忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.147 五月尽

f0137096_22572291.jpg
       つれづれに花との出会ひ五月尽

    五月も最後の日曜日に。森・加計問題と疑惑、米朝初の首脳会談
    の行方、日大アメフト悪質タックルを巡る問題など、国
内外で様々
    なトラブルやアクションが続きましたが、地球環
境にも異変が感じ
    られる五月でした。

    週1~2回程度ですが、玉川上水路の草木の花を見て歩くと、春と
    夏の花が同時期に開花したり、秋口に咲く花も開花し
ていることも。
    ど素人の勘ですが、日本は春と秋が短く夏と
冬の長~い国に。

    上は桜橋上流で出会ったノアザミ(野薊)の群生です。交通量の多
    い五日
市街道沿いで、こんな牧歌的な光景が見られるのが玉川上

    水堤の魅力でしょう。毎年、梅雨入り前後に開花。秋口には花茎の上
    部で枝分かれして、その頂部に花をつけるノハラ
アザミ(野原薊)
    群生も。

f0137096_23055469.jpg
    アザミの周辺には、梅雨どきに咲くヤブジラミの花が真っ盛り。花
    径2~3㍉の白い小花を散房状につけますが、肉眼
では花とも思え
    ない貧相な花もマクロレンズで撮ってみる
と…繊細なブルージュレ
    ースのよう!
f0137096_23081593.jpg
    薮虱と書いてヤブジラミ。セリ科の多年草で、その果実が丸々太
    った虱にそっくりなことから、その名称に。刺状の毛
の先端は鉤状
    に曲がっており、くっついて離れない。ズボ
ンの膝下にくっつけた
    まま帰宅することも。疎まれる雑草の
類ですが…花は楚々として。
f0137096_23104749.jpg
    もうオカトラノオ(丘虎の尾)も開花し始めました。花房が短く太目
    の種類と、ほっそりとして長い花穂を弓なりにつける優美な
種も、
    今月末が開花ピークではないかしら。上は花穂が短く
太目で、ユー
    モラスなオカトラノオ。

    トラノオの名の付く植物は多いけれど、トラノオ科が有る訳ではなく、
    サクラソウ科のオカトラノオ、ヌマトラノオ。ゴマノ
ハグサ科のヤマト
    ラノオやルリトラノオ。タデ科のイブキトラ
ノオ。シソ科のミズトラノオ、
    ハナトラノオの他、観葉植物の
竜舌蘭科のトラノオ、海草のウミトラノ
    オなど種々様々なトラ
ノオがあり、上水沿いにはハナトラノオも。

f0137096_23160864.jpg
    No145(5月13日掲載)で、名前の分からなかった花に再び出会い、
    名前もヒメヒオウギ(姫檜扇)だと分かりました。

    最初に出会ったのは白い花びらに朱色の斑紋がついていましたが、
    本来は朱色の花びらに濃い朱色の斑紋が。

f0137096_23175525.jpg
    ヒメヒオウギはアヤメ科フリージア属の半耐寒性の球根植物で、南
    アフリカ原産。大正期に渡来、観賞用に栽培されてきま
したが、こぼ
    れダネでも殖えるほど丈夫だそう。茎葉は細く、
草姿が小さいわりに
    花径は2.5cmくらい。比較的大きな花が
咲きます。成長も早く、秋にタ
    ネをまくと翌春には開花すると
か。6枚の花びらの3枚にだけ斑紋が
    入っているのも不思議!
f0137096_23204516.jpg




[PR]
by love-letter-to | 2018-05-27 23:22 | 折々通信 | Comments(0)