忘れ得ぬ人々& 道草ノート

ankodaira.exblog.jp
ブログトップ

水芭蕉曼陀羅

             ◇ 心に残る年賀状 ◇
f0137096_23245327.jpg

年賀状を書いたり頂く年の瀬年明けになると、思い出すのは故佐藤多持先生から頂いた手描き、あるいは手刷りの賀状です。葉書サイズとはいえど、単純な線と色で描く佐藤さんの墨彩画の世界に引き込まれてしまう。

もう30年も前になるだろうか…。頂くようになった当初の頃は、「さすが日本画の大家!しかし筆まめな先生だ」ぐらいに軽く受け止めて、散じてしまったのが残念で仕方がない。

ある時、保存しておけば佐藤多持コレクションになると気がついた。年賀状だけでなく、個展やグループ展などを取材したり、会場に出向いただけでも丁寧な礼状を下さった。それらを数えてみたら20点以上にもなっている。私の愛するコレクションである。
f0137096_23264128.jpg

       ◇ 水芭蕉曼陀羅に託された美の探究 ◇
立川駅北口のたましん本店ビル9階に、多摩地域では初めての本格的な『たましんギャラリー』が開設され、そのオープニング展で初めて佐藤さんの『水芭蕉曼陀羅』を拝見して、グサリと心臓をえぐられたように思った。

闇を鋭利な刃物で切り裂くような線と金環食の太陽のような円。黒と白、線と円だけでダイナミックに描かれた水芭蕉が、静と動、強と弱を感じると同時に太古から未来を連想させ、鋭く問いかけてくるようだった。いわゆる日本画とは違う。
f0137096_23294515.jpg

生意気にもそう口にしたら、「僕が20代の頃、尾瀬で最初に水芭蕉に出会った感動は衝撃に近かった。雪解けの冷たい水の中から仏炎苞を覗かせ、朝の光が射してきた光景は、この世にこんなに美しく尊い姿があるのかと…。その時の感動を絵にしたい。その一心で格闘している僕の奇跡が線であり円なんだ。終戦間もない頃からの美を求め続けている」と佐藤さん。

気さくに応えて下さった佐藤さんに魅かれて、その後、国立駅北口の高台にあるアトリエを訪ね、円月殺法のような鋭い線を描く所も拝見させて頂いた。筆に墨をつけて紙に下ろしたら最後、やり直しの効かない一発勝負。躊躇いもできない。
f0137096_23353170.jpg
真剣勝負の制作活動を続けておられた佐藤さんだが、本当にマメに画廊巡りをされ、趣味レベルのグループ展でもお目にかかることが多かった。「素人もプロの画家の絵でも見ることが勉強。吸収するものがあり、常に自分に問いかけ試している」とのことだった。
そうか、絶えず新しいものを吸収して感性を刺激しなければ、大家といえど萎んでしまうのだ!

◇ 美術教師が描いた戦時下の絵日誌 ◇
戦後40年の節目の年、昭和60年の6月、ある美術教師の青春というサブタイトルで『戦時下の絵日誌』が刊行された。佐藤さんが戦時中に勤め先の昭和第一工業学校(現昭和第一学園高校)で、暇を見つけては色紙に筆を走らせたスケッチ146点を収録した画集である。

佐藤さんは東京美術学校(現東京芸大)日本画科を昭和16年12月に繰り上げ卒業させられるなり入隊したが、右手の負傷が悪化して軍医から「君は絵を描く生命を持って生まれてきたのだから、絵を描け」と除隊を強く勧められた。

戦地に赴いた友人のことを考えると、心苦しかったが軍医の強い勧めで生家の観音寺(国分寺市)に戻った。療養しながらも日中ブラブラしているのは苦痛で、昭和一工夜間部の美術教師に。

当時、近くの軍施設に全国から優秀な生徒が徴用されており、夜間部に通って来ていた。昼間は絵に専心し夜間教師を務めた佐藤さんは、昼間働いて夜学に通う青年たちの兄貴分という感じだったそうだ。

そのうち昼間部の若手教師はどんどん徴用され、佐藤さんは昼間も教壇に立つようになった。教壇に立つ頃から戦況は厳しくなったが、佐藤さんは5分でも手が開くと色紙に筆を走らせて授業風景や学校行事、軍事訓練、同高付近の町や人々などを写生するようになった。立川空襲で燃え上がる街や避難する人々、買出しでごった返す駅前などなど。

昭和18年1月から24年6月10日までに描いた色紙は146枚。戦中戦後を思い出させる色紙はその後仕舞い込まれたままになっていたが、戦後30年も経て、その一部をたましん本店のロビーに展示したところ、貴重な戦争記録だという声が高まり、『戦時下の絵日誌』が出版される運びになった。
f0137096_23402328.jpg

佐藤さんから頂いた賀状や礼状を目にすると、初対面の頃から先年他界されるまでの思い出が噴出してくる。20数点の葉書にも歴史あり、佐藤さんの手描きの温かさが私を包んでくれる。佐藤さん有難う!思い出の数々を有難うございました!
[PR]
by love-letter-to | 2007-12-29 23:46 | レクイェム | Comments(6)
Commented by kikue1017 at 2007-12-31 12:38
小平のモグラさん
本当にブログにより、色々御蔭さまで【博学】になりました。
何時も感心させられるプロのブログ・・・・・・・
年賀状も確かに素晴らしいのが、沢山ありますね。
今でこそ、パソコンで作成して印刷するのみ・・・・・・

昨年が喪中だったので、今年はなぜかエンジン掛からず、
まだ作成中・・・・・今日中に出します。
あまりにも、付き合いが多くなりすぎて、今年はパソコンのお仲間の
方々には、パソコン年賀状にしました。

後少し頑張らなくては・・・・・・とうとう大晦日になってしまいました。
私の人生においてこれ程遅い事は、初めて!(シクシク・・・・)

佐藤多持先生のように手書きで素晴らしいのは、本当に「宝」ですね。   人脈の多さに感心させられる一年でした。
どうぞ来年も宜しくお願い致します・・・・    Byおくさま
Commented by ふうさん at 2007-12-31 16:13 x
小平のモグラさん
今回は素晴らしい賀状の数々を見せていただきまして
感激です!文章はいらない・・・という感じですね。

一年間モグラさんには珍しいお話や、素晴らしい方々にお会いできたような感じで大変嬉しく思っております。高尾の女医さん、お元気であの広いお庭のあるお家でお正月をお迎えなさるでしょう・・・など思ったりしております。
又夏には倉沢の巨樹ヒノキをみにいくことができまして楽しかったです。一年間大変お世話になりました。また来年ははけの路の中村研一美術館に連れていって頂けるのを楽しみにしております。
どうぞ来年もよいお年でありますように!!
色々ありがとうございました。
Commented by 小平のモグラ at 2007-12-31 23:59 x
おくさま、もうすぐ新しい年を迎えます。半時間ほど早め
ですが、明けましておめでとうございます!
フットワークの素晴しいおくさまのことですから、初詣に
お出かけの準備をされているかもしれませんね。

モグラはこれからお風呂に入って休みます。
我が家と息子一家と私の妹一家の3所帯分のおせちを
3日がかりで仕上げて、先ほど息子一家は年越し蕎麦
も食べて引き揚げました。…というわけで、例年のことながら
グロッキーのモグラです。

ブログの仲間に入れて頂いて、私の『忘れ得ぬ人々』への
記憶も文章にすることができて幸せな一年でした。
きっかけがないと、手がつけられなかったことでしょう。

佐藤多持先生の賀状も一度皆さんにお見せしたかった!
新年も宜しく!

Commented by 小平のモグラ at 2008-01-01 00:17 x
ふうさん、いま新しい年が明けました。
先ほどから、熊野宮へ初詣に出かける方々の
足音が聞こえてきます。

佐藤多持先生の賀状を見て頂いて、先生も天界で
喜ばれておられることでしょう。

ふうさんは私なんか足元にも及ばないくらい、沢山の
方々と現在進行形でお付き合いをされておられ、
その人脈は得がたい宝です。『ふうさんの日向ぼっこ』
ブログもますます波に乗って好調で、これからも楽しみ
です。中村研一美術館(現在は、はけの森美術館)へは
少し陽気がよくなってからお出かけしましょう。
それでは本年もよろしく!
Commented by cheery at 2008-01-03 14:43 x
モグラさん 明けまして おめでとうございます。

昨年 押し迫って、流石に、あれやこれやでPCの前に座ることが
出来ませんでした。年が明けて、やっとブログ拝見しました。
とても興味のある内容で何時も感動しているのですが、今回は
数日前に、ラジオの心の時代で聴いた内容と、ダブり、特に胸を打たれました。同じ芸大の学生で同じように繰り上げ卒業をさせられて戦地に送られ、戦死した弟さんの手紙や作品のお話しを、お年を召されたお姉さんがなさいました。残念ながら夜中の4時からの番組で、夢うつつで、所々は聞き漏らしたり、肝心な名前も覚えて
いません。佐藤画伯は右手を負傷されて命拾いされたのは、神様の計らいでしょう。それにしても、戦争とは本当に恐ろしい事ですね。絶対戦争反対です!

どうぞ今年も宜しくお願いします。

Commented by 小平のモグラ at 2008-01-04 10:26 x
cherryさん明けましておめでとうございます。
予報に反して穏やかな年明けの空。蒼く澄んで
陽射しが眩しいくらいです。
cherryさんちのクリスマスと年の瀬のおいいしい
お話に指をくわえながら三が日を過ごしました。

今日からやっと三食おさんどんから開放され、ゆっくり
年賀状に目を通しております。巨樹の平岡先生から
の賀状には「昨年は2度もアトリエを訪ねて下さって
有難うございました。皆様によろしく」と、添え書きが
してあります。

それでは今年もよろしくお願いいたします。