忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

ヒップアイロン

f0137096_2140278.jpg
ヒップエレキバンならぬヒップアイロン…お尻の下に敷いて、その重力で野草などを
押し花にして旅先から持ち帰る。このグッドアイデアを教えてくれたのは室井光子さ
んだ。もう25年以上も前になるだろうか。

朝日カルチャーセンター立川の随筆講座の作品集で、『砂漠の花』と題した室井さん
の旅行記に惹き付けられた。当時、室井さんは還暦に近かった。
昨今なら60~70代、いや80代でも中近東やアフリカを旅する人は少なくないだろうが、
18世紀のイギリスの探検家マンゴ・パークに発見されるまで未知の川だったニジェール
川4,200キロを遡行しながら、サハラ砂漠の奥地を訪ねる旅に2度も行ってきたという。

気の利いた宿泊施設はないから寝袋を担いで、トイレも人の目をさけて用を足す
“自然浸透式”。女性にとっては最も苦手な難業の旅である。

お会いした室井さんは中肉中背というより小柄で、体育会系には見えなかった。
知的で品のいいシルバー世代。当時40代に差し掛かったばかりの私にはそう見えた。
元は小学校の教師をしていたが、職場の先輩と結婚、出産後は長く箱入り主婦だった
そうだ。

ところが教育に情熱を注いでいた7歳年上のご主人に肺癌で先立たれてしまった。
室井さんは40歳、まだ二人の娘は小学生と中学生であった。周囲のはからいで杉並
区の教育委員会に非常勤で勤めることになり、 仕事柄、海外視察研修にも参加して
視野が開けると同時に旅にはまってしまった。

いわゆる旅行社のパックツアーでなく、世界の秘境を旅してみたいと。そのきっかけが
元朝日新聞編集委員の森本哲郎さんが同行するパキスタン・アフガニスタンの旅
(1976年)であった。
f0137096_21474396.jpg

ヒップアイロンという私にとって耳新しい言葉は、このパキスタン・アフガニスタンの
旅の記録の次のような一節から仕入れた。
「旅行好きな私にとっての楽しみは、旅のアルバム作りと花ノート作りである。美しい
花、珍しい花に出会うと一つ二つ摘み取り、ただちに新聞紙に挟んで、ヒップアイロン(乗り物に乗っている間中お尻の下に敷いておく)をかけては、大切に持ち帰り、
花ノートを作る」。

写真では撮れない質感、その場の雰囲気を伴って、旅の懐かしさを呼び覚まして
くれると、室井さんも書いてあったが、私自身もギリシャの旅ではパルテノン神殿の
傍に咲いていたヒナゲシの透き通った真紅の花弁、スパルタへの山道に咲き枝垂れ
ていたエニシダなどをティッシュにくるんでガイドブックに挟み、ヒップアイロンを大い
に活用した。
薄い花びらなら旅先の空港を離陸するまでに完全にドライになってくれ、鮮やかな
色も保って私自身へのお土産になってくれた。

古代ギリシャのスパルタ教育で知られるスパルタの語源は、エニシダのギリシャ名
スパルヂュからきていることも押し花のお陰で知ることができた。黄色の蝶型のやさ
しい花がスパルタの語源だとは、意外や意外であった。

室井さんは文部省(当時)で実施した海外研修・視察などの参加者で組織した 国際婦人教育振興会の事務局長(1983~1992年)も務め、一時体調を崩しておられたが85歳の今日まで40回以上、50~60カ国以上を旅して、旅の記録集『寝袋の旅ふたたび』にまとめている。旅上手は人との付き合い方も上手で、知的好奇心を絶やさない素晴しい女性だ。

*ニジェール川は、全長約4200キロメートル、西アフリカのフータ・ジャロン高原に発し
、マリ、ニジェール、ナイジェリアを流れてギニア湾に注いでいる。
        《 室井さんの旅のアルバムから 》
f0137096_21485644.jpg

f0137096_2153226.jpg

f0137096_22144356.jpg

[PR]
by love-letter-to | 2007-03-28 11:32 | 人間万歳! | Comments(1)
Commented at 2007-03-30 16:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。