忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.138 枝垂れ桜や薄墨桜

f0137096_22445990.jpg
        南無大師風のままなる花枝垂れ

   都内の桜満開で迎えた三月最終日曜日。小平市内のソメイヨシノも
   明日か明後日には満開になることでしょう。
   
春分の日に雪が降り、春は足踏みするかと思っていましたが、冷え込
   みに耐えた根性が桜の開花を早めたようです。
   
枝垂れ桜は例年、ソメイヨシノより数日早く開花するので、もしかして
   …と、小金井駅近くにある古刹金蔵院へ。連雀通りか
ら野川に下る急
   坂の途中にある境内に、枝垂れ桜が今を盛り
と咲き誇っていました。
   本堂の脇に立つ弘法大師像が花枝垂
れ越しに。公文書書き換え問題
   などで揺れる昨今を、忘れるよ
うなひとときでした。

f0137096_22492102.jpg
   数年前に訪ねた時は訪れる人の姿に会いませんでしたが、昨年、テレ
   ビの旅番組でこの金蔵院の枝垂れ桜が紹介されたそ
うで、昨日は訪
   れる人が絶えませんでした。金蔵院は真言宗豊
山派の寺で、正確な開
   山時期は不明ですが、永禄年間当時の
住職・堯存(ぎょうそん)が1566
   年(永禄9年)に遷化したとの
記録が残っており、それ以前の開山だと推
   察され、小金井市で
現存する最古の寺院だといわれています。

   卒寿を超していると思われる母親に付き添い、この枝垂れ桜の下で老
   母の写真を撮っている姿も。老母はカートを押していまし
たから、ご近所
   にお住まいかしら。

f0137096_22534098.jpg
   小金井公園正門入口より30㍍ほど東側にある北関野八幡神社にも、枝
   垂れ桜の古木があります。間口2~3間ほどの参道の奥
まったところに
   小さな社があるので、土地の人以外は殆ど知る
人もない無人社です。
   でも石灯籠脇に立っている枝垂れ桜は見
応えがあります。

   ただ、両側に民家とビルが迫り、撮影には不向きです。何とか工夫して、
   その枝垂れ桜を撮ってみました。

f0137096_22562144.jpg
   同神社は享保9年(1724)の創建とも享保14年(1729)の創建ともされ、
   小金井公園一帯・かつての関野新田の鎮守社だった
とのこと。
   
大戦に備えて小金井防災緑地造成の為、昭和18年当地に移転させら
   れたそうです。
f0137096_22590185.jpg
   小金井公園の桜の園は、花見客で混雑しているので、ちょっと離れた
   位置に植えられている岐阜・根尾谷の「薄墨桜」の子孫樹を
訪ねてみ
   ました。
   
凡そ1500年前、根尾谷に隠れ住んでいた皇子が第26代継体天(
   位507531)となって、村を去るとき植えられたと伝わ
るエドヒガン
   の種子から育てた若木で、散り際に淡い墨色にな
ることから薄墨桜と。
   2005年に同公園みんなの原っぱの一角に。

   ソメイヨシノより一足早く満開を迎え、初々しい花を咲かせていました。

f0137096_23021215.jpg
   帰途立ち寄った小平団地東門近くの紫木蓮の大木も、5階建ての団地
   建物を超す高さで、半円形を描く枝張りに数えきれない花を。

   近隣でもお花見を楽しめますね。

f0137096_23040139.jpg





[PR]
by love-letter-to | 2018-03-25 23:05 | 折々通信 | Comments(0)