忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

折々通信No.172 桜紅葉よ

f0137096_23245208.jpg
         桜紅葉老樹の根元賑わせて

   11月も半ばを過ぎ、第三日曜日に。今朝は少し緩みましたが、日増しに朝夕
   
の冷え込みが強くなってきました。所要で国立へ立ち寄ったら、大学通りの
   
桜並木の根元一面が赤や黄で錦絵みたいに。
   
桜紅葉は楓の紅葉よりも色彩が豊かで、一枚一枚違って本当に楽しい。立
   
ち止って見ている間にも、止めどなく、静心なく降って…。

f0137096_23274512.jpg

   玉川上水堤も目下、桜紅葉で賑わっています。ケヤキやクヌギ、シデ、樫な
    
どは茶褐色に。コナラは黄色に色づく中で、桜紅葉は赤から橙色、黄色のグ
   
ラデーションが見事です。

f0137096_23283939.jpg
   上は津田町3丁目アパートのツツジの生垣の上に降り注いだ桜紅葉。上水路
   
を歩くたびに拾って帰り、しばらく楽しみます。
f0137096_23300346.jpg
   津田塾大キャンパスの南側辺りを通りかかった時、私と同年輩の女性が防護
   
柵に寄りかかって、メモ用紙に鉛筆を走らせていました。何かしら…と近寄る
   
と、「あの白い花は何でしょうか?」と訊ねられました。
   
柵の根元付近に草丈10㌢前後のマヤランが7~8株、まだ花を咲かせていま
   
した。「マヤランではないでしょうか?」「やっぱり…。でも、マヤランは夏頃に
   
咲きますよね」と、その方もマヤランのことはよくご存じのようでした。
   
「どういう訳か、この付近で9月半ば過ぎにもマヤランが咲いていました」と、
   二人でしばらく晩秋に開花しているマヤランを観察しました。

   辺りの枯草中で白磁色のマヤランは、何とも頼りない感じでしたが、「楚々と
   
した姿が素敵!」「夏に見かけるマヤランより透明感がありますね」などと、
   しゃべりを。その方はカメラを持参してなかったので、持ち合わせの紙片に

   ケッチをしていたそうです。

f0137096_23335244.jpg
   中央公園の公孫樹並木は、かなり黄葉が進んでいましたが、まだ緑を残した
   
木もあって、黄金色に輝くのは来週半ば過ぎ、丁度、勤労感謝の日から始まる
   
3連休あたりではないでしょうか。
f0137096_23351120.jpg




by love-letter-to | 2018-11-18 23:37 | 折々通信 | Comments(0)