忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.168 秋高し

f0137096_22503967.jpg
        市街地に残れる畑地秋高し

   10月第三日曜日の今日は、久しぶりにすっきりと晴れた秋空が広がり
   ました。こんなに青い空は、今秋に入って初めてではない
かしら?各
   地の山から初冠雪が伝えれていますが、全国的にも
秋晴れの一日だ
   ったみたい。
   
天候がいいと気分も晴々して、小川町1丁目にある森田ガーデンを訪
   ねてみました。梅雨明け頃に訪ねて以来ではないかしら。
   
小平市民まつりの日のせいか、訪れる人は殆どなく、ガーデンはもう
   晩秋の気配。コスモスだけが秋空に向かって右に左にスロー
ワルツを。
   こぼれ種から伸びるままに育ったそうで、背丈が高く花
が大きいとの
   こと。

f0137096_22541810.jpg
   100万本とか500万本など一面のコスモス園も壮大で、魅力的ですが、
   森田ガーデンのコスモスは古い記憶を呼び覚ませてく
れるうようで、
   懐かしく牧歌的。かつて信濃路を旅した時、線路沿
いや田圃の脇で揺
   れていた風景と重なって…。
f0137096_23020862.jpg
   畑の隅でオーナーの森田光江さんがユリの球根を植え付けていまし
   た。「ご飯をやっているの。花を綺麗に咲かせるのも、ご飯が
一番大
   事」と、堆肥をせっせと球根の回りに与えていました。堆肥
も上水堤で
   掻き集めた落ち葉に、鶏糞や台所から出る生ゴミなど
を堆積発酵させ、
   1~2年寝かせて使っているそうです。「来年の
初夏には、この畑いっぱ
   いにユリが咲くからネ」と、泥まみれにな
っていました。

   「今年の夏から秋にかけて、記録的な猛暑と台風によるダメージがあっ
   たのでは?」と、訊ねてみましたら、殆どなかったとのこと。

f0137096_23055016.jpg
   「ツルウメモドキも沢山実をつけたのよ。あのテーブルに飾ってあるか
   ら、見て行って」と森田さんが指さしたので、藤棚の下のテー
ブルに近
   寄ってみたら、外皮が弾けて赤橙色に実を覗かせたツル
ウメモドキの枝
   は、これからのシーズンのインテリアやオブジェとして最高です。
f0137096_23073271.jpg
   上水沿いにもツルウメモドキが植わっていますが、ここ数年、実をつけ
   た姿をみたことがありませんから、感激しました。
f0137096_23091558.jpg
   ツルウメモドキのオブジェの近くに、白い小花をつけたシモバシラの花
   穂も。1月末から2月にかけて、冷え込んだ朝に枯れ茎が吸い
上げた水分
   が結晶して、霜柱のような氷の結晶を見せることから、
シモバシラの名
   称に。シソ科の多年草です。
f0137096_23104637.jpg
   上は出がけに撮った小平市民まつり・小学生よさこいダンスパレードの
   一シーンです。パワーにあふれ、元気をもらいました。秋天に
恵まれ、良
   かったね。
f0137096_23262263.jpg




by love-letter-to | 2018-10-21 23:01 | 折々通信 | Comments(0)