忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.151 梅雨の晴れ間に2

f0137096_22123371.jpg
        溜め池に軽鴨母子睦まじく  

    夏至も過ぎて、6月も最後の日曜日に。73回目の沖縄慰霊の日
    迎えた昨日、沖縄では梅雨が明けましたが、関東甲信越の梅
雨明
    けはまだ先のようです。降れば肌寒く、晴れれば夏日でム
シムシ
    ムンムン。大阪北部地震のような都市直下型地震も気に
なる日々
    です。

    昨日、買い物ついでに東京学芸大学キャンパス内の研修農園へ
    ち寄ってみました。大小の水田はもう田植えを終え、青田に。

f0137096_22493344.jpg
    その傍らの草むらで軽鴨の母子らに出会いました。私の足音に気づ
    いたらしく、母鴨は身を翻して溜め池へ。子鴨たちも競う
ように後を
    追って小さな水輪を。

f0137096_22161948.jpg

    今夏生まれた雛4羽も、もう泳ぎが上手で、たちまち視界から去っ
    てしまいましたが、その数秒間に2カット何とか撮れました。
    
このところ、結愛ちゃんら相次ぐ幼児・児童虐待の報道が繰り返さ
    れる度に、いたたまれない気持ちに陥りましたが、軽鴨一
家はなん
    て睦まじいのでしょう!気持ちが少し救われたよう。

f0137096_22182451.jpg

    小雨が降ったり止んだりしていましたが、上水堤にも立ち寄っ
    みると、桜橋上流でトウダイグサがその名のように、ひと際
高く
    伸びて、頭頂部に盃状の花のようなものを多数つけてい
ます。

f0137096_22203707.jpg

    盃型の花に見えるのは苞葉が変化したものだそうで、その中
    部に花弁や萼が退化した極く小さい花序を抱いています。
    
花と葉が同系色の黄緑色で、一見、花をつけているとは見え
    せんが…。その名前の由来は、岬に立つ灯台ではなく昔の
照明
    器具である燈台(灯架台)に見立てて名づけられたとか。

f0137096_22225131.jpg
    「折々通信」No.147(5月27日付け)で掲載したヤブジラミの花が
    もう結実して、虱そっくりの実になっていました。野草の
多くは一
    年で人の一生分の過程を終えるだけに、成長サイク
ルは超特急!
f0137096_22260324.jpg
    数日前、雨上がりに訪ねた「あじさい公園」の紫陽花は、手毬咲き
    の西洋アジサイ各種も額アジサイも、最高の状態で大合
唱してい
    るようでした。斎藤素厳作のブロンズ像も紫陽花色
に染まって見
    えました。

     サッカーW杯2018ロシア大会一次リーグ第2戦、対セネガル
     戦が間もなく始まります。西野JAPAN頑張れ!
f0137096_22331521.jpg








[PR]
by love-letter-to | 2018-06-24 22:35 | 折々通信 | Comments(0)