忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.117 深まる秋

f0137096_15511708.jpg

       秋深しルビーや珊瑚に草木の実
   2020
年東京五輪まで1000日を切りました。

   10月最後の日曜日。今週末も台風接近による雨で、紅葉や収穫祭などの

   イベントへの影響が気になります。台風21号と22号の合間の晴れた一日、

   玉川上水路を訪ねてみたら、紅葉黄葉はまだ始まったばかりでしたが、低

   木や下草にからまったヒヨドリジョウゴの実はルビー色に。ツリバナの莢果

   は5片に裂けて珊瑚色の実が!悪天候続きでも季節は先へ進んでいるよ

   うです。

f0137096_15564971.jpg

   1㌢ほどの径の莢果が5片に裂けて、朱色の実を覗かせていたのはツリバ
   ナ(吊り花)。その名のように長い花柄の先に吊り下がったように花を付
   け、
莢果に。まるで空中ブランコを楽しんでいるみたいですが、種を拡散
   させ
る戦略なんですね。出会うのがとても楽しみ。

   ツリバナはニシキギ科の落葉小高木で、弾けた種から発芽するのか上水
   堤
には、比較的多く自生。初夏に咲く花は、淡いピンクがかった目立たな
   い5
弁花です。

f0137096_16050946.jpg

  ルビーのように艶やかな実をつけていたのは、ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)の 

  実です。ナス科の蔓性多年草で、夏から秋口に付ける花は鳥が飛んでいる
  うに見えます。その花もユニークですが、緑色から次第に赤熟する実も、

  然モビールのよう!自然って素晴らしい!有難う!
  そんな気持ちで楽しませてもらっています。

f0137096_16083064.jpg
  真っ赤に熟れたヒヨドリジョウゴの実は、ミニトマトそっくり。とても美味しそ
  
うで、ヒヨドリが好んで食べそうですが、実際はソラニンという神経毒を含
  
んでいるので、食い意地がはっているヒヨドリでも食べることはないらし 
  い。
f0137096_16141970.jpg

  鎌倉橋上流右岸の茂みでは、野バラの実も赤々と。野バラの実は素朴で気
  
品があります。堅そうな実なのに、異様な姿の虫が盛んにアタックしていま
  
した。自然界は持ちつ持たれつで、共生関係を保っているようです。

f0137096_16164494.jpg

  鷹の橋~水車橋上流では、茂った葉の間で真紅の異様な実がユサユサ。ゴ
  
ンズイの莢果がパックリ弾けて、黒ダイヤのような種が輝いています。種は
  
黒大豆くらいの大きさです。
  
ゴンズイはミツバウツギ科の落葉高木で、樹皮が小川や沼地に棲息してい
  る
魚のゴンズイ(権瑞)に似ていることから、その名称に。

  材木として役に立たないので、同じように役に立たない魚のゴンズイの名
  が
つけられたという説も。

f0137096_16194573.jpg

  道々に台風21号で叩き落されたコナラや樫のドングリが、散らばっていまし
  た。
いずれは地に落ちるのですが、枝ごと落ちて無残な姿です。今回は上水
  堤に
倒木被害は目立ちませんでしたが、22号が今夜から明日にかけて通過
  すると
の予報です。10月台風は要注意です。

f0137096_16213766.jpg






[PR]
by love-letter-to | 2017-10-29 16:23 | 折々通信 | Comments(0)