
    
享保バブル期に作られた大型の享保雛が一組。座高45㌢もあり、装
   
束も色は渋いけれど豪華でしたが、女雛がちょっと顔を背けているの
   
が気になって…。

   秋川渓谷はまだ春寒しの姿でしたが、風邪気味を忘れさせてくれた雛
   
めぐりでした。秋川渓谷雛めぐりは3月11日まで。

f0137096_22160497.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-02-25 22:17 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.133 まんず咲く

f0137096_21514080.jpg
       満作やフィギュアスケート金と銀

   二月も半ばを過ぎて第三日曜日、平昌五輪たけなわに。昨日、男子
   
フィギュアスケートで、羽生結弦選手が金、宇野昌磨選手が銀メダル
   
の快挙を!羽生選手は前回のソチ五輪でも金。連覇を成し遂げたの
   
66年ぶり。日本海側では記録的な大雪が続いていますが、二人の
   
活躍で日本列島も元気になったのではないでしょうか。

   今日は風が冷たかったのですが、上水堤の木立の下は陽が燦々と注
   
いで、ウォーカーも目立って増えました。商大橋近くで、春先にまんず
   
咲くというマンサク(満作)が、日当たりのいい一枝にチラホラ。

f0137096_21544265.jpg
   マンサクはマンサク科の落葉小高木で、日本各地の山林に自生。春に
   
先駆けて咲くので庭木として人気が高く、古くから多く栽培もされて
   
きたそうです。

   地方によっては花の付き具合で、その年の豊作、凶作を予測したとも。
   
花芯部は赤褐色で、細い紙片みたいな鮮黄色の花弁が4枚、少しよじ
   
れて咲き、紙細工のような花がまだ冷たい風に震えているように見
   ます。マンサクが咲くと、もうすぐ本格的な春が…と。

f0137096_21585503.jpg
   まだ灰色とダークグリーンで色の変化に乏しい上水堤ですが、アジ
   
サイの枯れ茎の節々に、新芽が見届けられます。一つ一つ表情が違
   
って百面相みたいです。
f0137096_22003083.jpg
   昨夏の花序を残しているガクアジサイの枯れ茎もあり、ドライフラワ
   
ーとして楽しめそうですが、背丈が2㍍以上もあって、見上げながら
   
歩くと、空のキャンバスに描いたシュールな絵画みたい。自然そのも
   
のがアーチストなんですね。
f0137096_22020819.jpg
   自宅近くのあかしあ通り沿いで、可愛い落し物を見つけました。歩き
    
始めたばかりの女児用スニーカーで、自転車かバギーで通行中の母
   
子が片方を落っことしたみたいです。まだ真新しくて、早く落とし主に
   
見つけられますように!
   
「春よ来い、早く来い、歩き始めたみよちゃんが…」の童謡を思い出し
   
ました。春風や伝えておくれ持ち主に。
f0137096_22043367.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-02-18 22:06 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.132 陽だまりに春を

f0137096_19422493.jpg
        足元にサファイアの輝き犬ふぐり

   如月を迎えて平昌での冬季五輪も始まり、第二日曜日に。零下10
   
を下回る寒さとの闘いでもあるようですが、連日熱戦が…。
   
18日ぶりに日中の気温が10℃を上回った昨日、自宅近くの路上で
   
オオイヌフグリが開花しているのを見つけました。舗道とブロック塀
   
の角地の陽だまりに、10輪前後開花。漢字では「大犬の陰嚢」と、口
   
にし難い名前ですが、別名は「瑠璃唐草」「天人唐草」「星の瞳」と、
   
サファイアブルーの花に相応しく、路上に青い星が輝いているよう!

f0137096_19450887.jpg
   オオイヌフグリはいち早く春を告げる野辺の花として親しまれてい
   
ますが、ヨーロッパ原産の帰化植物で、日本には元々同属のイヌフ
   
グリが自生しており、これに対して花姿が大きいことから、オオイヌ
   
フグリと名付けられたとか。

   明治初期に渡来したとされ、その後急速に全国へと広まり、在来種
   
に取って代わる早春の野草の1つになって久しいのですが、近年は
   
農地や畦道、草地が減少して、オオイヌフグリも生育地を奪われつ
   
つあり、環境省のレッドデータブックでは、絶滅危惧Ⅱ類に指定され
   
ています。オオイヌフグリよ、お前もか…。

f0137096_19492466.jpg
   あかしあ通りのニセアカシアの根元には、ナズナも開花。「セリ、ナ
   
ズナ、ゴギョウ、ハコベラ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ…これぞ春
   
の七草」と言い伝えられてきたナズナ。長引く寒波にめげずに開花
   
して健気です。

   ナズナは薺と書いてアブラナ科の越年草。草丈はまだ10センチ満
   
たないけれど、先端部の茎に白い小さな4弁の花を群がり咲かせて
   
いました。

f0137096_19514395.jpg
   三味線のバチに似た莢果も付けている茎も。その莢果の姿から三味
   
線花とかペンペン草の通称で呼ばれることが多い道端の草。
   
根状葉で越冬して、その葉は羽状に深く裂け寒気から身を守るため
   
か産毛を蓄えています。開花期は月半ば頃までで、本格的な春にな
   
ると、草丈は50㌢前後になり、三味線のバチに似た莢果が風に揺
   れてカラカラと。
f0137096_19540180.jpg
   この日訪ねた東京農工大学小金井キャンパスでは、日向ぼっこをす
   
る姿も。でも、3月上旬並みの気温は本日までで、明日からまた全国
   
的に厳しい寒波が戻り。福井や金沢から北陸では大雪が降り、猛吹
   
雪が予報されています。春遠からじと思えど、本格的な春の訪れは
   
まだまだ先のようです。
f0137096_19560109.jpg
   上は東京農工大学小金井キャンパスの近くの畑に取り残されていた
   
ワタの蒴果です。蒴果が裂けて種子の表面から白い綿毛がフワフワ
   
に。コットンボールで、この綿毛から木綿繊維に。種からは綿実油が採
   
れるそうです。何か発見したり感動することに出会うことが、脳細胞
   
の老化防止につながるとのことで、努めて道草歩きをと…。
f0137096_19574675.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-02-11 19:59 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.131 春立つや

f0137096_20194478.jpg
       一夜明け春の陽射しを背に受けて

   今日は立春!二月最初の日曜日。立春寒波の到来で西日本は冷え込

   み、日本海側では記録的な豪雪だそうですが、東京近郊は久しぶりに

   日中の気温が1t0℃近くになりました。

   光の春を感じる午後、「咲いているかしら?」と、上水本町の粕谷邸の

   枝垂れ梅を訪ねてみました。梅も桜も古木は開花が早いそうで、粕谷

   邸の枝垂れ梅の一本は七八分咲きぐらい。もう一本は四五分咲きでし

   た。先月降った大雪が根元付近に残っているものの、開花させている

   枝垂れ梅にお礼を言いたい気分です。

f0137096_20225225.jpg
   お椀を伏せたような姿に剪定されている枝垂れ梅。そのてっぺん付近
   
は満開に近い状態でした。メジロがやって来ないかとしばらく待ってい
   
ましたが、ヒヨドリの啼き声が…。
f0137096_20245720.jpg
   粕谷邸の北側付近の上水堤で、高木にからまっているテイカカズラに、
   
ドジョウインゲンのような莢果が数本垂れ下がっていたのですが、ズー
   
ムを最大にしてもその姿を鮮明に撮るのは難しく、莢果が裂けて落下傘
   
みたいな種子を一つ、どうにかキャッチ!
f0137096_20265352.jpg
   伐採剪定作業が進んで、テイカカズラのような蔓性植物も激減していま
   
す。昨日お会いした人形作家で造形作家の吉川潔さんの話では、人形劇
   を学んだチェコ
共和国では、樹木は倒れるまで伐らないそうです。そうし
   て木材資源を
守っているとか。鎌倉橋付近で小木の枝先にテイカカズラ
   の落下傘が引
っかかっているのを見つけました。付近から風に乗って飛散
   してきたので
しょう。7~8年前まではフワフワ舞っている姿をよく見か  
   け、冬の風物詩の一つ
でした。
f0137096_20320034.jpg
   上水路では今、地に落ちたコナラのドングリが殻を割って、中の子葉が根
   
を下ろす時期に。芽生えの季節です。二つに割れたピーナッツのようなも
   
のが子葉で、双葉にあたるそうです。ドングリの子葉は貯蔵器官で、養分
   
を蓄えており、間もなく子葉の間から本葉が伸びてきます。
f0137096_20334693.jpg
   ドングリの芽生えが上水堤のあちこちで。大木の木の根っこ付近でも赤ち
   
ゃんが見られます。
f0137096_20351215.jpg
   雪解け後の堤ではもうこんな芽生えも!まだ寒波は続きそうですが、春
   
の足音が聞こえる散歩でした。
f0137096_20363583.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-02-04 20:37 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.130 大雪の跡と後

f0137096_20031779.jpg
       残雪に静もる公園ブロンズ像

   都心でも積雪25㌢前後、4年ぶりの大雪から一週間。一月最後の

   日曜日を迎えました。

   まだ家々の北側の屋根には雪が残り、路上も掻き寄せた雪の塊が

   連なっています。近年にない寒気団が停滞して、日中の気温も5℃

   以下の日が続き、朝、給湯器からお湯が出ない日もありました。蛇

   口を捻れば温湯が出る有難さを再認識しました。

   雪道が怖くて、4日目にようやく小平駅前まで買い出しに。「あじさ

   い公園」に立ち寄ってみたら、ひょうたん池は全面凍りつき、紫陽花

   の根元に残雪が10㌢ほど。園内は怖いほど静まり返って…。

f0137096_20060234.jpg
   グリーンロードから同公園に下るスロープや石段はツルンツルン。
    
最も近い位置に設置されている斎藤素厳作ブロンズ像「交通」の
   
台座付近は、足跡と解けかけた雪で、ぐちゃぐちゃ。雪化粧したブ
   ロンズ像はどんな表情をしていたかしら…撮って見たかったです。

f0137096_20074081.jpg

   「あじさい公園」に隣接した「カフェ・ラグラス」のアプローチには、
    
寄せ植えの鉢も雪に囲まれていました。でもパンジーや葉牡丹は
   元気元気でした。寒さに強くて羨ましい!


f0137096_20432165.jpg
   グリーロードはまだこんな状態でした。互いに道を譲り合いながら
   歩かなければ…。


f0137096_20191892.jpg
   終日の大雪の日から数日は、年末に買っておいた本『風の電話』を
    
読んで過ごしました。2011年3月11日、東日本大震災で海岸部は
   
大津波で壊滅状態になった岩手県大槌町。その高台に設けられて
   
いる緑青色の三角屋根の旧式の電話ボックスがあります。中に備
   
えてある黒い電話機は線がつながっていません。

   ガーデンデザイナー・佐々木格(いたる)さんが、急逝した従兄と話
   
したくなった時のために自邸の一角に設けたそうです。
   
「風の電話」と名付け、心で話すために設けましたが、大震災で大
   
切な肉親を亡くした人たちが、もう一度話したくて訪れるように
   
なりました。一人、また一人と。

   風間書房から発刊された同書は、佐々木さんが電話ボックスを設
   
けた経緯から、震災後6年間の日々を綴ったドキュメンタリー
   
です。凍てつく日、心を温めてくれた本です。

f0137096_20234000.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2018-01-28 20:25 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.129 陽だまり求めて

f0137096_20534335.jpg
        陽だまりに肩寄せ合って待雪草

   一月第三日曜日。大寒に入りましたが、幸いにも東京周辺では冷え
   
込みが緩んだ昨日今日。都薬用植物園のロックガーデンでは、スノ
   
ードロップがその名のように雪の雫のような花びらを開いていまし
   
た。まだ訪れる人の数少ない園内ですが、蠟梅と早咲きの紅梅は
   郁(ふくいく)とした香りを漂わせていました。

   スノードロップは原産地ヨーロッパからコーカサス山脈にかけては、

   春を告げる花とされているそうです。寒中にも咲き香る花に出会

   うと、心が弾んで!和名は待雪草。

f0137096_20572660.jpg
   一本の茎にひと雫の花を吊り下げ、日中は3枚の外花被が開いて
   
日没には閉じ、花径は1~2センチ。筒状の内側の花被に鮮やかな
   
緑色の斑点があり、ハートのマークに見えることもあるスノードロ
   
ップ。
f0137096_21000160.jpg
    同園では原産地中国系のいわゆ蠟梅も咲き始めていました。
   
花芯部が赤紫色で、満月蝋梅とか唐梅とも呼ばれるそうです。
f0137096_21012220.jpg
   上の左は素心蠟梅、右は満月蠟梅だと思うのですが、最近は
   
どちらも多様化しているそうです。
f0137096_21025157.jpg
   素心蠟梅はもう満開状態で、花の少ない時期に蝋細工のよう
    
な半透明のクリームイエローの花と香りに感謝です。スマホ
   
で撮影している女性とお互いに歓びを分け合いました。
f0137096_21045805.jpg
   園内のショップ「ふれあいガーデン草星舎」もまだ休業中で
    
したが、在庫の鉢植えに水遣りをするため、当番の女性がい
   
て、パンジーを2鉢とサンキライのリースを分けてもらいま
   
した。入口付近のプランターを見たら、蔓性植物に釣鐘型の
   
白い花が房咲きに。ネーム札には「天使の歌姫」と書かれて
   
おり、春咲きのクレマチスだとか。入荷したばかりだそうで
   
す。白い花冠の先が外側に反り返って、鐘の調べを漂わせて
   
いるような鉢でした。

   夕方から気温が急降下してきて、明日は都内でも雪が積もる
   と
の予報。年々、寒さが身に堪え、心身がうつ状態になり
   す。春よ来い!と伝えてよ、待雪草!

f0137096_21114134.jpg





[PR]
# by love-letter-to | 2018-01-21 21:14 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.128 小正月を迎えて

f0137096_22541026.jpg
        小正月昔あそびでボケ防止

   一月第二日曜日を迎えました。全国的に厳しい冷え込みが続いてお

   り、昨日から東京都内でも最低気温が氷点下に。

   本日の日没から明日15日の日没までを小正月と称して、女性たちが

   正月の骨休めに集う習わしがあります。女正月とも呼ばれます。

   「小正月しない?」と、旧友数人と誘い合って、八王子市内の「とうふ

   屋うかい」へ。庭先の縁台にけん玉やヨーヨー、だるま落としなど昔

   遊びのおもちゃがあり、お部屋の準備が整うまで15分ほど、遊んでみ

   ました。経験はあるものの思うようにいかず、「お手玉なら自信がある
   のに」という友も。

   昔遊びは認知症予防になるそうで、グループホームやデイサービス

   でも取り入れられているそうです。

f0137096_22592436.jpg
   近隣のお宅では素心蠟梅がもう満開になっています。ここ数日、
   
雲一片もない碧空が広がり、クリームイエローの蝋細工のような
   
花が心を弾ませてくれます。
f0137096_23011997.jpg
   蝋梅は中国原産の落葉低木で唐梅とも呼ばれ、本種は中央部の花
    
弁が赤紫色。日本で改良された素心蠟梅の方が清楚で、日本の風
   
景に似合う気がします。俯き加減に開花し、上品な香りを仄かに。
f0137096_23031353.jpg
   家屋は取り払われ、庭木だけが取り残されている敷地内では、高
   
木の上部にヒヨドリやムクドリが群がっていました。カメラを構
   
えると飛び去ってしまいました。よく見る白っぽい実が鈴生りに。
f0137096_23051262.jpg
   ズームを最大にして撮ってみると、センダン(栴檀)の実でした。5
   
~6月、ひらひらした薄紫色の5~6弁の花を咲かせるセンダン。

   “栴檀は双葉より芳し”と言われるのは、このセンダンではなく
   
白檀(びゃくだん)という木を指すそうですが、センダンは秋に
   
楕円形の実が枝一面につき、落葉後も木に残るさまが数珠のよう
   
であることからセンダマ(千珠)の意でセンダンと命名されたと
   
のこと。少子化の時代に羨ましいくらい沢山の子孫=種子を。

f0137096_23082214.jpg
   喜平橋から下流に向けて歩いて行くと、昨年までは冬でも枝が絡
    
み合うほど裸木が連なっていた上水両岸がすけすけになり、根元
   
から伐採された切株が目立ちました。かつて桜の名所であった小
   
金井堤の景観に戻すべく、ケヤキなどの伐採が進んでいます。

   寒中に上水堤を歩けば、まるで紅梅のように見えた檀(マユミ)
    
莢果も、今冬は残り少なくなりました。

f0137096_23112992.jpg
   果皮の色が薄紅色で、灰色の寒木立が続く上水沿いで、マユミの
    
莢果に出会うとホットにしてくれます。
f0137096_23125378.jpg
   マユミは真弓とも書いて、古くは弓の材量として、近年は印鑑や
    
櫛の材料に使われているそうです。ゴールデンウィーク前後に咲
   
くマユミの花は淡黄緑色の4弁花で萼片も4個、雌雄異株で雌花は
   
緑色の花芯部から赤紫色の葯をつけた雌しべが4本。花の径は1㌢
   
弱。目立たない花ですが、巾着型の莢果の果皮が裂けると、朱赤色
   
の種を覗かせます。
f0137096_23153379.jpg
   上は先週日曜日、小平市中央公民館で開かれた「玉川上水 花マッ
    
プとは」と題したシンポジウムで、参加者に提供された『玉川上水
   
花マップ2017・夏』冊子の表紙です。
f0137096_23180453.jpg
   その裏表紙です。玉川上水沿線の有志がネットワークを作り、昨年
   4月~11月まで毎月、羽村堰から杉並区高井戸まで開渠部全
30km
   ×両岸=60kmをコツコツ歩いて調査した野草の記録で、
マップと
   写真、イラスト画でA5版24ページの小冊子にまとめて
刊行。延べ
   200人が歩いた総延長420kmにも。
f0137096_23204081.jpg
   現在開渠部分には97の橋が架かっており、97の橋間をそれぞれ
    
担当者を決めて、保全生態学を専門とする高槻成紀(せいき)
   
麻布大学教授の指導の下に、かなり本格的に調査。
   
冊子によると、夏の花ノカンゾウやツルボは流域全般に見られ、
   
ツリガネニンジンやホタルブクロは上流から中流域に多く、全般
   
的にはヤブガラシやセンニンソウなど蔓性植物が多いのが玉川
   
上水の特徴。「大都市東京の市街地でありながら、自然度の高い
   
森林に生える植物も見られるということもわかりました」と、同
   
ネットワークメンバーのリー・智子さん。

   写真と花のイラスト画がとても美しく、散歩に携帯するにも重宝
   します

f0137096_23402217.jpg



[PR]
# by love-letter-to | 2018-01-14 23:26 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.127 寒に入り

f0137096_20035221.jpg
        寒の空人生九十年の世となりて

   年が明けたと思ったら、もう二週目、小寒に入りました。軋みがち

   な膝小僧の屈伸を兼ねて、玉川上水路へ。

   今年頂いた年賀状には「生涯一草野球人・10歳より74年、90歳ま
   現役で」とか、「もう年だから…ではなく、年だけど…の気持ちで」

   と、今年80歳を迎えるご夫妻から。96歳の方からは「見るたびに大

   きくなる五人の曾孫の成長が何より楽しみ」と。90歳でも現役ドライ

   バーで、無事故、駐車違反一回のみと、上野や六本木ミッドタウンで

   の展覧会にも出かけておられます。

   喜寿傘寿を迎えても、トライの気持ちを持ち続けなければ…と初歩

   き。中央公園総合体育館前のブロンズ像「躍動」の裸像は、寒の空と

   いうより未来に向かって躍動しているようでした。

f0137096_20073063.jpg
    総合グランドでは少年少女のサッカー大会が開かれており、シース
    
ルーになったメタセコイア並木の前で、ボールを追いかけていまし
   
た。J1リーグの選手やナデシコジャパンのイレブン目指して。

f0137096_20091711.jpg

   中央公園の築山標高9131㌢から見下ろした総合体育館ドーム
    
は、ペルシャんブルー空の下でエキゾチックな姿を。裸になった公 

   孫樹並木も大好きです。

f0137096_20104505.jpg

   ちょっと角度を変えてズームで撮ると、総合グランドの夜間照明と

   メタセコイヤ並木がSF的に。

f0137096_20143561.jpg
   今日の日中の気温は11℃、寒中にしては温かく陽射しもたっぷり。

   もしかして…と、玉川上水をはさんで対岸にある粕谷家の梅林に
   立ち寄ってみたら、早咲きの紅梅が1~
2輪開花しておりました。

   服部嵐雪(松尾芭蕉の弟子)の詠んだ有名句「梅一輪一輪ほどの

   暖かさ」に相応しい日中でした。でも明日の「成人の日」は雨にな

   り、雪になる地域も。年々、寒さが身に堪えますが、諸先輩に倣って

   一日一日を過ごしていかなければ♪♪♪
f0137096_20232698.jpg





[PR]
# by love-letter-to | 2018-01-07 20:24 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.126 元旦晴れ

f0137096_22204839.jpg
        初詣善男善女の仲間入り

   2018年元旦を迎えました。初雪の降った大晦日とは打って変わって、

   目に沁みるような青い空!昨年は9歳も年下の妹が他界し、息子の

   連れ合いの母親も亡くなるなど不幸が重なりましたので、年賀状な

   ど差し控えましたが、元旦晴れに誘われて近くの熊野宮へ出かけて

   みました。

   青梅街道から200㍍ほどの参道に長い列が出来ており、最後尾の

   人に聞くと、本殿までたどり着くのに1時間あまりかかるとのこと。

   本殿前の夫婦欅がのシンボル的存在になっていますが、古くは「一

   本榎」で知られた熊野宮です。

f0137096_22244509.jpg
   1704年(宝永元年)、小川村開発に着手した小川九郎兵衛と宮崎主
    
馬(神明宮神主)が小川新田の開発に先立ち、榎の大樹のもとに遷
   
座したのが熊野宮の縁起だそうです。神木の榎は枯死して、現在、
   樹齢100
年の三代目が本殿脇で養生中でした。

   夫婦欅はそれぞれ樹齢250300年とのこと。ことに本殿を背にし

   て左側の欅は幹回り4~5㍍、堂々とした貫録です。待ち時間の間、

   北斎ブルーの空を仰いでいる夫婦欅を見上げるのが楽しみでした。

f0137096_22271331.jpg
   参道沿いのフェンスや石塀に、小平二小特別支援学級の児童と近く
    
の「生活リハビリセンター六三四(むさし)」利用者が描いた絵を、灯
   
篭にして、展示してありました。

f0137096_22284960.jpg

   今年の干支「戌」や獅子舞、富士山などの絵がとても楽しく、「ワン  

   だふるな 良い年をお過ごし下さい」なる傑作も。

f0137096_22300948.jpg

   善男善女の長い列の中には、唐草模様の風呂敷で作った愛犬服を

   着せられたワンちゃんも。承諾を得てツーカットを。

f0137096_22313657.jpg

   我が家の近くにある都営アパート付近を数日前、通りかかったら、
    
建物越しに富士山が見えたので、都営アパートの最上階への階段
   
踊り場に上ってみたら、日没直後の富士山のシルエットがくっきり!

   電線やケーブルに遮られているのは残念ですが、それらの隙間か

   らズームを最大にして撮ってみました。感動の一瞬です。

f0137096_22463741.jpg
   熊野宮で引いたお神籤は小吉でした。「西空に月は傾き、花散れど、
    
再びの春廻るを待たむ」と記してありました。

   花は散り、月が傾き命運は衰えても、神樣のお蔭を授かり、心を改

   めれば、楽しい日々を送ることができるそうです。

   知人からは点字のカレンダーを頂きました。曜日も日付も日本地

   図も点字のカレンダーです。1~6個の点の組み合わせで、イロハ
   48
文字に数字、アルファベットも表記できる点字の世界も!!!

   それでは今年もボツボツと…。

f0137096_22483506.jpg



[PR]
# by love-letter-to | 2018-01-01 22:57 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.125 Xマスイブサンデー

f0137096_22592421.jpg
       イブサンデー落ち葉踏み踏み聖夜の灯
   12月第四日曜日の今夕はクリスマスイブ。イブサンデーは11年ぶり
   
だそうです。予報では夕刻には天候が崩れるとのことでしたが、首
   
都圏では幸いにして、雨に降られることなくクリスマスイルミネーシ
   
ョンが灯りました。

   LED化で丸の内や六本木ヒルズ、東京ミッドタウンなどイルミネーシ
   
ョン名所では光のページェントを競っていますが、私は落葉を踏み踏
   
み玉川上水路へ。
   
府中街道沿いの津田塾大学本館・ハツホンホール前のヒマラヤ杉に、
   
赤や黄、青の豆電球を取り付けたクラシカルな聖夜の灯を見て来ま
   
した。

f0137096_10445200.jpg
   同ホールの塔を超すヒマラヤ杉は高さ30㍍近いでしょうか。「この
   
ヒマラヤ杉にイルミネーションを灯し、クリスマスキャロルを歌いたい」
   
と言う希望から、1986年の12月1日に灯がともったとのこと。豆電球の
   の費用は同大学OG職員たちが寄付したそうです。以来31年に。
       (上は画像加工をしてあります)
f0137096_23062850.jpg
   上水沿いの広葉樹はほぼ葉を落として、日暮れ近くなっても明るさを
   
残しており、犬の散歩やランナーがカサカサ、コソコソと伴奏付きで行
   
き交っておりました。
f0137096_23084460.jpg
   津田塾大キャンパスの南側、新堀用水脇に植わっているイヌビワもすっ
   
かり葉を落として、イチジュクに似た小さな実が姿を。今冬は例年にな
   
く沢山の実を付けています。数枚残った葉の間から覗いている実も。
   
イヌビワはクワ科の落葉小高木で、直径2センチくらいのイチジクに似
   
た実は花嚢で、花の集合体。成熟して果実嚢になるそうで、花か果実か
   
判別がつけにくいそうですが、シワシワになった枯葉が仏像の光背の
   
ように見えました。
f0137096_23112881.jpg
   上水の路肩にはニシキギが朱赤の実を。葉がひときわ美しく紅葉する
   
ことからニシキギと。その紅葉した葉はすっかり落ち、果皮が弾けて2
   
個ずつセットになった実がキュートです。実の大きさは直径5~6㍉ぐら
   
いでしょうか。小さくても目立つので、野鳥たちに食べられ、彼らの糞
   
に混じって種子が広く散布されるそうです。円内はニシキギの花です。
f0137096_23145917.jpg
   日当たりのいい上水南岸の堤には日本水仙も開花していました。平年
   
より気温が低い年の瀬ですが、ここ数日、寒気が緩んで開花したよう。
f0137096_23165019.jpg
   上は八ヶ岳南麓、清里の「萌木の村」を訪ねた知人から寄せられた写
   
真です。戦後復興の一つとして、高冷地での酪農業などの改革、奉仕
   
精神で清里の開拓を進めた。”清里の父”ポール・ラッシュ博士。
   その遺志を受け継い
だアーチストビレッジで、木工や陶芸家、織物作家
   らの工房やショップ、
ホテル、レストラン、オルゴール博物館も。

   そのビレッジのエントランスに、間伐材で造ったトナカイたちに引かれた
   
橇に木工のサンタさんが!トナカイの首につけた鈴は松ぼっくり!どん
   
な音色がするのかしら?メリークリスマス!&ハッピーイヤーエンドを!


f0137096_23283520.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2017-12-24 23:21 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.124 枯れ芒と

f0137096_23090390.jpg
       枯れ芒刻々迫る日没時

   師走も第三日曜日の今日、西国分寺駅前で所用を済ませ、都立武蔵

   国分寺公園へ立ち寄ってみました。刻々と迫る日没と駆けっこをする

   ようにして。

   旧中央鉄道学園跡地を整備した公園の一角に、自然石の間を流れ落

   ちる小さな滝や噴水池があります。その池の中に小島のようにしつら

   えられた芒が立ち枯れる寸前でした。

f0137096_23110996.jpg
   1~2分間隔で吹き上げる噴水と立ち枯れる寸前の枯れ芒が、傾いた
    
夕陽に浮かび上がって、年の瀬のドラマを。立ち去り難い光景でした。
f0137096_23124690.jpg
   西の空を見上げると、西国分寺駅南口に広がるビルが林立して、噴水
   
と枯れ芒が近未来と過去を。そしてSF映画のシーンのよう。
   SF映画の代表作
「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「最後のジェダイ」
   が公開になった
ばかりですが、その第1作が公開されて40年にも!
f0137096_23171570.jpg
   夕陽に染まる空を見たかったのですが、風が強く冷たくて、急ぎ足で
   
引揚げてしまいました。去り際に陸橋をふと見上げたら、まだ紅葉を残
   
している雑木林と三人連れの姿に、SFから現実に引き戻されました。
f0137096_23195732.jpg
   バスを待つ間、足元の茂みの中にハルノノゲシとヒメジョオンの花を見
   
つけました。市街地では最近、花を咲かせながら冬越しをする野草も増
   
えているとか。

   それにしても今年の師走は、全国的に冷え込みが厳しいそうです。例年
   
より気温が1~3℃低いとのことで、冬野菜の値上がりも身に堪えます。

f0137096_23215544.jpg





[PR]
# by love-letter-to | 2017-12-17 23:23 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.123 落葉期への唱

f0137096_23501493.jpg
       湧水池浮きつ沈みつ落葉舟 

   師走も10日。一日一日が落葉のようにはらはらと去って行くように

   感じられます。私が子どもの頃、祖父母たちは一日をゆっくり、のん

   びり過ごしていたように見えましたが、昨今、玉川上水沿いを歩い
   て
いるシニア層は早足で、徒競走をしているように元気な男女も。
   人生
90年の時代を感じさせられます。

   国分寺駅南口近くにある「都立殿ヶ谷戸庭園」の紅葉がまだ見られ
   る
と聞いて、今月初めに立ち寄ってみたところ、“燃え尽きる”寸前の
   紅葉
と、湧水の流れに浮き沈みする落葉に目を奪われました。水面
   を埋めるイロハモミジ
の落ち葉と松葉の間から、緋鯉の稚魚の群れ
   が深呼吸でもしている
ようでした。

f0137096_23545114.jpg
   枝ぶりの見事な松は雪吊りが施され、残り紅葉との景観を見られたの
   
はラッキーでした。クラブツーリズムのバスツアーで静岡から訪れたと
   
言う一行もいて、これまでになく込み合っていました。
   
最大高低差30㍍もある国分寺崖線の地形を巧みに生かし、ことに約
   
200本植えられているイロハモミジの紅葉の素晴らしさに、年々来園
   
者は増えています。平成239月に国指定の文化財(名勝)に。
f0137096_23572835.jpg
   
崖線の中腹に建つ五輪塔も紅葉の灯の中に。
f0137096_23592263.jpg

   旧岩崎別邸時代に設けられた離れ「紅葉亭」の見晴台から、崖線を見
    下ろす景観がお奨めだそうですが、この日は満席状態でした。

f0137096_00005692.jpg

   帰路、通りかかった小平団地では幼児用滑り台など遊具も、落葉の中
    
に。遊ぶ児らの姿はなく、落葉が遊んでいるよう。

f0137096_00031604.jpg

   銀杏並木の近くに建っている「笛を吹く少年像」も、燃え尽きる寸前の
   
紅葉黄葉をバックに、夕陽を浴びていました。このところ日没時刻は午
   
後4時半前後で、4時を回るとストンと日が暮れて、一年中で最も短日
   候です。日が暮れると心細いというか、急かされているような…。

f0137096_00064505.jpg

   そして今日、12月10日午後はルネ小平大ホールで開かれた「2017こ
   らコンサート」へ。今月3~9日の「障害者週間」記念の集いの一環で、
   
コンサートは8回目。1994年12月、障害の有無や年齢を問わず、歌う
   とが好きな仲間で結成された合唱団です。

   今回のメンバーは5歳から90歳まで132名。言葉の壁も心の壁も乗り
   
越えて、手や足先でリズムを取り、コーラスに参加しているメンバーた
   
ちも。その熱気と迫力に希望を感じました。それぞれが「I CAN:アイキャ
   
ン」とアピールしているようでした。

f0137096_00101153.jpg

   「いつもわたしの車いすを 後ろから押してくれるお母さん 本当はわ
   
たし並んで歩きたい だから電動車いすを使いたい 花や草の生い茂
   
る公園で わたしの前を駆けていって 背中を見せてお母さん」。
   
作詞:加藤泉 作曲:加藤・A・まこと 伴奏編曲:わたなべよし美さんによ
   
る『夢の電動車椅子』の曲では、コーラスに合わせて、車いすを押しても
   
らったり、自力で車いすをまるでワルツでも踊るように運転して、楽しま
   
せてくれました。
   
フィナーレの『翼を下さい』は、舞台も満席の客席も一つになって、歓喜
   
の渦でした。素晴らしい年の瀬の一日でした。

f0137096_00450706.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2017-12-11 00:11 | 折々通信 | Comments(0)

折々通信No.122 暮紅葉

f0137096_19060461.jpg
      番屋跡水路も染める暮紅葉

  いよいよ極月に入り、その最初の日曜日を迎えました。今月1日に発表

  された今年の流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」だそうで、忖度と

  いう一般には馴染みの薄かった古語に近い言葉が、森友学園問題や加

  計学園問題をめぐる政治家と官僚の慣れ合いの関係から、コンビニ
  当や饅頭の名前にまで使われるようになってしまいました。

  江戸・承応時代に開削され、江戸・東京の飲料水を送り続けてきた玉川上

  水。その水の監視や水路の管理補修に役割を果たしてきた番屋、明治以

  後は水衛所と改称された小川水衛所跡に、水路沿いで最大と言われる公

  孫樹が現存しております。数日前に訪ねたらその公孫樹が敷地内のカエ

  デと並んで黄葉紅葉のピークを。

f0137096_19093226.jpg
   植えられた時代は不明ですが、水路右岸に立っている公孫樹の幹回りは
   
2㍍以上、高さは5階建てのビルを超していると見えます。下枝は水路の
  
左岸に達しており、ブリッジのよう。水面を金色に染めていました。普段は
  
薄暗い水路がライトアップされたようでした。
f0137096_19113148.jpg
  さすが水路沿い一の大公孫樹!迫力があります。水の監視は一日24
  
間、暴風や大雨の非常時に備えて見張りをしていたので、番屋・水衛所に
  
は住まいと芥揚げなどの作業小屋もあったそうです。落葉シーズンには
  
昼夜を問わず1時間毎に芥止めの柵に溜まった落葉をかき揚げていたそ
  
うです。そんな歴史を刻む大公孫樹です。
f0137096_19134989.jpg
  見事な紅葉を背にスマホで自撮りしている若いカップルも。インスタ映え
  
するかしら?
f0137096_19154193.jpg
  今秋は10月半ばから冷え込む日が多かったせいか、小川水衛所跡の紅
  
葉は近来になく色鮮やかでした。
f0137096_19171631.jpg
     土鳩も金色の世界に目をパチクリ…。
f0137096_19190422.jpg
  商大橋下流の自生野草観察ゾーンでは、下草の茂みの中でツルボの莢果
  
が弾け、ゴマ粒のような種を覗かせていました。晩夏に淡いピンク可憐な
  
花穂をつけるユリ科のツルボです。種を覗かせた姿もキュートでした。ちょ
  
っと強い風が吹けば、種はたちまち飛散してしまうでしょう。束の間の姿で
  
す。今年も残り少なくなってしまいました。
f0137096_19204755.jpg




[PR]
# by love-letter-to | 2017-12-03 19:21 | 折々通信 | Comments(0)