忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

道草フォト575 その175 節の分かれ目

f0137096_18543765.jpg
   2月初めての日曜日の今日は節分!古くから節を分ける日とされ、明日は冬の節か
   ら春へ、立春を迎えます。昨日は立春を待たずして都内の気温が20℃ を上回り、春
   0番なる温かい季節風も吹きました。先ほど近くのコンビニに行ったら、豆まき用の
   煎り大豆と恵方巻きが山と積まれていました。 北風はまだ冷たいけれど、陽射しは
   もう春ですね。鎧というほどではないけれど、気分が晴れやかになります。
f0137096_1859628.jpg
   一橋学園駅前の広場でも、鳩の群れが日向ぼっこをしながら餌を啄んで…。こんな鳩
   の群れを見るのは 久しぶりのような気がします。日の入り時刻も伸びて、5時を回
   っても明るさが残っており、気忙しなくないのが何より嬉しい!
f0137096_192256.jpg
   玉川上水堤ではまだ冬景色が続いておりますが、裸木ばかりの木立の中で、枝々に
   枯れた葉をつけたまま、立ち枯れのような姿をしている木が目立ちます。ヤマコウ
   バシというクスノキ科の落葉低木です。落葉樹なのに冬でも葉を落とさないユニー
   クな木です。何故、葉を落とさないのか…ネット図鑑や樹木図鑑を調べてみても、謎
   のままですが、葉を揉んだり枝を折ると、かすかな香気がすることから「山香ばし」
   と、名付けられたとか。
f0137096_1935510.jpg
   葉をつけたままのヤマコウバシですが、先日、葉の付け根に可愛い新芽が覗いていま
   した。葉はこの新芽を寒風から守っているように見えました。雌雄異株で、日本には
   雌株しかないのに実をつけるそうで、ミステリアスな木でもあります。
f0137096_1925782.jpg
   春0番も吹いたことだし、そろそろ花の姿も見られるのではないか…と、期待しなが
   ら歩いて行くと、小桜橋の近くで一房だけ開花したアシビ(馬酔木)に出会いました。
   スズランを小さくしたような白い小花の口を開いており、これがセレンディピティか
   な!Serendipityはふとした偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力のこ
   とで、ノーベル医学・生理学賞を受賞された中山伸弥教授が IPS 細胞を発見された
   のも、セレンディピティかも知れません。

下川明子創作人形工房・木綿(ゆふ)の声へのお誘い
f0137096_19132617.jpg
   日の出町平井に住んでいる下川明子さんが、自宅の一角に設けている創作人形工房
   を公開しています。布が好きで糸が好き、手仕事が大好きな下川さんが“私の心の旅”
   として取り組んでいる創作人形の数々は、誰にもあった子ども時代や子どもに希望の
   ある未来を願った姿が、とてもナイーブで心を奪われます。
f0137096_19173265.jpg
   小さいけれども、足や手の指先まで自然体で表情が愛くるしくって、着せている衣服
   や帽子靴などがトレンディでファッショナブルです。人形と言えども自然で思わず
   ホッとするような人形を創りたいそうです。
f0137096_1919839.jpg

f0137096_1920447.jpg

   下川明子さんの創作人形工房へはJR五日市線武蔵引田駅から北へ徒歩10分ほど。
   駐車場もあります。西多摩郡日の出町平井1425‐2 ☎042-597-4909
   毎月10日~20日10:00~17:00開館。入館料450円。1月と8月は休館。
f0137096_1922173.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2013-02-03 19:23 | 道草フォト575 | Comments(6)
Commented by 歌の出前屋 at 2013-02-04 09:45 x
不思議な繁殖力を持つ「山香ばし」の、枯葉に包まれた「新芽」に、「春の息吹」を感じることが出来ました。「下川明子さんの創作工房」は長男のログハウスの近くなので、施設から預かっている2歳の女の子に見せてあげようと思います。早速、長男の嫁さんにメールで連絡しました。素晴らしいご案内を頂きまして、感謝申し上げます。
Commented at 2013-02-04 16:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by love-letter-to at 2013-02-04 22:38
 歌の出前屋 さん

コンバンハ!
毎度コメントを頂き有難うございます。
ヤマコウバシは枯葉の時期になって、初めて存在が
分かる樹木で、春から晩秋までは全く目立たない、
ありふれた雑木です。モグラも数年前までは、立ち枯れ
ているとばかり思っていました。
野草や樹木に詳しい女性から教わって、知りえました。

先日、日の出町の下川明子さんの創作人形工房を再訪
する時、康子さんをお誘いしようかと思ったのですが、
下川さんが昼食をご馳走して下さると言うので、
どちらにも負担をかけることになるので、諦めました。
きっと、康子さんは感激することでしょう。
頂いた寒中見舞いでは、新米ママさんとして子育てを
楽しんで、本当に幸せそうでした。
近いうちにお会いしたいです。宜しくお伝え下さい。
梨唯ちゃんによく似たお人形もあります。
それでは、お休みなさい!
Commented by 歌の出前屋 at 2013-02-10 21:53 x
今日は暖かくなり、ベターハーフの調子も上々だったので、下川さんの創作人形工房へ出かけました。子供の人形の自然な表情や仕草に見とれました。作者が辿った「心の旅路」から滲み出る優しさに触れることが出来ました。下川さんとも、もう少し話していたいと思いましたが、次から次へと来訪者が絶えず、話の途中でお暇しました。
Commented by 小平のモグラ at 2013-02-10 23:43 x
 歌の出前屋さん
コンバンハ!
早速、日の出町の下川明子さんの創作人形工房「木綿
(ゆふ)の声」へ、はるばる訪ねて頂いたそうで、有難う
ございました。
自宅の一角を改装した小さな工房で、しかも2階の展示
室には狭くて危なっかしい階段を上がらなければならない
ので、奥様にはご無理だったのではないかと案じており
ます。
私も手すりにつかまりながら、ひやひやしながら上がり降り
しました。でも展示しているお人形は、表情が自然で、手足
や衣服、靴や帽子、髪の毛まで本当に彼女のセンスが滲み
出ていると思いませんか?
顔や手足に使う布も人形に合わせて自分で染め、2~3セ
ンチの靴も皮や合成皮革で手作りしています。
内向的な性格が繊細な作業に向いているのでしょう。
彼女とはバングラデシュの手工芸の展示即売会で知り
合って以来、20年近くになります。
その当時、訪ねた時は武蔵引田駅から工房まで畑と
梅や栗の林でした。今回訪ねた時はあまりの変貌に
浦島太郎さんのような心境でした。近くにイオンモール
まで出現して、辺りは振興住宅街に。
2月公開日の初日に、たくさんの方が訪れていたそうで
喜んでおります。
Commented by katu kuro at 2017-09-19 12:37 x
突然のmailで失礼します。
下川明子さんの人形に感動している一人です。

下川さんが今年2017年2月末から3月初めにかけて羽村市のゆとろぎで個展を開かれたのをご存じでしょうか。

展示会場で見る人形達は、工房の薄暗い展示スペースで見るのとはまるで違って、生き生きとして素晴らしいものでした。
幸い自由に写真を撮って良いと聞きたくさんの写真を撮ってきたので、写真集を作ってしまいました。
第2版の50部は知り合いや図書館へ寄贈したりして残り数冊となってしまったので、25分近くの動画に編集してYouTubeにUPしました。
「下川人形」または「下川人形個展」で検索すると見ることが出来ます。

よろしければ、感想などお聞かせ下されば幸いです。